ザッカーとムスクの舌戦:「AIの未来への理解が不足している」

Last Updated:2023年07月16日| コメントを残す

最近ナイロンマスクがAIの脅威についての懸念を示し者 Facebook CEOジャークバグがマスクのAI終末論を無責任だと非難んですけれど、ここにした Twitter ユーザーがジャークバーグの発言に関する記事を投稿すると、マスクはそのツイートに返信しました。

ジャークバーグはAIの未来を正しく理解していません...
ザッカーとムスクの舌戦:「AIの未来への理解が不足している」2

今日の中央日報に「作った人もよく分からないAI、人間の理解力を超えた「という興味深い記事が掲載されましたね。

このような現象が現れる理由は、今日AI技術の核心が自ら学習するマシンラーニング技術にあるからである。 過去には、開発者がプロ​​グラムに必要なすべての内容をいちいち手で入力し、そのためには、プログラム開発者の理解を超えてことは発生しなかった。

しかし、マシンラーニング技術を採用した、今日のAIは違う。 開発者がAIに、基本的なルールや学習能力を作ってくれて、データを入力すると、残りの部分はAIが分かっ体得する。 この「世話体得する部分」は、開発者に未知の領域に残る。 開発者がAIを中を知ることができない「ブラックボックス」と呼ぶ理由だ。

[出処:中央日報] [インサイト]作った人もよく分からないAI、人間の理解力を超えた

これとは対照的に、朝鮮日報では40年前に「試験館の赤ちゃん」の時も反発していた」としながら、AI楽観論者に関する記事が掲載されました。 このような主張は、ポイントをきちんとつかむことができず、AI問題の理解が不足していることに起因しないかと考えられます。

「試験管の赤ちゃん」技術の導入は雇用の創出に貢献しましたが(以前までなかった新しい雇用が生まれました)、AIはその逆の状況を生み出します。 人工知能が発展するにつれて、雇用が大量に消える危機に陥ったという問題の深刻さがあり、中央日報でも取り上げているように、AIが人間の理解能力を超えていることに懸念しなければならないようです。


コメントを残す

コメント