JavaScript出力(JavaScript Output)

0

この記事では、JavaScriptの出力について説明します。 本文の内容はW3Schoolsの JavaScript Output ドキュメントを参考にまとめたものです。

JavaScript出力(JavaScript Output)

JavaScriptデータの表示方法

JavaScript はさまざまな方法でデータを「表示」できます。

  • innerHTMLを使用してHTML要素に書き込む
  • document.write() を使用して HTML 出力に書き込む
  • window.alert()を使用してalertボックスに書き込む
  • console.log() を使用してブラウザコンソールに書き込む

innerHTMLを使う

HTML要素にアクセスするために、JavaScriptは document.getElementById(id) メソッドを使用できます。

id プロパティはHTML要素(要素)を定義します。 innerHTML プロパティはHTMLコンテンツを定義します。

例:

HTML要素のinnerHTMLプロパティを変更することは、HTMLにデータを表示する一般的な方法です。

document.write() の使用

テストを行うときは document.write()を使用すると便利です。

例:

HTML文書が読み込まれた後 document.write()を使用すると、以前のすべてのHTMLが削除されます。

例:

document.write() メソッドはテスト目的でのみ使用してください。

window.alert() を使う

警告 上司を使用してデータを表示できます。

例:

ウィンドウ キーワードを省略できます。

JavaScriptで ウィンドウズ オブジェクトはグローバルスコープオブジェクトなので、変数、プロパティ、メソッドがデフォルトで ウィンドウ オブジェクトに属します。 また、 ウィンドウ キーワードの指定はオプションです。

例:

console.log() を使う

デバッグ目的でブラウザで console.log() メソッドを呼び出してデータを表示できます。

例:

<h2>디버깅 활성화</h2>

<p>키보드에서 F12를 누르면 디버깅이 활성화됩니다.</p>
<p>디버깅 모드에서 "Console"을 선택하세요.</p>
<p>그런 다음 실행을 다시 클릭하세요.</p>

<script>
console.log(5 + 6);
</script>

JavaScriptの印刷

JavaScriptにはprintオブジェクトやprintメソッドはありません。

JavaScriptで出力デバイスにアクセスできません。

ただし、唯一の例外としてブラウザで window.print() メソッドを呼び出して現在のウィンドウの内容を印刷できます。

<h2>window.print() 메소드</h2>

<p>아래의 버튼을 클릭하여 현재 페이지를 인쇄하세요.</p>

<button onclick="window.print()">이 페이지 인쇄하기</button>

jsfiddleで実行する: