【ナクソジャン]モーツァルトの授業料

Last Updated:2023年07月16日| 2のコメント

35年と短い生を生きる600余曲の作品を残したモーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart; 1756年1月27日〜1791年12月5日)は、彼に音楽を学ぶために訪れる人には、まず尋ねる質問が必ず一つあった。

その日もモーツァルトの音楽を学びたいとした青年が訪ねてきた。 モーツァルトはいつもようにそう尋ねた。

"あなたは、音楽を学んだことがありますか?」
"はい、幼い頃からピアノを打ち、バイオリンも10年を学びました。」
彼の答えを聞いたモーツァルトはうなずいて、元の授業料の二重を出せて弟子として受け入れることにした。

ところが、しばらくした後、別の青年一つが訪れた。 モーツァルトは今回も「あなたは音楽を学んだことがありますか?」と尋ねた。 青年は「前の音楽を学んだことはありませんが頑張ります」で、モーツァルトが音楽を全く知らないことのために自分を戻さないかと不安だった。 しかし、モーツァルトは「じゃあお勧めします。 授業料を半分だけなさい。」と言って満足した笑顔をだった。

すでに2倍の授業料を出すことにした青年はそれを見て、「音楽を全く知らない人には、授業料を半分出せず、10年の間、音楽を勉強した人には、授業料を二倍に出せたら、それは不当な仕打ちはないでしょう?」とモーツァルトに抗議した。

するとモーツァルトは、その理由を語ってくれた。

「音楽を学んだ人を教えるとき、私はまずかすを収めています。 そしてそれは非常に難しい作業です。 その人が持っているすべてのものを破壊することは教えることよりも難しいことだからです。 しかし、純粋な胸を持っている人に教えることは非常に簡単なことです。 あなたが純粋な胸を持っている人だと思いますか?」

[出処:良いアイデア]


この記事は、ずっと前に「良い考え」(Positive Thinking)で触れながら心に触れることができ、好きな本の裏表紙に書いてありました。 でも今この文で感じる感じは当時とはまた違いますね。 XNUMX歳の癖まで行くということわざがあるように、間違った習慣を直すことは容易ではないというのは誰でも共感することです。 同様に、誤った考え(偏見、こだわり)を直すのはさらに難しいようです。


2のコメント

コメント

  1. ちょっと汚れているかもしれませんが、群れの時代にトイレにたくさん読んだ「良い考え」をここでまた見ています。
    うれしいですね(笑)

    物理的な習慣は、科学的に21日間のパターンの変化に変えることができるという文を見たことがあります。
    どのようなことでも21日間繰り返すと、習慣になるという記事があったことを覚えてんです、
    最後の段落に記載された偏見、頑固のような精神的な習慣を修理するには、あまりにも難しいようです。

    良い文ありがとうございます! 常に多くの学びを得ていきます!

    応答