【ナクソジャン]イースターとイースター

Last Updated:2023年07月17日| 8のコメント

今日は神を信じているとする教会で最大の祝日の一つとして守るイースターです。 ところが、イースターの英語の表現は、文字通りResurrection Dayではなく、 イースターです。 なぜ」イースター「がイースターを指す言葉として使われているのでしょうか?

個人的にウィキペディアをあまり信頼する方ではないが、語源などについてはそれでも比較的概観的に出てくるので引用してみると…

イースターを意味する英語「Easter」とドイツ語「Ostern」は、もともとチュートン族が崇拝していた「春の女神」の名前に由来した。 イースター女神を称える期間は4月にあったが、この祭りがイースターと飼育祭の由来である(Source: Wikipedia)

つまり、イースターの名称が示すように、イースターつまりイースターは、北ヨーロッパのチューブトゥンジョクが崇拝していた春の女神の名前に由来したものです。 もう少し詳しく見てみると、バビロンに根を置いていることを知ることができます。

Easter is steeped in the Mysteries of ancient Babylon - an evil and idolatrous system invented by and promoted by Satan - the father of lies! (John 8:44、II Corinthians 11:14、1 Peter 5:8)Ishtar - the Babylonian goddess - is the one for whom Easter is named。 Ishtar is but another name for Semiramis - the wife of Nimrod。 Semiramis and Nimrod instituted the building of the tower of Babel and are the co-founders of all the counterfeit religions that have ever existed(Source: http://mystery-babylon.org/easter.html)

上記の文を読んでみると、最終的に太陽神ニムロデの妻であったSemiramis(セミラミス)のもう一つの名前がIshtarであり、Easterがこの名前で命名されたものであることがわかります。 そして、イースターの日付も初期の教会とは違って、ローマ皇帝によって強制的に決めたことも確認することができます。 また、イースターの象徴であるウサギと卵も聖書とは全く関連がありません。

私たちは、毎年守るイースターは325年の第1回ニカイア公会議で決定されたもので春分後の最初の満月の後の最初の日曜日である。 通常3月22日から4月26日までである。

ニカイア公会議は、ローマ帝国皇帝コンスタンティヌス1世によって、現在、トルコのイスタンブールであるコンスタンティノープル近郊都市ニカイアで開かれた議会で、キリスト教の最初の東西両教会が集まった世界の会議である。

西洋でイースターを象徴するウサギはその由来が不明である。 そのうちの一つの由来は、異教徒の伝統から出てきたと推定している。 「Eostre祭り」がそれなのに、その祭りは豊かさと多山の女神を称えることで、その象徴がウサギだったという。 ウサギは繁殖力が良く、伝統的に豊かさと多産の象徴として知られています。 キリスト教公報)

イースターバニーの由来は不明であるが、異教の伝統から出たものと推定しているTIME誌で明らかにしています。 日も聖書とは無関係に、春分を基準にして満月(満月)の後の最初の日曜日に規定して守っています。 ここでもイースター名称が異教徒の祭り(イースター女神を称える祭り)に由来したものであること知らせています。

Easter Egg  - イースターエッグ由来

実際、現代の教会で守られているほぼすべての季節/習慣は、同様に異教徒に由来しています。 たとえば、EBSで放映された」真っ赤な嘘、「クリスマス」の秘密「放送を見ると、クリスマスの起源について詳しく教えてくれます。

おそらくいくつかの方は心が重要ではない、それはそうしないと重要かと抗弁するか分からないが、教会で異教徒の祝日や習慣をそのまま受け入れて祭り事保つことは皮肉しないことがあります。


8のコメント

  1. 文よく読みました。 イースターが英語でEasterという事実は、最初に知っていたね。

  2. 「おそらく、ある人たちは心が大切で、それが何ほど重要なのかと抗弁するのか分からないのですが、教会で異教徒の祝日と慣習をそのまま受け入れて祭りの日として守ることは皮肉ではありません」

