[ニュース]今回は「偉大なギャツビー」… イ・ジョンソ

Last Updated:2021年06月26日| | 3のコメント

誤訳論争あるいは是非?

時々不合理な難癖をつけて議論距離を作成しようとしている人がいます。 聯合ニュースに「翻訳是非」という刺激的な記事のタイトルの記事が一つ出ましたね。 あえて記事化まで行う事案ではないようだ言葉です。

翻訳と主観がたくさん入っていて、翻訳の裁量がある程度許容される分野です。 もし英語原文を助詞一つない間違え、そのままハングルに移した場合(そうすることもできませんが)あえて翻訳に翻訳を任せず、Google翻訳で翻訳を向けるんじゃないかと思うね。

いくつかの文章を開く人が翻訳すると、列の人の両方異なっ翻訳することができ、どれが正解だと断定するのは難しい場合があります。 記事の一部を引用してみると:

50種類以上の「偉大なギャツビー」韓国語版の中で、キム・ウクドンの翻訳は原文に充実しながらも文章が流麗だという評価だ。 キム・ヨンハ翻訳本は小説家らしく読む味をよく生かした滑らかな翻訳で広く読まれる。

'So we beat on, boats against the current, borne back ceaselessly into the past.' イ・ジョンソは有名な最後の文章を「そう私たちは進むだろう。 流れを止めるボートのように。 絶えず過去に押し込まれて」と移った。

同じ文章の既存の翻訳はこうだ。 「それで私たちは鳥を逆らう船のように絶えず過去に押し寄せながらも、これから先に進み続けるのだ。」 (キム・ヨンハ)

イ・ジョンソはキム・ウクドン・キム・ヨンハの翻訳について「それを読んで読むと、名門というならそれは嘘だ。

イ・ジョンソ氏が提案した翻訳は何だろうか… ただ学生が翻訳したレベルに過ぎません。 原文を離れて翻訳文を見ると、何を言いたいのかを把握することは難しいです。 (翻訳をそうすればクレームに遭う可能性が高くなります。) そして、よく翻訳された文章を持って誤訳だと原色的に非難することは理解できません。

かつて有名な翻訳者を批判し、有名税に乗った方がいました。 その方が『誤訳10個以下に挑戦する。 誤訳だらけが翻訳に疲れた韓国読者たちに、誤訳の少ない翻訳が何かを見せたい。」と主張しながら翻訳書を出したことがありました。 しかし、彼の翻訳は、プロの翻訳者が見たところ、翻訳についてあまり心配せずに英語を話す人が翻訳したそのようなレベルでした。

もし翻訳系の発展のための場合、他人の翻訳にエラーがないか目に火を灯し検索しようとするよりも、翻訳がよくされた本を発掘してお勧めしてくれればどうでしょうか?

私は以前、IT関連の翻訳をしながらハンライトメディアから出てきた「ランニングLinux」という本を分析しながら、この分野の用語を身につけたことがあります。 個人的には、この本が翻訳的な観点からも滑らかにうまくいったという印象を受けました。 おそらく今は中古本屋でも探せるのではないかと思いますね。

(「ランニングLinux」を使って翻訳スタディを計画したこともありますが、時間のない関係で混雑していましたが…)

したときに、コンピュータ、IT分野の翻訳を多くしたが、これで、この分野の翻訳量が多く行はようで、また一方では、単価が合わなくてIT分野の比重が多く縮小された。 ストレスを少なく受けながらできる分野だ個人的に惜しい面があります。 最近では、困難な分野の文書をたくさん受けています。 例えばITと医療が融合されたそのような文書を、過去1週間の間翻訳しながら、ストレスをすごく受けました。


3のコメント

コメント

  1. 最近私は私が使用している日本語の聖書的な共同翻訳をオンラインreaderで作っている作業を週末にしているが、聖書の翻訳も言い換えvs直訳で議論が多いんですよ。

    共同翻訳オンラインreaderを作業している理由は、この共同翻訳を今プロテスタントカトリック教徒せずにおいて、(誰も使わないのです)、また本でももう出版されずにおいて、私の心配もなく、生涯ために。 ふふふ

    ところが私が最も翻訳がうまくいったとここはこの共同翻訳も誤訳がたまに目に入ってきます。 原文(旧約聖書ヘブライ語、新約聖書ギリシャ語)を見て翻訳したのではなく、ドイツ語翻訳本を翻訳した関係でドイツ語翻訳本の誤解をそのまま踏襲したところもあります。

    しかしながら、その意味が間違って送信されていないつもりなら大きく問題視をことがないと思います。

    応答