ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[ニュース]村上春樹翻訳最初の講演 - 「美の小説の翻訳で作法を学んだ」

Last Updated:2021年7月2日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

村上春樹は、韓国でよく知られている日本の小説行きます。 特に「喪失の時代」という本が韓国でヒットを打ちながら有名になったようです、私もこの本を何度も読んだことがあります。 当時としては難解なテーマを楽しく解きほぐしたと思いました。 しかし、今考えてみると、その小説を介して得られたことがないようです。

小説から何かを得るとは思わから間違っている可能性が村上春樹の小説は軽く、感覚的なのが特徴であると見られ、「喪失の時代」は、性(性)の歪曲された認識を持たせることができないかという思いもします。

村上春樹は翻訳関連の講演を通じて、米国の小説を翻訳しながら作法を学んだ明らかに注目を集めています。 村上春樹(村上春樹)は、日本だけでなく世界的にも小説家としての名声を飛ばしているが、日本国内では70本の作品を翻訳した英文学翻訳でも有名だね。

http://www.hankookilbo.com/v/5cb91cc028a04f0590c54a1ce2111377

最近村上春樹の新しい長編小説「騎士団長殺害」が先人歳論議で言葉でした。 日本で何呼応を得られなかった春樹の小説が名前だけだけで先人歳、20億から30億の間に達するとしたら、韓国出版界の露出した素顔を見るよう惜しいですね。

出版界が不況なので、新しい家を発掘するために努力するより有名小説家の作品に巨額をかけることは、長期的には決して望ましくないようです。 だけでなく、韓国の出版社同士の競争して、毎回春樹の印税を乗せてありますので、苦しくね。 (以前にメジャーリーグ中継権を得るために、韓国の放送局同士の競争して中継料をとんでもないように上げ離し非難を受けた事件が考えますね。)



コメントを残す

コメント