ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[ニュース]アルファとショック1年。KAIST線」AI専攻」追い込まれ、通訳人気の低下

Last Updated:2021年7月2日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

今年梨花女子大・中央大・鮮文など、各大学の通訳・翻訳大学院志願者は昨年より10%ほどずつ減っはニュースが記事に出ましたね。

実際には翻訳、通訳は以前から人気が下落している傾向であるため、必ずAI(人工知能)のためだと断定するには無理があるようです。 AIので、その傾向がより加速されないか考えてみます。

外国語をよくすれば、外国語を活用して、より生産的な活動に従事することも大丈夫のようです。

一昨日貿易の方に会ったが、その方は本当に実戦を通じて、英語を身につけた方がね。 若いとき貿易関連会社で働いて、昨年に独立して小さな会社を運営している方だが、東南アジア、ロシアなどのバイヤーから注文を受けて納品する仲買人の仕事をするとします。 その方は、仕事のため、常に戻って通うながら一箇所に位置働く翻訳の仕事が良いようだとしたが、(多分ただのリップサービスかも...)、私はむしろ外国語を活用して、いくつかの国を歩き回りながら仕事をするような生活も大丈夫そうだという気がします。

たまに翻訳志望からお問い合わせメールを受けています。 個人的な考えは、翻訳の仕事ではなく、言語を活用できる他のことを調べてみるのがよいが、意志がしっかりしてしばらくの間の困難に耐えることができれば挑戦してみるのも、それなりに意味があるようです。 実際に翻訳をアップにするなら、しばらく困難を経験することができます。 時間が経つにつれてある程度認めも受けてまともな顧客との良好な関係を形成するまでは、生活が不安定になることができます。

そして、翻訳市場自体がすでに飽和状態(需要より供給が多い状態)であり、単価も下落傾向にあり、またAIの発展により、近い将来の収入が半分まで飛ぶことができると思われます。 翻訳は明らかに欠かせない産業だが、翻訳が翻訳で生活をすることができない場合は人材離脱は仕方ない現象になります。

かといって、非常に絶望的なことは、ありません。 意味と意志を持って努力すれば翻訳として成功をおさめることができるでしょう。 たとえ翻訳市場自体が縮小おりAIのために取得打撃を受けるが、自分だけの強みを生かして、特定の分野を攻略するなら明らかに良い成果があろうかと思われます。 もちろん成果を収めるまである程度の苦労は覚悟しなければならなります。

メモ:



3のコメント

コメント

  1. つまらない第実家は朝鮮時代訳官をしましたよ。 今の時代で言えば通訳。

    ところが国で給料が正しく出ないから、中国語、ロシア語を少しでき知ることで、中国、ロシアなどを歩き回って商売をしてご飯を食べて山でしょう。 私の父は4歳すでに千字文を離し買っを勉強されたとします。 ところが、幼い頃も厳しく勉強をする必要がありしたが、生涯漢できていたのか、絶対子供幼い頃勉強させ、という(早期教育しないという)遺言まで残しました。

    カナダの住まい第叔母は、カナダで一番最初政府公式通訳として働いておられたにもして(英語、フランス語)、私も大学に通いながらアルバロ法廷通訳をしたりしたが(実際にはこのような理由から、弁護士になったこともあります。)今後通訳という職業自体がないそうになっ見えたくさん惜しいです。

    しかし、今後も様々な国の言葉をすることができる能力は、ある程度まで緊要に使用することができる技術だと思います。

    第カナダのいとこは、3-4ヶ国語を流暢にする(韓国語、英語、フランス語、ドイツ語をnativeレベルにし)、それだけでその理由一つのためにDeloitte&Toucheという国際会計事務所で信じられないほど高い給料を受けて仕事をしていることもありします。

    応答
  2. 私も以前に両親が私の言語に素質があることを発見しは通訳・翻訳大学院進学を勧めましたが、AIを例にあげて拒絶していた覚えています。

    同様に教員資格取得もおっしゃっ、後と、教師という職業も意味なくなると言わドゥリョトジョ。 これより置いて見なければならそうです。 笑

    応答
    • 私は語学に素質があまりない方です。 (ところで、皮肉なことに翻訳をアップにしていますね。)
      未読に努力する方です...むやみに読み書き覚え...笑

      応答