JavaScript 文 (JavaScript Statements)

0

この記事では、JavaScriptの文について説明します。 下記はW3Schoolsの JavaScript Statements ドキュメントを参考にまとめたものです。

JavaScript 文 (JavaScript Statements)

例:

let x, y, z;    // Statement 1
x = 5;          // Statement 2
y = 6;          // Statement 3
z = x + y;      // Statement 4

JavaScript プログラム

コンピュータプログラムは、コンピュータで「実行」される一連の「コマンド」である。

プログラミング言語では、これらのプログラミングコマンドを文と呼びます。

JavaScriptプログラムは一連のプログラミングステートメントです。

JavaScript 文 (JavaScript Statements)

JavaScriptの文は次の要素で構成されています。

値、演算子、式、キーワード、コメント

次の文は、ブラウザに id="demo" の HTML 要素の内部に "Hello Dolly" を書き込むように指示します。

document.getElementById("demo").innerHTML = "Hello Dolly.";

ほとんどのJavaScriptプログラムには多くのJavaScript文が含まれています。

文は、書かれたものと同じ順序でXNUMXつずつ実行されます。

JavaScriptプログラム(およびJavaScript文)をJavaScriptコードとも呼ばれることがよくあります。

セミコロン

セミコロン(Semicolons)はJavaScript文を区別します。

各実行可能な文の末尾にセミコロンを追加してください。

例:

let a, b, c;  // 3개 변수 선언
a = 5;        // a에 값 5 할당
b = 6;        // b에 값 6 할당
c = a + b;    // c에 a와 b를 합한 값을 할당

セミコロンで区切る場合は、複数の文をXNUMX行で書くことができます。

a = 5; b = 6; c = a + b;

Webでセミコロン(;)のない例を見ることもできます。
文章の末尾にセミコロンで貼るのは必須ではありませんが、セミコロンを付けることを強くお勧めします。

JavaScript スペース

JavaScriptは複数のスペースを無視します。 読みやすくするために、スクリプトにスペースを追加できます。

次の行は同じです。

let person = "Hege";
let person="Hege";

演算子( = + - * / )の前後にスペースを入力するのが良い方法です。

let x = y + z;

JavaScriptの行の長さと改行

読みやすくするために、プログラマはしばしばコード行が80文字を超えないようにすることを好みます。

JavaScriptの文をXNUMX行に収めることができない場合は、演算子の後ろで改行することをお勧めします。

例:

document.getElementById("demo").innerHTML =
"Hello Dolly!";

JSコードブロック

JavaScript文を括弧({...})で囲んでコードブロックにグループ化できます。

コードブロックは、文を一緒に実行するように定義するために使用されます。

JavaScript関数では、文をブロックにまとめてグループ化したものを見ることができます。

例:

function myFunction() {
  document.getElementById("demo1").innerHTML = "Hello Dolly!";
  document.getElementById("demo2").innerHTML = "How are you?";
}

このチュートリアルでは、コードブロックに対して2つのスペースをインデントします。

JavaScriptのキーワード

JavaScript文は、しばしば実行するJavaScriptアクションを識別するためにキーワードで始まります。

予約語のリファレンスはすべてJavaScriptのキーワードです。

以下は、このチュートリアルで学習するいくつかのキーワードのリストです。

キーワード설명
VAR変数(variable)を宣言します。
ブロック変数を宣言します。
定数ブロック定数を宣言します。
ifある条件で実行される文ブロックを表示します。
スイッチさまざまな条件(ケース)で実行される文ブロックを表示します。
forループで実行する文ブロックを表示します。
function関数を宣言します。
リターン関数を終了します。
試します文ブロックにエラーハンドリングを実装します。

JavaScript キーワードは予約語です。 予約語は変数名として使用できません。