구글 AdSense 広告ブロック

Last Updated:2019年03月04日| | 2のコメント

구글 AdSense 広告には、サイトの性質に合わない、または社会風速を損なう広告や電話で連絡を誘導する不良広告が表示されることがあります。 そのような広告は「ブロック管理」メニューに登録して広告をブロックできます。 ブロックする方法は、通常、要素チェックを介してサイトのURLを知ることができます。
bad adsense ads仮に上記のように WordPress ブログの左側のサイドバーに電話番号だけが表示されている広告の場合は、まったくクリックするのではなく電話連絡を引き起こす不良広告です。 この場合は、広告にマウスを合わせて右マウスボタンを押して、[要素のチェック](クロムから)を選択して広告主のサイトのURLを特定します。

次に、Google AdSense ページの[ブロック管理]ページでURLブロックリストに追加すると、広告がブロックされます。 広告は24時間以内に配信が停止されるとガイドラインに記載されています。

特定の広告主の広告をブロックするにはGoogle AdSense アカウントにログインした後に ブロック管理>コンテンツ>サイトをクリックします。

구글 AdSense 広告ブロック

「新しい広告や既存の広告をブロックするには、広告またはリンク先URLに表示される表示URLを入力してください」の下のボックスにブロックする広告主のURLを入力し、 URLブロックをクリックします。

敏感なカテゴリ]タブで、特定のカテゴリの広告をブロックすることも可能です。

AdSense 広告ブロック

許可またはブロックのブロックカテゴリを選択すると、そのカテゴリーの広告がサイトに表示されないようにブロックされます。

私は初期の性(性)のオプグプや扇情性、カジノゲームなどの広告をブロックしたが、現在は一つのカテゴリーのみをブロックし、残りはすべて許可に設定していました。 サイトに表示される広告は、訪問者の興味に合わせて表示されます。 (したがって、私のサイトを訪問したときに表示される広告と実際の訪問者がサイトに訪問したときに表示される広告は異なります。)

カテゴリーをブロックすると、表示される広告がそれだけ減るれ AdSense 広告収入に影響を与える可能性があります。

メモ:


2のコメント

コメント

  1. ユーザーに合った広告を表示させるが、実際にそのように出てくるかも疑問を伴うます。 もちろん私は検索したことが相次いで出ています。 ところが、全く関連のない占い広告やわいせつ広告が出てくるのを見るとそうでもないようです。

    応答
    • はい。 私は時々そのような現象を発見した。 表示する適切な広告がないのでそのようなのか、それとも一般的にユーザーに人気のある広告をランダムに1回ずつ表示するか分かりません。

      ちなみにWPFormsというコンタクトフォーム開発会社の提案に基づいてWPForms Proライセンス贈呈イベントを実施しています。
      しかし、参加率が低調ですね。〓〓
      時間いただけると、イベントへの参加お願いします。(笑)

      https://cafe.naver.com/wphomepage/524

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy