[翻訳] SDL Trados Studio 2015でフォントを調整する

1

少し前までSDL Trados Studio 2011を使ってきたが、最近になって、お客様から送ってくれるファイルとの互換性の問題が発生してSDL Trados Studio 2015体験版をインストールしてテストしています。 体験版だが、大抵の機能はすべて提供するため、突然Tradosが必要な場合、体験版をダウンロードしてインストールしてもよさそうです。

フルバージョンは、割引をしても、少なくとも50万円以上の支出になるので、さっさと購入が容易ではないことがあります。 私はTrados 5頃から購入し、アップグレードにどのように延命てきたががした時にアップグレードしていない状態です。 かなりの時間の新しいバージョンとの互換性に問題がなかったが、今は変えなければならない時が来たのか説明します。

Tradosは、ほぼ2年ごとに新しいバージョンをリリースして、既存のユーザーがアップグレードするように誘導するポリシーを使用しています。 限られた顧客基盤の新たな顧客を引き込むのが容易でないため、苦肉の策として選んだ方法です。 翻訳者は、数年ごとに定期的に翻訳ツールへの投資を必要があるため負担になるしかない構造が形成されています。 そして翻訳ツールが Tradosだけでもなく言葉です。

Trados-2017-PreOrderもうすぐSDL Trados Studio 2017バージョンがリリースされる予定なので、事前の予約(Pre-order)を受けていますね。 2015バージョンのユーザーの場合、事前予約をする場合、185ドルまたは355ドルに2017バージョンにアップグレードが可能です。 (アップグレード費用もそれほど甘いほうがありません。)

Upgrade-to-Trados-2017

SDL Trados Studio 2015でフォントを適用オプションを調整する

SDL Trados Studio 2015をインストールして使用する場合、原文と翻訳文のフォントサイズや色、目が痛いことができます。 文字サイズが小さすぎるかの色、目の不自由な場合、フォントサイズなどを調整することができます。

Trados-font-size-and-color

ファイル>オプションに移動した後 エディタ>フォントの適用をクリックします。 実際に調整できるオプションはあまりありません。 上の図のように 「最小ソースフォントサイズ "、"最小ターゲットフォントサイズ "、"最大ソースフォントサイズ "、"最大ターゲットフォントサイズ "を調整することができます。 そして 「テキストの色調整」から 「テキストの色コントラスト」 スライダーを右に移動させると、ソースとターゲットの背景色が調整され、目がラクにできます。

メモ:

1のコメント

  1. 今日の午前は、Windowsの更新プログラムで Trados 再インストールしてPassolo 2016インストールしてみるとだ過ぎ去りました。〓〓

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください