【ナクソジャン]父の怒り

Last Updated:2023年07月16日| | コメントを残す

最近になってぐんぐん凶悪犯罪が増加してヘル朝鮮という言葉が蔓延して社会の雰囲気がだらしないうちます。 しかし、このような現象が絹韓国にのみ適用されるものではないようです。 全世界が精神を収拾できず、日々残酷な犯罪が雨後の筍に示されているのが、現在の世代ではないかと思われます。

上の動画は連鎖殺人犯(Serial killer)に娘を失ったある父親が「もう私の娘の子を奪われたこの挨拶を心の中に許すべきではないかと思います」と話したときに殺人犯が恥ずかしく笑って、それを見た犠牲者の父が怒りに勝てずに殺人犯に向かって突進する映像です(記事原文).

娘を失ったが殺人犯を許すべきではないかと言うのはどれほど難しいのでしょうか。 しかし、殺害犯はそれを見て笑っています...

その連鎖殺人犯は死刑判決を受けたそうです。 被疑者弁護士は犯罪を認めて死刑判決を受けないことに主眼点を置いたそうですが…その状態なら上訴しても結果を覆すのは難しいのではないかと思いますね。

凶悪犯罪者はほとんど力のない女性や子供、あるいは高齢者を狙うもので見て、彼らは精神的におかしくてそうだったなどの理由は、私に言い訳しか聞こえないですね。 精神異常者であれば、女性だけでなく、健康な男性に向けても、犯罪を犯しべきではないかとすることが私の考えだが、そのような場合は、珍しいようです。 (精神病も丈夫な男性を相手にたあとは下手逆襲を受けることができるということを本能的に知っているでしょうか?)

釜山で女性を相手に聞かないで暴行犯罪を犯した被疑者は「人が悪魔にかぶせたようだった」と主張して精神病者のように見えますが、なぜこの人の目には女性たちだけが悪魔にかかったように見えるのかわかりません。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy