私が翻訳をやめた理由

10年以上翻訳会社で勤務して検収と翻訳業務を担当していた私は、2010年頃フリーランス翻訳家に転向しました。約20年間翻訳者生活をしてきましたが、数年前翻訳を事実上やめました。

翻訳系を離れた理由はいくつか挙げられますが、難しい作業に比べて比較的低い収益が最大の要因といえるでしょう。

私が翻訳をやめた理由

私が翻訳をやめた理由

低単価

私は長い間海外企業と取引しながら国内で活動している翻訳者よりは相対的に高い単価を受けたが、インターネットが発展して国内翻訳者が海外に進出し、特に朝鮮族が流入し、韓国語翻訳費は荒涼としたレベルに下落していること同じです。

韓国語翻訳単価は東南アジア言語に比べて低い水準です。

韓国特有の除殺削りと朝鮮族翻訳家たちの流入は低価格競争に火をつける結果を生み出していなかったかと思います。

実際、私は海外企業と取引しながら朝鮮族翻訳者たちのために荒涼とした経験をしたことがあります。私が翻訳したことを朝鮮族翻訳者が検討して酷評しました。私が強く反発すると、他の翻訳者に検討を任せましたが、その翻訳家も朝鮮族の翻訳者でした。 2番目の翻訳者は私と最初の翻訳者の翻訳の両方を削りました。

技術の発展

AI技術が発展し、「翻訳家が消える職業1位」と言われています。この言葉は非常に間違った言葉ではないようです。

チャットGPTが出てきてAI技術の発展を実感するきっかけとなりました。今ではAIを導入してリアルタイム翻訳や通訳をしようと試みられています。現時点では、満足のいくものではありませんが、数年後には重要ではない通訳は、人工知能が担当する可能性を排除できません。

私は数年前から私は機械が翻訳し、人間がレビューするポストエディティング(Post-Editing)の依頼が入り始めました。

3〜4年前から、海外の大規模ローカライゼーション企業は機械翻訳を導入しようとしました。今は大型翻訳件の場合、機械が翻訳し、人間翻訳者が検討するシステムが位置づけられていないかと思いますね。

一部の方は、PEMT(ポストエディティングマシン翻訳)が翻訳単価を下げることで、大手企業が以前はコストのために翻訳していなかったコンテンツも翻訳を依頼するという見方をすることもありますが、実際にはまったく異なる方向に流れているようです。つまり、重要ではないコンテンツは、単に機械翻訳(自動翻訳)を使って翻訳する企業が増えるようです。

人工知能翻訳の発展は、最終的にいくつかの重要または困難な分野の翻訳を除くほとんどの翻訳に影響を与えると考えられています。

ポスト編集の問題は、翻訳単価が不当なレベルに低下することです。私は単語ごとに7〜10セントを受けましたが、ポストエディティングの場合、ほとんどの企業が1.5セントの内外を提示していました。 (英訳翻訳単価で英語単語当たり7~10セントであれば国内翻訳業者から受ける単価より高い方ですが、代わりに品質管理のために常に最善を尽くしました。このため、長年にわたっていくつかの定番メーカーと継続的に取引してきました。)

エディティングなら簡単になると思う方がいらっしゃるでしょうが、実際に作業をしてみるとエディティングがより難しいです。翻訳がうまくいけば編集は簡単ですが、ほとんどはそうではないという問題があります。間違って翻訳された場合、修正するのは新しく翻訳するよりも難しいかもしれません。

機械翻訳レベルが修正する内容がほとんどないか非常に少ない場合は大丈夫でしょうが、そうでない場合には力だけ持ってお金にならない作業になります。

あるいは、単価が低い代わりに物量を多く受け取ればいいのではないかと反問することもありますが、物量が持続的に多いようではなく、物量が多い場合人間は検討する機械で戦略しないかと思います。

仕事の難しさ

競争が激化するにつれて、翻訳単価が着実に下落する傾向でしたが、私は既存の翻訳単価に固執してきました。

ほとんどの翻訳者は翻訳者をうまく交換したくありません。翻訳者を交換することで、翻訳の品質が以前の翻訳者よりも良ければ幸いですが、ほとんどはそうではありません。

しかし、一部の大手企業は多くの翻訳者を確保し、翻訳を投げて最初に受け入れる翻訳者に翻訳を与えることもあります。そのようなシステムでは、翻訳単価の低い翻訳者に優先的に翻訳に割り当てることもあります。

既存の翻訳単価に固執すると、一部の翻訳者は取引が途切れることがあります。そして一部の企業は、簡単な翻訳は単価の低い翻訳者に依頼し、難しい翻訳や納期が迫る作業だけを依頼することもあります。

健康問題

私は数年前に老眼が来て進行中の作業を返却しなければなりませんでした。突然目に問題が発生したので、これまで苦痛ではありませんでした。

今はある程度適応されていますが、その後から翻訳日は受けていません。

老眼は年をとるにつれて経験する現象なので仕方がなく適応するほか、道理がないようです。

体力的な面でも問題になります。若い頃には夜の泉作業をしても大丈夫でしたが、今は夜を漏らして作業をすると、数日間影響を与えます。

小さな間違いで責められる職業?

