ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

【ナクソジャン] HIV感染者の人格権の人権機関の納得するのは難しい決定

Last Updated:2020年11月15日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

少数者と犯罪者の人権保護という美名の下行わ最近の一連の人権関連の決定を見れば、納得が困難な場合があります。 昨日人権機関が下したもう一つの決定を見て人権機関は何重要な忘れていないかという気がしました。

最近ヒト免疫不全ウイルス(HIV:エイズの原因ウイルス)感染者の歯科治療時に病院が感染を防ぐために患者の椅子などを大型ビニールで覆う行為が患者の人格権を侵害したというソウル市市民人権保護管の判断が出て議論が起きているとします。

ソウル市市民人権保護管は、昨年、ソウル市立ボラメ病院がしたHIV感染者(43)の歯科治療をしながら、必要以上の過剰な感染予防措置として、患者の人格権を侵害したという結論を下し、それに応じて、市民の人権保護管は、ボラメ病院に歯科スタッフ全員に人権教育をして、病院次元のガイドラインを設けよう勧告したね。

したエイズ患者がスケーリングを受けるために病院に行って、病院側が感染を防止するために手術室で使う大型ビニールを利用して患者の椅子と周辺機器を包んだのを見て「ひどい屈辱感」を感じ、これを聞いた人権団体3社がこれを非難する記者会見を開いたそうです。 これがきっかけとなって、ソウル市市民人権保護管が調査に着手したとします。

ビニールで包んだ診療椅子。 2015年10月HIV感染者がスケーリング治療を受けていたソウル市立ボラメ病院診療室患者の椅子がビニールで包まれている様子。 写真:ソウル市提供
ビニールで包んだ診療椅子。 2015年10月HIV感染者がスケーリング治療を受けていたソウル市立ボラメ病院診療室患者の椅子がビニールで包まれている様子。 写真:ソウル市提供

調査を担当した市民の人権保護管は、「医療関係者でさえHIV感染について十分に知らず、感染者に傷を与えた」と明らかにした。

私は理解しにくいことが、感染の保護次元で行われたビニールを見て「ひどい屈辱感」を感じかけた部分です。 事実、すべての患者に対して、このような措置をとることが合いそうです。 しかし、コスト的な面や時間的な側面のために、一般には、そのような措置をとることが容易ではない側面があるでしょう。

HIV感染者の場合、自分がエイズがどのように恐ろしいということをよく知っているので、むしろこのような措置をとらなければ、他の患者と医療スタッフのためにそのような措置を取ってほしいと要請した方が賢明な姿勢ではないかと思われます。

ところが保護措置を見て「ひどい屈辱感」を感じたし、またそれを人権団体が非難するのは何かが間違っているようだ。

エイズ感染の危険について一般人が過度恐怖感を持っていることは、ある程度事実だが、気をつけても悪いことは、ありましょうか?

そして、多くの人は、エイズと同性愛を連想するでしょう。 このような認識は、多少間違った側面があるが、だからといって、完全に間違った認識はないようです。 木のwikiによると、「同性愛者が全部エイズ感染者だと主張するのは行き過ぎ一般ファイザーホモフォビアの根拠として使われると主張しますが、 MSMのエイズ保菌確率が高いことから、男性の間で挿入性交(アナルセックス)の割合とエイズに100%は何の関係がないと見ることも間違ってある。 性少数者コミュニティもこの点を明確に認識しているので、エイズに関する医学情報、コンドームの使用かどうか、PrEP、定期的なエイズ検査などは、非常に活発な情報交換のテーマであり、特に注意する部分である。」と述べています。

エイズは性交、輸血や血液製剤を介して伝播、病院関連の従事者が針に刺されるなどの医療事故による電波、感染した母親から生まれたばかりのところに反映される垂直感染などのいくつかの感染経路を介して感染しますが、エイズの拡散原因が無差別セックスと同性愛と関連があるということは、よく知られているようです。

個人的には、犯罪者や性少数者の声が大きくなっている点については望ましくないと考えています。 犯罪者は、自分の罪のために対価を支払うのに過度犯罪者の人権保護はそのような趣旨に逆行するようです。 そして米国などでは、犯罪者の顔を問わず公開するのに対し、韓国は、いくつかの重犯罪者を除いては、顔や個人を公開することが制限されています。 その一方で、最近オム・テウンさん事件では、犯罪が確定していないのに、オム・テウンさんは、すでに世論裁判を受けて画像に深刻な打撃を受けたのに対し、オム・テウンさん香ばしい女性は、現在拘置所に収監された犯罪者だが、顔はおろか名前など、どんな身の上も明らかにしない二重態度をとっています。

