【ナクソジャン]いくつかのきっかけや機会

Last Updated:2023年07月17日| | コメントを残す
Source:http://www.miti3000.it/mito/musei/atene/atene5.htm
Source:http://www.miti3000.it/mito/musei/atene/atene5.htm

ギリシャ神話に出る機会の神「カイロス(Kairos)」は独特の姿をしています。 前髪はふわふわですが、後髪はハゲで、足には翼が付いています。 前髪が緑豊かなのは誰もが機会を捕まえるためであり、後頭が禿げた理由は機会が過ぎると捕まえられないようにするためであり、足に翼がついた理由はできるだけ早く消えるためだという。

これらのカイロスの外観は、「機会」の特徴をよく表現したようです。

誰にでも生きていきながらXNUMX回目が来るします。 しかし、機会に直面したときには、それが機会あるか否かを把握するのが容易ではなく、過ぎ私はじめて遅れ後悔することになるようです。 だからチャンスは準備されている人がキャッチする可能性が高くなるのでしょう。

これとは別に(あるいは「機会」と同じ意味で)人生の重要な変化をもたらす「きっかけ」があります。 もう一つの表現でマイルストーン(Milestone)あるいはターニングポイント程度で表現できるようです。 どんなことを疲れずに最後まで成し遂げられるようにする「動機」を付与するのが「きっかけ」ではないかと考えられます。

子供の頃に毎朝ミンビョンチョル生活に英語を楽しんで見たことがありました。 一日は、いくつかのタクシー運転手の方が出てきて、流暢な英語の実力を誇っていました。 司会者がその記事方どのように英語がうまくかと尋ねると、その分の回答が印象的でした。

その記事の方は本来は英語を全くできなかったそうです。 ところがある日、ある外国人が自分のタクシーに乗って英語で何と言ったんです。 タクシー運転手は英語をよく理解していませんでしたが、「ホテル」という言葉を聞いたのです。 だから「武神ホテル?」と尋ねたところ、外国人が「No、not無神ホテル。朝鮮ホテル」(正確なホテル名は記憶が加わります)、このように答えをします。 それでその記事の方が感じるようになったのです。 英語が星ではないね…年齢が入っても英語勉強する年齢が過ぎましたが、その時から努力して流暢な英語実力を備えるようになったそうです。

このようにまったく予期しなかった「計器」によって動機を与えられ、努力を終えて結果を引き出す場合をしばしば目撃することになります。 たまにどうすれば英語の勉強を上手にするかと聞く方がいます。 それから私は上記の話をします。 義務感で勉強をしてみると、すぐに疲れて良い結果を得ることは容易ではありませんが、ある動機を与えられて勉強をするようになれば疲れず、結局はその実を得ることが人生理ではないかと考えられます。 私たちに必要なこと チャンス(きっかけ、あるいは機会)を 変更する(変化)に変えることがないでしょうか?

Chance or Change


コメントを残す

コメント