ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

【ナクソジャン]力強く志望の男

Last Updated:2020年11月15日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
gravestone-lightning-Walter Summerford
画像:タンブラー

ウォルターサマーフォード(Walter Summerford)という男は、生前3回落雷を迎え死んだ後は、墓石にも雷が落ちたとします。 この程度なら、本当に力強く志望の男ではないかと思いますね。

しかし、ロイ・サリバン(Roy Sullivan)という人に比べるとサマーフォードは幸運な人であることがあります。 サリバンは生前7回雷を迎え、世界ギネスブックにも上がったね。 (この人は1983年に71歳で死亡したします。)



2のコメント

コメント

  1. 生きながら一度迎えにくい落雷を3度もヒットですねㄷㄷㄷさらに死んまで...

    このようなもの見れば言葉で説明できない何かがあるのようでも考えがしますね....

    落雷を7回受けても、71歳まで生き残った人も驚くべきことだㄷㄷ

    興味深い話紹介いただきありがとうございます! 笑

    回答する
    • 平均アメリカ人1人あたり0.41人、つまり2バック40万人当たり1人落雷のために死亡したことが分かったします。 だからアメリカ人が、毎年雷に打たれ死ぬ確率は2バック40万分の1呼ばれます。 ところが、落雷を三回到達するために240万分の1を三回掛けなければだから(このように確率を計算するのが正しいのか?)、事実上の確率が0に近いものです。 ちなみに、よくご存知の通り、ロト1など当選する確率は8バック14万5千60分の1とね。 (ロト1など当選する確率が落雷を一度受ける確率よりも低い。)上記の人々は宝くじ1など複数回当選する確率で雷を迎えたとすることができますね(笑)ロトは、当選ならず、雷だけ合うというがトラップならトラップでしょうね。 (他人の不幸を持ってこうならないのに...)

      回答する