多分オム・テウンさんがそのような店に出入りしたこともあり、また性交を持ったかもしれないが、それは後で裁判を通じて明らかになるものです。 しかし、殺人者といえども、あるいは性犯罪を犯して有罪判決を受けた牧師も名前や顔を全く公開されず、金某氏、あるいはパク某牧師などに匿名処理されるものとは違ってアンテウンさんがそのような犯罪とは比較にならない事件で疑いを受けているだけで、すべてが一つ一つ公開されるのは、在庫すべき事項があります。

そしてかつては自分の正体を隠した性少数者たちも、今公にカミングアウトをしており、今、それを非常に勇気のある行為で、ここにも明らか考えなければならないようです。 人が犯罪を犯せば隠れうとするのが本性です。 アダムが神の言葉を破って罪を犯すになると、まず最初に現れた現象が隠れることでした。 しかし、今犯罪者や性少数者が、むしろ大声(?)値は時代になったようです。

これにより、神は私達を恥ずかしい欲に出してしまい置いておらすぐお女たちも 道理通り書くこと変えヨクリにしがみつい このように 男性も道理通り女性の書き込みを捨て互いに向けて淫欲が火イルドゥトハメ男が男に加えて恥ずかしいことを行って 私たちのことごとく誤っに相当報いを彼自身に受けのである(ローマ1:26-27)

何が道理であり、何がヨクリかよく区別する必要があります。 男性が女性を捨てて男と一緒に関係を結ぶことは、「恥ずかしいこと」です。

不正者が神の国を相続れないことを知らないのか? 迷いを受けてはいけないエッチする者、偶像を崇拝する者、姦淫する者探索している者 藍色(Homosexual offenders)する者私...神の国を相続受けないであろう(6コリント9:10-XNUMX)

イエスは最後の時に「不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう "(マタイ24:12)というみことばをいただきました。 ここでいう愛と他人への愛も含まれて神への愛も含まれます。 このように、この時代には、人を配慮するよりも「自分を愛する」という利己的な現象が現れており、神に仕えるという人も、神を愛するよりもお金と欲望をより愛する現象が現れています。 韓国の有名ないくつかの牧師は退職金だけで200億に達するので間違ってもしばらく誤っだけは事実のようです。 そして、神の愛が冷め自分欲望のままに行なってみると牧師が性犯罪を犯す事件も退屈せぬように発生します。 カトリックも例外ではありません。

この世に存在するどの宗教よりも聖職者の強力な権限と一元化された組織体系を持っているカトリック教会で、いわゆる「小児性愛者」(pedophilia)によって行われたが、犯罪。 人権と社会正義の砦となるべき教会のイメージと権威にこれよりも大きな打撃はない。 1980年代半ばから、北米では、実際に被害者が相次いで世俗裁判所にセクハラ社製を訴えるようになっており、これに対する補償金のために、米国だけでも2004〜2011年に8個教区が破産を宣言する事態まで起きた。 また、この問題に微温的に対処してきた教区長が次々辞退し、2008年の場合、米国司教のが発表した補償額が26億ドル(約2兆7千億ウォン)に達した。 (カトリックニュース今ここ)

2008年の場合、米国司教のが発表した補償額がハンファで2兆7,000億に達すると、しかし、このようなことについて、人々は気にしないようです。

人権機関や人権委は決定を下す際に、犯罪者や聖水素子などの人権だけを過度に保護することがではなく、被害者の人権も考慮して、何がより重要かをよく判断した場合は望ましくないかと考えます。



1のコメント

コメント

  1. 全世界的にエイズ患者が減っているが、我々やのみ大きく増えているそうですね。

    有毒韓国だけエイズ患者が急増している国会保健福祉委員会の資料は衝撃的だ。 2000~2015年に世界のエイズ年間新規患者数は35%減少したが、韓国は逆に4.65倍に増加した。 韓国の年間新規エイズ患者数は2000年219人で2015年には1018人になった。 すでに3年目は毎年1000人以上ずつ増えている。 その結果、累積生存、インド512人で1万502人に20倍になった。 原因として同性愛と乱れ性生活が挙げられる。 ( http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20160927000430)

    応答