新刊紹介:「翻訳ももさんの一日」

2

翻訳ももさんの一日

複数人文・科学の本を翻訳したノスンヨウンさんとジャンルの小説を主に翻訳するバクサンホさんが一緒に書いた「翻訳ももさんの一日」という本が去る8月に出版された。 翻訳の人生気になるなら読ん見どころ本です。

単語一つをめぐる苦悩から翻訳料の話まで

隅々余すことなく確実に覗いた翻訳の世界

科学の本の翻訳する男、スリラー翻訳する女性の

言語で立てる世界の話

言葉を修繕し、組んで、つづる翻訳たちの熾烈な時間を探索できる

ベテランプロの翻訳者が解放されるテキスト奮闘記

「美しい不可能に近いこと、翻訳 "

韓国出版翻訳分野が劣悪な方なので出版翻訳で生きていくことがそれほどノクロクしていないようです。

私は主に企業で依頼する翻訳をしたが、最初に起動は出版翻訳でした。 当時の有名な(よくない上に、有名な)翻訳学院で6ヶ月程度の翻訳を学んだ後、厚い本を受けて翻訳した翻訳料を一銭も受けませんでした。 後で知ってみるといくつかの教授の名前で本が出版されたのです。〓〓

翻訳系に足を踏み入れ発売し、社会の苦味を見たでしょうか? とにかく仕事をさせてお金をしない与えようとする国は、(経済規模に比べて)韓国がほぼ唯一無二ではないかと思えるほどです。 前の中国メーカーとも取引しているが、お金を離しヨボンことはほとんどありません。 有毒韓国企業と取引するお金をよくないやろうし、さらにお金を群れであるまでです。

最近、Googleの翻訳をはじめ、機械翻訳が長足の発展をしながら翻訳分野の将来はあまり明るくありません。 今機械翻訳とも競争しなければならない時代がすぐに到来するように見える。 数年前から機械翻訳した文書を検討してほしいという作業が少しずつありました。 そんな作業(Post-editingと呼ばれる)が徐々に増加すると見えます。

私は今年の初めに最大取引先が単価引き下げを要求したため、一瞬にして最大取引先が飛んで行きました。 数年の間に非常に多くの翻訳をしPreferred Translatorに指定されることもしたが、コストの前冷静に転じることを見ながら翻訳の会議が聞きました。 (単価がそれほど高くないが、国内でダンピング受注したため、単価が引き続き下落傾向があります。)

翻訳を最初に起動すると、実力を認められるまでの収入が最低生計費にも満たないことがあります。 また、翻訳量がギザギザするために仕事が集まるとき徹夜作業もしなければならないほどだが、仕事がないときは1〜2週間以上遊ぶこともできます。 (私は無理して仕事を受けませんが、仕事がないときに備えて、仕事があるときは無理なことを受ける翻訳者もいます。そうするうちに医療費に、より多くのお金が出てもよ。)

個人的な考えは、使命感を持って翻訳をする場合、ハードして成功することができますが、生計手段としてはあまりお勧めしたくありません。 翻訳する言語実力なら、ぜひ翻訳がなくても、他の分野でより良い成果を上げることができると考えられます。

メモ:

2のコメント

  1. 私も結婚してしばらくして、退職し翻訳に向かっ耳よりたことがあったでしょう。 しかし、すぐに続く育児と別の日のためにそちらに方向をトゥルゲました。
    私の友人も、今は他の仕事をしているが、かつて本と映像翻訳をしましたが、本当に大変だったと言った。
    何の場合を扱った本は普通の人が読むに真興味津々です。 自分の仕事ではないからね。 専門家/関係者が読むには、どうか、その感じも気になります。

    • 映像翻訳の場合物量が多くなく、いくつかの翻訳がつかんでいるので、進入するが、さらに難しいようです。

      本翻訳の場合には、韓国の出版社が劣悪だみると、やはりノクロクないようです。 初めて本翻訳するときの契約を誤ると翻訳料を受け取っていないことがありあって。 例えば「本が出版されると、お金をあげる」という条項を入れる場合がありますが、本が出版されない場合もあるので、危険な契約がされます。

      この本には、翻訳のカフェで別の話がありません。 ただ無関心であるとすべきでしょう。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください