ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

グーグル翻訳利用時の注意事項

Last Updated:2018年1月7日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近、Googleの翻訳の性能が大幅に向上されてGoogleの翻訳を活用する方が多いようです。 プロの翻訳者もおそらくGoogleの翻訳を活用してみたい誘惑を感じるだろう。

しかし、大規模な翻訳会社と働く翻訳者はGoogleの翻訳をはじめとする機械翻訳(Machine Translation)を使用しないという指示を受けたものと思われます。

Googleの翻訳に入力される内容は、Googleによって収集されるため、機密文書の場合、問題になることがあります。 Googleの翻訳を使用する場合は、この点を念頭におくのがよいようです。

特に翻訳者は業者との秘密保持約定書(NDA)を作成する場合が多いが、Googleの翻訳をはじめとする機械翻訳を利用する場合の秘密保持義務に違反し可能性があるので注意が必要です。

プロの翻訳がなくても契約書や社内資料など機密文書は、Googleの翻訳で入力していないことが安全です。

グーグル翻訳でデータを収集することに対する懸念は、数年前から提起されてきました。 Googleが収集したデータをどこに使用するかは誰もわからないので守秘義務がある場合には、Googleの翻訳を使用していないことが望ましいと思われる。

グーグル翻訳利用時の注意事項2

世の中にタダとはないという言葉余計なものではないことを、このようなことをからも感じます。 このようなことを見れば、Googleが怖い気がしたりします。

必ず機械翻訳を利用したい場合は、有料の機械翻訳サービスを利用することを考慮してみることができます。

そして翻訳者が翻訳をする過程で収集された翻訳メモリ(Translation Memory:TM)をLanguage Data Networkメーカーに販売したり、提供することも問題になることがあります。 私はかなりの時間翻訳した文書を Trados TMに保存しているが、かつてのTMを販売するお金になるという考えをしたことがあります。 しかし、その場合TMに含まれているお客様の機密情報のための問題になる素地があります。 (実際には問題になる可能性は低いだろうが、法に抵触する可能性が高く、お客様の重要な機密が流出することができる可能性があるため、望ましくないことは明らかに見えます。)

もしGoogleの翻訳を利用すれば、ウェブ上で公開されたテキストや公開されても関係ないテキストがない場合は自制することが安全と思われる。

翻訳なら知っている内容だがひょっとして老婆心に、Google翻訳を翻訳に活用する場合に発生することがある問題について探ってみました。

メモ:



コメントを残す

コメント