ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress get_template_part()関数

Last Updated:2015年8月11日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress テーマのindex.phpファイルなどを見ると、次のようなコードが使用されていることをよく見ることができます。

<?php get_template_part( 'content', get_post_format() ); ?>

上記のコードの意味を正確に理解するために WordPress Codexページで get_template_partを見ると、get template partを次のように定義しています。

テンプレートパーツ(header、sidebar、footer以外の部分)をテンプレートにロードする。 テーマでコードのセクションを簡単に再利用できるようにしチャイルドテーマが親テーマのセクションを交換する簡単な方法である。

簡単に言えば、コードの特定の部分を再利用するget_template_partを使用してロードすることができるということを意味します。 そして、親テーマより先にチャイルドテーマ(子テーマ)のファイルを最初に検索のためのコードを上記のように処理すれば、より容易に子テーマで特定のコードの部分を先にロードすることができ、「チャイルドテーマが親テーマのセクションを交換する簡単な方法」と表現したものです。 使い方は次のとおりです。

<?php get_template_part( $slug ); ?>
<?php get_template_part( $slug, $name ); ?>

例えば、

<?php get_template_part( 'loop', 'index' ); ?>

この場合、次の順序でファイルをロードします。

  1. wp-content / themes /子テーマフォルダ/loop-index.php
  2. wp-content / themes /親テーマのフォルダ/loop-index.php
  3. wp-content / themes /子テーマフォルダ/loop.php
  4. wp-content / themes /親テーマのフォルダ/loop.php

今最初に提示したコードに戻りましょうか? ざっと気づいたであろうと思われます。 関数は、基本的にcontent.phpファイルをロードします。 しかし、より正確に表現すれば:

gallery 記事タイプの場合、content-gallery.phpを、quote文タイプの場合、content-quote.phpをincludeしようとします。 このような特定のファイルが存在しない場合content.phpファイルをロードします。 (ここ 参考)ユーザー文のタイプについては、 ここを参考にしてみてください。



コメントを残す

コメント