ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

外来語と外国の人名/地名のハングル表記

Last Updated:2017年8月10日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

かつて、オレンジを「オレンジ」ではなく「オレンジ」と発音しなければならないと、過去、ある大統領職買収委員会委員長が主張して話題になったことがあります。

翻訳をしてみると外来語のハングル表記がかすんでいる場合があります。 また、人名や地名をハングルで表記する場合もあります。

技術翻訳の分野では、人命の場合、一般的に、英語にしておく場合が多いが、顧客がハングルで表記することを希望する場合、ハングルで表記することもあります。 地名の場合、ほとんどのハングルで表記する場合が多いようです。

外来語表記法の場合、国立国語院の指示と用例を参照すると役立つでしょう。

地名の場合、私は、最初に MS用語サイトで検索して、見つからない場合は、Google検索で最も多く使用される表現を使用している場合があります。

人命の場合も、Google検索を使用して、一般的に通用する表現を見つけようとします。

場合によっては、Googleで検索されない人名や地名があります。 このような場合、単語や人名を発音してくれるサイトを利用します。

オンライン辞書を活用しても発音を確認できる場合があります。

ちなみに、顧客が表記を指定してくれれば、そのままよるとされます。 例えばソフトウェアローカリゼーションプロジェクトでは、用語集を提供する場合があります。 その後、用語集のとおり従ってください。

たとえば、dataの場合、通常「データ」と表記しますが、「データ」と表記するように要求すると(個人的に気に入らなくても)そのままになります。

Google検索を通じて発音を確認できない場合、私は、クライアントにどのように発音するか教えてくれと要求します。

ちなみに実際の発音で表記法が違っても実際の発音通りに表記する場合、お客様からクレームを受けることもあります。 たとえば、「オレンジ」を「オレンジ」と表記したり、「データ」を「デイラー」と表記したりすると、問題になることがあります。 外来語表記法を参考にし、最も通用する表現を使うと無難になると思われます。

外来語と外国の人名/地名のハングル表記2



コメントを残す

コメント