WordPressで多言語サイト構築

WordPressで多言語サイトを構築する方法

WordPressで多言語サイトを構築する方法はいくつかあります。

もし簡単に行く方向に、プラグインを選択した場合 WPMLを使用してみることができます。 他の方法で複数のサイトを利用する方法もあります。

どちらの方法は、長所と短所があるので、いくつかのソリューションは、最も適しているかを選択することが重要と思われる。 WPMLが簡単に行く方法ですが、ハングルと英文サイトを完全に別の方法で実装したいか、支店、支店形式のサイトでは、マルチサイトが適しています。 そして時折テーマに沿ってWPMLと互換性がない可能性があります。

いくつかのソリューションが、自分だけのソリューションであることは、次の記事を参照してみることができます。

現在、このブログが複数のサイトにテストで作ったサイトです。 テストで英文、ハングルサイトを別の方法で構成してみました。 もちろん同じように構成することがより容易である場合があります。 マルチサイトの場合、初期設定が少しうるさいだけ自由度の高いオプションです。 ただし、一部のプラグイン(例えば、WP-Members)がマルチサイトでは動作しない可能性があります。

他のブログWPMLこのテストでインストールされています。 本来はMultilingual Blog版をインストールして運用されたMultilingual CMSを使用しているクライアントのサイトで発生する問題を解決するために仕方なくMultilingual CMSにアップグレードした状態です。 シンプルなブログの場合Blog版も無難そうだが、どうやら単なる文/ページ程度の各言語バージョンで作成するために適しています( "多言語翻訳プラグインWPMLバージョンの比較"参照)。

ちなみにWPMLは自動翻訳がありません。 自動翻訳機をご希望の場合GTranslateなどのプラグインをインストールすることができますが、このようなプラグインは、固有のアドレスを生成しないので、SEOに影響を与えません。 つまり、いても持っていない私なのです。 サイトにGoogleの翻訳をつけたと思ったら合いそうです。

マルチサイトで複数の言語を構築する場合は、各言語別のサイトが互いに独立しています。 つまり、文の間が接続されていません。 (WPMLは、このような関係の接続自体で処理します。)マルチサイトでは、MultilingualPressなどのプラグイン文の間の関係を接続させる役割をします(「マルチサイトでの多言語構築する"参照)。

多言語の構築と関連して助けを必要と このページでサービスを要求することができます。

そして中国語、ベトナム語、フィリピン語、アラビア語などの特異言語に翻訳を必要とする場合は、「まともな多言語翻訳サービスをお勧め"文を参照してください。

関連記事

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。