【ナクソジャン]力強く志望の男

Last Updated:2023年07月16日| 2のコメント
gravestone-lightning-Walter Summerford
画像:タンブラー

ウォルターサマーフォード(Walter Summerford)という男は、生前3回落雷を迎え死んだ後は、墓石にも雷が落ちたとします。 この程度なら、本当に力強く志望の男ではないかと思いますね。

しかし、ロイ・サリバン(Roy Sullivan)という人に比べるとサマーフォードは幸運な人であることがあります。 サリバンは生前7回雷を迎え、世界ギネスブックにも上がったね。 (この人は1983年に71歳で死亡したします。)


2のコメント

コメント

  1. 生きながら一度当たるのも難しい落雷を3回ずつ当てましたねㄷㄷㄷそこで死んでまで…

    こういうことを見れば言葉で説明できない何かがあるような気もした気がしますね…。

    落雷を7回受けても、71歳まで生き残った人も驚くべきことだㄷㄷ

    興味深い話紹介いただきありがとうございます! 笑

    応答
    • 年平均米国人1万人当たり0.41人、すなわち2万人当たり40人が稲妻のために死亡したことが分かったそうです。 だからアメリカ人が毎年雷に当たって死ぬ確率は1万分の2だそうです。 ところが、落雷を40回当てはめるには、1万分の240を1回掛けなければならないから(こうして確率を計算するのが正しいでしょう?)事実上、確率が0に近いでしょう。 ちなみに、よくわかりますが、ロト1等に当選する確率は8万14分の5だそうです。 (宝くじ60等に当選する確率が雷が一度当たる確率よりも低いです。) 上記の人々は、宝くじ1等に何度も当選する確率で雷が当たったと言えますねㅎㅎ (他人の不幸を持ってこれすべきではないのに…)

      応答