興行突風の中の翻訳論議がおきている「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」

2

25日、韓国などをはじめと公開された映画「アベンジャーズ:インフィニティウォー(オベンジョス3)」が公開後初の週末、全世界で歴代最高興行記録を立てたね。

マーベル映画「アベンジャーズ3」は歴代最高のオープニングに続き、封切り2日目100が、開封3日目200が、開封4日目300が、開封5日目400万突破に続き、封切り初週476万2728人を動員歴代封切り初週「鳴梁」に続き、最多観客数を動員まで更新して歴代興行記録をすべて塗り替える気炎を吐きました。

映画「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」ポスター/出典:マーベルスタジオ

しかし、興行突風を起こしているオベンジョス3が間違って翻訳に議論がされています。 「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」の翻訳は、マーブルシリーズ作品を多数作業バクジフン翻訳が引き受けたが、バクジフン翻訳者が翻訳を担当した映画が公開されるたびに誤訳論議がふくらんたがハプニングレベルに渡したことが、最終的に今回の映画で爆発と思われます。

YouTubeに深刻な誤解を正した映像まで上がってきました。 オベンジョス3を観覧した後、ストーリーが正しく理解されていない場合、次の画像を見ると、少し助けになるでしょう。

修飾されずに人脈に翻訳を引き受けて問題になった事例があります。 実力がなければロングランできないのは、どのフロアも同じではないかと考えますね。

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事

コメント2件
  1. Happist


    最後の週末娘のウヌのように見てきまし;だ。
    映画館の予約が楽近所だったこの映画は、良い席をとる大変でした。 それだけ人気あったことを意味...
    出てくる主人公をすべて知らなかったのであまりよくありませんでした。
    劇場への道にウヌが誤訳問題があると赤ちゃんしジュギンした正直そんな知らそれなり見てきました。
    このような問題を接する唯一覚えている翻訳イミド様が浮かびました。 (90年代には、無条件にこの方が翻訳したという話を聞いたようです。)
    以前に聞くには有名な映画はイミド様のように確実に検証された方が翻訳すると聞いて、信頼していた頃ではないかですね。

    それだけ翻訳の重要性を見落としているではないかと思ったりして。元の翻訳は、第2の創作というほど苦心する必要があると聞いたこともあり、いくつかの惜しい状況に見えます。

    1. Word

      映像翻訳は性質上、直訳ではなく、言い換えをするようになり、特に字幕の長さのために短い字幕では内容を十分に伝達できないことがあるようです。

      新聞を見たら、二ヶ所特に問題になるね。 事実、その程度なら見逃せことができるだけでもしかし、観客の目の高さが以前より多く高まっではないかと思いもあります。

      そして時間的な問題とコスト的な問題、翻訳の品質など、いくつかが複合的に作用していなかったかを推測されます。