ほとんどの翻訳者はそれなりに最善を尽くしますが、翻訳の品質や誤解のために非難されることがあります。特に書籍を翻訳したり、映像翻訳をする翻訳者がそのような非難に苦しむことがよくあります。

私はレビュアーとして長い間翻訳会社で働きました。私は明らかなエラーでなければ問題にならず、表現上の問題はより良い表現に修正して進みました。

しかし、フリーランサーとして働いて、私が評価を受ける立場に置かれたときには、誤訳ではない部分についても非難を受けることがよくありました。そんな時には、いちいち解明をしなければならないのですが、余ったストレスではないはずです。

とにかくやりたい話は、ほとんどの翻訳者はそれなりに最善を尽くしますが(一部の翻訳者はそうではないかもしれませんが、そのような翻訳者は適切な翻訳者とは言えないでしょう)、時々過度の非難の対象になることができるということです。真相のお客様に会えば、本当に翻訳に懐疑感を感じることもあります。

翻訳する方は長時間コンピュータの前に座って作業をしてみると鋭敏な状態になることができ、他人の過ちを見れば容認できない方もいらっしゃいます。

(このブログでスペルが間違っていると悪口に近いコメントを残す翻訳者もいました。)

どの分野も同じだろうが、何もないことで互いに非難することもあります。実際に次の翻訳カフェはあまりものではないことで紛争が発生して大きな問題になることを見たことがあります。この時の経験は現在私が管理しています Naver カフェ(WordPress 関連カフェ)を運営するのに役立ちました。紛争が発生したときにどのように対処すべきかについてのノウハウ(?)を身につけたと言うべきでしょうか?

このような部分は個々人の性格と関連があるようで、特に我が国の人々あるいはすべての人々の特徴の一つではないかと思われることもあります。コミュニティでお互いを尊重する姿勢を持てばいいのですが、必ず変な人がいるしかなく、そのため紛争が発生することもあります。

余談...お金を受け取ったら完璧に翻訳しなければならない?

余談ですが… Naver ブログコメントにどんな方が「お金をもらって翻訳すれば完璧に翻訳するのが合わないのか?」と反問していたのが思いますね。

完璧に翻訳すればいいのですが、完璧な翻訳があるのか​​も疑わしいですね。神ではない限り、完璧なことは事実上不可能です。

私たちが使用するWindowsオペレーティングシステムには多くのエラーがあり、頻繁にエラーを修正するアップデートが公開されています。他のソフトウェアも同様です。完全にコード化されたソフトウェアは存在できず、バグがあるしかありません。

最後に、

私は翻訳がどれほど難しいのかを知っているので、翻訳で生計を立てている人たちに敬意を持っています。 私はかつてGoogleで行った翻訳テストにも合格するなど、それなり自尊心を持って翻訳しましたが、翻訳では生計を維持するのが容易ではないのが現実のようです。

資料を探してみて、ここにも載せてみます。 2007年の仕事ですね。もう16年が経ちましたね。

Google翻訳テストに合格

時代が急変して翻訳者たちが立場がどんどん減っていくようで残念な気がしますね。

20年前に何人かの翻訳者が私たちが生きている間に機械が翻訳に代わるものはないだろうと言っていました。しかし、技術は私たちが考えるよりも速く進化しているようです。

このように急速に変化する時代に翻訳者として生き残るためには、翻訳実力の向上とともに、広報を通じて翻訳を着実に安定的に受注する努力が必要ではないかと考えられます。そのために ブログ私のYouTubeを活用することも考えられるでしょう。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

2のコメント

  1. こんにちは?
    お元気ですか?明けましておめでとうございます/

    2024年新年に憂鬱なお知らせに触れて申し訳ありません。

    明けましておめでとうございます。

    happistドリーム

    1. 久しぶりですね。仲良くしてますか?
      私は翻訳日は事実上やめましたが、元気にしています。😄😄
      Happistも、2024年の新年には、計画するすべてのことが達成されることを願っています。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。