過当競争と過剰競争

韓国は土地が狭く人口が多いほうがなくてそうなのかなどの業種のお店や企業があまりにも多くなって競争が激しくなる場合があります。 競争相手が多い見れば生き残るために価格競争を繰り広げることになって、最終的には、第歳削って食べる食物やすいです。

過当競争と過剰競争

いくつかの分野がメディアを介してブルーオーシャンで紹介されると、それ以上ブルーオーシャンではなく、レッドオーシャンになる場合も一般的なようです。

このように、企業間の過度の競争によってあまり望ましくない結果が生じることがよく見られますが、このようなことを指して、人々は「果糖競争」または「過剰競争」という言葉を使用します。 しかし、この時は「果糖競争が正しい表現だそうです。

「果糖(過當)」という言葉は、「通常より程度が過度こと」を言いますが、「過当競争(過當競爭)」の意味を見ると、同じ業種の企業間での一般的な自由競争の範囲を超えて、お互いに自分の市場の維持と拡大のために出血をしながら競争となっています。

一方、「過剰(過多)」という言葉は、「あまりにも多くのこと」を意味します。 例えば、私教育費にも多くの支出をするとしたら、それは「過多支出」がドゥェゲトゴ、量が多すぎると、「過剰使用」になることです。 そして受けなければならお金を実際より多く請求する場合には、「過剰請求」と言えるでしょう。 (出典: KBS)

韓国は社会全般にわたって過当競争のために庶民の生活がさらに厳しくなるよう残念です。 翻訳業界も同様に競争が激しくて、翻訳料が過去と同じかそれ以上の低下して業界全体が劣悪な状態です。

以下は、翻訳関連のカフェに上がってきた文ですが、現在の翻訳業界の状況を垣間見ることができるようです。

翻訳業界過当競争

私は国内メーカーとは全く取引をしていませんが、時折、国内メーカーでも連絡が来る場合があります。 しかし、価格が合わなくて仕事をしていない場合がほとんどです。

以前に翻訳エージェンシーで働くとき実力のある翻訳者が翻訳にのみ生計が容易でなく、他の仕事を探しに出る場合をたくさん見ました。 残念な現実ではないことができません。

翻訳業界が劣悪になった理由としては、需要に比べて供給が多いのと、低コストを要求する顧客(クライアント)から見つけることができるでしょう。 翻訳需要に比べて翻訳をするという人が多いから、当然、価格が低い翻訳会社/翻訳が仕事を受注することになる構造です。 しかし、翻訳単価の下落は、最終的に翻訳の品質の低下につながるしかないのが現実であり、これにより、翻訳料を正しく受信できない事例まで出てくるようです。

劣悪な翻訳業界

顧客は単価が安くて高品質を求めますが、翻訳というのが共産品撮るようになるわけではないので、現実的に「価格も安くて品質の良い翻訳」を期待するという自体がナンセンスではないかと思います。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。