偽翻訳を量産して出すのGoogle翻訳II

2

グーグル翻訳が多くの発展をしたことは否めない事実であるが、Googleの翻訳で回し結果をそのまま使用する場合は危険性が伴います。

グーグルでも、Google翻訳の目的は、 完璧さは、Google翻訳の目的でないと明らかにあり グーグル翻訳サービスは、「完璧さ」を目標にしなく、効率性を高めたと評価されています(参照).

技術翻訳の分野では、精度が命であり、特に医学翻訳の場合、生命に関連するため、精度が絶対的に必要とされます。 もちろん完全することはできないだろうが誤訳を最大限に減らすことが翻訳の役割とすることができます。

ところが、一部の翻訳(翻訳なのか疑問さ)が、Googleの翻訳をそのまま回して結果を納品して問題になったりして、昨日は以下の翻訳関連のカフェにドイツを知らない翻訳がきつい翻訳(ドイツ韓国語に翻訳)を引き受けてGoogleの翻訳を回しドイツから英語に翻訳した後、翻訳された文書をハングルに翻訳して簡単にお金を稼いだと誇る文が上がってきました。

この記事をここに引用してみます。

昨年の夏に技術文書きついが入ってきたやたらワードあたり

150ウォンを呼びました。

...

きつい翻訳は一度もないみました。 ドイツを一つ知らない

からです。

きつい翻訳の方にお願いして手数料のみを受け入れ食べる

途中ふとGoogleの翻訳を試してみることにしました。

まず毒 - 英翻訳を見ます。

...

翻訳された英語の文章を見ると意味把握するには支障がないようです。

今回はゼロ - した翻訳をしてみます。

これを直接手作業をしました。

...

翻訳コスト453,600員は2州過ぎる入金がますね。

別の問題がなかったようです。

結果的にきつい翻訳の人件費を中間に横取りようになったが、

また、ワン発注先の顧客がこのような特性を知らなかったの可能したものです。

言葉を失わせる文です。

この記事に合計41コメントが走りながら多くの論争がおこった(原文).

ドイツで英語に翻訳しながら、多くのエラーが発生しになり、それを韓国語に翻訳したので問題は深刻になるしかありません。 おそらく翻訳を依頼したクライアントが、ドイツ語を知らなかったので、特に問題なく(?)スナップそうだが、もし翻訳の免責を製品マニュアルに使用して将来的に問題が発生した場合どうなるでしょう?

著者の論理通りならドクヨウン翻訳者はいる必要がないことです。 実際にはそうでないんですよ。 たとえ、Google翻訳が発展し、翻訳量は与えるだろうが翻訳者は、当分の間消えないでしょう。

問題は、このような行為をしてから、自分の行動がなぜ問題になるのか分からないということです。

グーグル翻訳を活用することは自由です。 グーグル翻訳を使用することにより、まず、顧客との機密保持義務に違反所持が大きく、Googleの翻訳で翻訳した文書をそのまま利用して納品する場合には、エラーを最小限に抑える必要がある翻訳の信義誠実の義務を負ってしまう結果となって倫理的的な問題を引き起こす可能性があるでしょう。

グーグル翻訳が発展することにより、Googleの翻訳を利用してみたい誘惑が挙げられます。 しかし、簡単に翻訳するために、あるいは簡単にお金を稼ぐために、Google翻訳に過度に頼る場合、法的な問題が発生する恐れがあり(もちろん運が良ければそのまま移るでしょう)自分の発展にも全く役に立たない。

お客様は、翻訳を任せるとき 'グーグル翻訳」をはじめとする自動翻訳機を使用して翻訳しないように指定することが安全そうです。 私取引する企業では、最近のGoogleの翻訳をはじめとする機械翻訳の使用を禁止する条項をNDA(秘密保持覚書)に追加しました。

추가:文を作成する間に、他の方が追加で返信をストラップ別途キャプチャしてみました。

そして、私が取引する企業では、ほとんどの作業要請(Work Request)を送信する来るとき、次のようなフレーズを追加して、Googleの翻訳をはじめとする自動翻訳機の使用を厳格に禁止しています。

[Company Name] strictly prohibits the use of Machine Translation on [Company Name] projects、specifically public domain Machine Translation tools、including but not limited to Google Translate and Babelfish。 The use of public domain Machine Translation tools constitutes a breach of the confidentiality and security clauses agreed to in the [Company Name] Supplier Agreement。 Use of public domain Machine Translation tools will result in non-payment for the project and a breach of our contract。 Depending on the severity of the breach、additional penalties or action may ensue。

公開された自動翻訳ツール(Google翻訳、Babelfishを含む)を使用する場合、作業のコストを受けられないことがあり、契約違反に該当することができます。 違反が深刻な場合、追加のペナルティや措置も取ることができると規定しています。

実際にGoogle翻訳を利用して翻訳した文書を何矯正せずに、そのまま使用する翻訳があるかのですが、実際にそのようなことが発生しており、またそのような行為を誇りに冒険談のように話している翻訳がありますね。 そんな翻訳者は明らかに、きちんとした翻訳とすることができないでしょう。 グーグル翻訳をはじめとする公開された自動翻訳機を使用することは自由ですが運が悪い場合、深刻な問題を引き起こすことができ、さらには訴訟にも巻き込まれることができるということを認識する必要があります。

メモ:

2のコメント

  1. グーグル翻訳を翻訳ワークフローに含めると時間は大幅に短縮されていいですね。 英語が分からなくて翻訳機を使うというよりは専門用語を理解できなくて翻訳機を回すなった思ったより説得力のある翻訳をしてくれたのです。

    事実平叙文の場合たくさん不足だとまだ感じています。 しかし、技術文書はそんなに悪くアンドグンヨ。 おそらく予測可能な範囲で文章を作成してそのようです。

    ところが、毒>ヤング>して翻訳した人は、本当にボールもいいですね(笑)

    • こんにちは?

      これまで多くの忙しいくださったようですね。

      現在プロの翻訳者の間には、Googleの翻訳を積極的に活用しなければならないという方と全く使用しない方に分かれる形です。 私のように選別的に活用することも可能なものだよ。 しかし、しっかりとした翻訳は、Google翻訳が全く役に立たないとの結論を下したようです。

      そして、私が取引する大きな会社では、Google翻訳などの自動翻訳の使用を厳禁しています。

      ちなみに、私は徐々に翻訳比重を減らしながら翻訳をやめようかと考えています。 翻訳単価引き下げ圧力が入ってきており、翻訳量も1年前と比べて半分以上減りました。 新しい店を見つけ出なければならない時期だが...今の翻訳自体をあまりしたくない気がしますね。 IT、コンピュータなど私の好きな分野のことならいつでも歓迎ですが、私は主にする分野は、医療機器などの製法難しい分野なので、翻訳自体がますます楽しみなくなっています。(笑)

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください