WordPress Avada テーマでポートフォリオを設定する

Avada(ア海)は、最も売れたベストセラーワードプレスのテーマとして長い間不動の1位を守っています。 この記事を作成する時点で確認してみる257,000155,600コピー以上が売れますね。 (金額に換算してみると1,500万ドル900万ドルを超えね。 Wow ...単一ワードプレスのテーマでは断然独歩で驚異的なまでですね。)

WordPress Avada テーマ

デモサイトを見ると、非常に多様なHome version、スライダー、ヘッダ、ページテンプレート、ポートフォリオ、ブログレアアウトと機能を提供します。

実際にああ海のポートフォリオ機能を使ってみると非常に直感的にされていることを知ることができます。 ポートフォリオ文を書く画面は、通常の文章を書くの画面とほぼ同じで、いくつかのフィールドが追加されています。 (ア海のClassicデモをロードすると、各ポートフォリオを構成する方法を確認するのに役立ちます。)

ああ、海のポートフォリオ

プロジェクトカテゴリとSkills(技術)

Avada Project Categories  - ああ、海のプロジェクトのカテゴリと技術設定左側のパネルでカテゴリと適切な技術(Skills)を設定することができます。

プロジェクトURLなどを追加

Project URL Avada

書く本文の下にプロジェクトURL、Copyright URLなどを是正することができる設定が表示されます。

テーマオプションでの設定

特別な設定なしポートフォリオ文を作成してみるとデモで表示されているポートフォリオページとは別の方法で出てくることです。

Portfolio demo Avada - ああ、海のポートフォリオ

上記のデモのように表示されるようにするには、テーマのオプションで設定をしてくれるします。

AVADA>テーマオプション(Themes Options) 下の ポートフォリオ(Portfolio)で必要に応じて設定をしてくれるようです。 例えば、上記のデモのように特性の画像が左に表示され、プロジェクトの説明、プロジェクトの詳細内容が右側に表示されるようにするには、 幅(Width)をHalf Widthに設定てくれるようです。

Avada Portfolio  - ああ、海のポートフォリオ

その他いくつかの設定を微設定して、希望のレイアウトを設定することができます。

ページのポートフォリオに追加する(追加)

ページのポートフォリオを追加するには、Fusion Builder(フュージョンビルダー)で 最近の作品 要素を追加します。

ああ、海でのポートフォリオに追加する

上の図でFull Widthe Containerの右側にある鉛筆のアイコン(編集アイコン)をクリックして、詳細なオプションを設定することができます。 各オプションを調整しながら、実際の任意の形状にポートフォリオが表示されるかを確認して、最も好みのレイアウトを選択することができます。


ポートフォリオの設定動画(英語)

次のYouTubeビデオでは、ああ、海のテーマでポートフォリオ(Portfolio)を構成する方法について説明します。 全体的に見てみれば、どのようにポートフォリオを構成すればよい感がキャッチされています。 (既存の動画が削除されて、他の動画に置き換えました。)


ワードプレスは、多様なポートフォリオ形式のプレミアムテーマがあります。 この記事でスタイリッシュなワードプレスのポートフォリオのテーマ10線を紹介しているのでテーマを選択する際参考にしてください。 そして Enfold, Xのテーマ, BeTheme, Salient など、ほとんどの多目的テーマで自主的にポートフォリオの機能を提供するため、デモを通じて好みがあることを確認してもよさそうです。

注:


コメントを残す