ホーム 태그 海外ウェブホスティング

タグ:海外のウェブホスティング

SiteGround 共有ホスティングプラン
現在、個人的に Bluehost(共有ホスティング/ VPS)、iPage、a2 hosting、そして Sitegroundでホストされているサイトを管理しています。 いくつかのホスティングを使用しての利点と欠点をある程度把握がされているようです。 子供のページを除いたXNUMXつのすべてのcPanelをサポートして、サイトの管理が便利です。 VPSはSSHアクセスが可能なので、より精巧にサイトチューニングが可能です。 (Sitegroundは、共有ホスティングでもSSH接続が可能です。)上記のホスティング...
WordPress キャッシュプラグイン
海外のウェブホスティングの一つであるA2ホスティングでW3 Total Cacheプラグインのような WordPress キャッシュプラグインをインストールする場合は、エラーが発生する場合があります。 このような場合、a2hosting optimizerすべての機能を遮断し、w3キャッシュの代わりにComet Cacheプラグインをインストールすると、速度が向上することがあります。 A2ホスティングは高速を出す宣伝が、実際に経験上の速度がそれほど悪い方ではなく、他の...
A2ホスティング WordPress 最適化
最近数週間の間 SitegroundとA2のホスティングでホストされているサイトの操作を断続的に行っています。 A2ホスティングで製作されたサイトの速度を測定してみると無難なほうであるようです。 しかし、宣伝とは異なり、それほど速い方ではないようです。 A2ホスティングは高速を出す宣伝しているが、少し注意が必要な部分があるようです。 A2 Hostingで WordPressを運営する場合A2 ...
古代ディ評価
現在、このブログをはじめ、いくつかのサイトが Bluehost VPSで運営中です。 Bluehostは現在、約2年ほど使用しています。 最初は低コストである共有ホスティング(Shared Hosting)を使用したが、たまに不安で速度が正しく出なく現在のVPS商品に変えました。 海外ホスティングは速度が遅いという先入観を持つことができるでしょう。 しかし、テーマをよく選定し、最適化に気を遣ったなら...