[海外のウェブホスティング] A2ホスティングについて

0

私は個人的 Bluehost、iPage、Sitegroundなど複数箇所の海外ホスティングを使用しており(参照)、クライアントのサイトに関連して、作業をしながら、さまざまなウェブホスティング会社のサービスを経験する機会を持ちました。

しかし、場合によっては個人的な経験に依存した、場合によっては、客観性が多少欠けていることもあるようです。

A2ホスティングの場合、複数の文を使用して、やや否定的な意見を明らかにしたことがあります(例: "最大20倍高速海外ホスティング - A2 Hosting")。

実際に、このようなレビューの基底には、A2 Hostingを使用して良くない経験をしたユーザーの意見が一部反映されました。 1年前にあげたいくつかの分の経験談ですが:

セルフWordPressを見てA2ホストになった被害者です。

A2ホスティングを2年を契約することになり、それによって時間的な被害、および労働的な被害がゴジラます。

金銭的に残して、ストレスがゴジラで、一度接続ができない場合もあります。

接続ができない国があります....

ご利用しようとする方ジェグル見利用なさらないでください。

サポートも不親切で、英語ができないことを悪用して。言葉持たない答えをします。

明らかな機械的な回答と取った言葉の回転拳法を使用します。

とても否定的な内容であり、このような似たような意見を持った方が数分ありました。

今日A2 Hostingでドメインを設定する方法について調べるためA2 Hostingを使用している方に連絡をしました。 a2 hostingがどうかにも尋ねました。

カトクの画面をそのままキャプチャーしてあげます。 この部分は、相手の同意を求めて名前だけのブラインド処理しました。

プランは、shared hostingでTurbo機能を選択したとしますね。

上記の内容も個人的な見解の一つなので、参考にしてください。

A2 Hostingの場合好き嫌いが分かれるようです。 もし、英語を全くできない場合には、通信の誤解が発生する可能性あり、否定的な経験が加重されることもあるでしょう。 A2 Hostingを考慮した場合、いくつかを考慮して見ればいいようです。

個人的には、安全なサービスをご希望の場合 Sitegroundはがまともなようです。 このブログで使用されている Bluehost VPSも大丈夫な方だが、費用負担になることがあります。 Sitegroundは商品により訪問者の数とスペースが制限されることがありますが(トラフィックは無制限)の安定性と速度の面では大丈夫なようです。 (実際の動作を 他のブログで確認することができます。)

2017年8月初めの更新: A2ホスティングを利用する知人のサイトを1ヶ月ほど管理しています。 感じは、低コストで無制限の容量とトラフィックを使用することができていて魅力的だが、速度面では少し不満でした。 特に最初のページの読み込み時間が長くなる場合がありますね。 ところが、その次からはまたすぐに取り出せるなりますね。 個人ブログやテストサイトの目的には大丈夫のようだが、会社のホームページ用には在庫が必要と思われる。

メモ:

コメントを残す

あなたのコメントを入力してください!
あなたの名前をここに入力してください