    日曜日(Lord's Day)も太陽神を崇拝していたローマの習慣です。 と言って、ある精神がちょっと不思議な分徳宅に地獄の扉が開かれました。 笑

    ああ、翻訳日​​だから言語にも興味があるかもしれませんが、このイエス、Jesusという言葉も真…。

    Alphabet "J"はわずか4-500年前に作られたものです。

    ギリシャで欧文に翻訳され、名前が変形されたナンセンス言い訳を並べ置かだけという事実は、Zeus(ゼウス)新の名前を持って付けただけです。

    でも、こういう音を公開的にしたのは、..その余波がすごいでしょう…ケ。 >。

    • 事実、「イエス」という名前は当時ユダヤ社会では非常に一般的な名前であり、イザヤ書の預言によると、処女が息子を産むことになりますが、その名前を「イム・マニュエル」とします。どれくらい難しかったかを推測できます。 「イムマニュエル」という名の意味は、「神様が私たちと一緒になされる(巨大な)」という意味で結局「イムマニュエル」神様は、神様が人になってくることの予言だったのです。

      イエスという名をヘブライ語にすると「Yeshua」がありますが、新約聖書はご存知のようにギリシャ語で書かれ、名前が「Ἰησοῦς(Iēsous)」と記されています。 結局Iesousを英語に移しながらJesusになったのです。 それでは、JesusはZeusに由来していますか? これを把握するには、どうやらZeusのギリシャ名称から確認してみることが正しいでしょう。

      Zeus(/zjuːs/ zews; [3] Ancient Greek:Ζεύς、Zeús、[zdeǔ̯s]; [4] Modern Greek:Δίας、Días[ði.as])was the sky and thunder god in ancient Greek religion、who ruled as king of the gods of Mount Olympus。 His name is cognate with the first element of his Roman equivalent Jupiter.

      上記のようにZeusのギリシャの名称はΖεύς(Modern GreekはΔίας)です。 もしJesusではなく、Zesusとするならば、ある程度説得力を持つことができると考えられます。

      では、なぜIがJに変わったかも少し検索してみました。 Wikiには、次のように記載されていますね。 (私のwikiはよく信頼していないが、語源については、どの程度正確と思われる。)

      The letter 'J' originated as a swash letter i, used for the letter 'i' at the end of Roman numerals when following another 'i', as in 'xxiij' instead of 'xxiii' for the Roman numeral representing 23. A distinctive usage emerged in Middle High German.[3] Gian Giorgio Trissino (1478–1550) was the first to explicitly distinguish I and J as representing separate sounds, in his Ɛpistola del Trissino de le lettere nuωvamente aggiunte ne la lingua italiana ("Trissino's lets as ) of 1524.[4] Originally, 'I' and 'J' were different shapes for the same letter, both equally representing /i/, /iː/, and /j/; but Romance languages developed new sounds (from former /j/ and /ɡ/) that came to be represented as 'I' and 'J'; therefore, English J, acquired from the French J, has a sound value quite different from /j/ (which represents the initial sound in the English word "yet").

      Matthew様を通じて、このような見解があることを初めて知ってい興味深いことに検索してみたが、どうもIがJに変わった独自のそこまで推測するのは無理があるようです。

      Lord's Dayの場合、ハングルで「週日」ですが、漢字で「主日」になります。 したがって、「イエスの日」がいつであるかを見ると、聖書的な「週」がいつであるかがわかります。

      For the Son of Man is Lord of the Sabbath。 (Matthew 12:8)
      Then Jesus said to them、「The Son of Man is Lord of the Sabbath。 (Luke 6:5)

      これにより、実際の「週」は日曜日ではないことがわかります。 しかし、なぜ「日曜日」を「Lord's Day」で守っているのかは、教会歴史を見れば簡単に分かり、このような内容についてはカトリック出版社が出版した本にも詳しく記載されています。 カトリック出版社で書かれた本には、次のような詩もあります。

      But since Saturday、not Sunday、is specified in the Bible、is not it curious that non-Catholics who profess to take their religion directly from the Bible and not from the Church、observe Sunday instead of Saturday? Yes、of course、it is inconsistent; but this change was made about fifteen centuries before Protestantism was born、and by that time the custom was universally observed。 They have continued the custom、even though it rests upon the authority of the Catholic Church and not upon an explicit text in the Bible。 (「The Faith of Millions:The credentials of the Catholic Religion "、pp。400、401、O'Brien)

      つまり、カトリック教会の権威(Authority)によって安息日から日曜日に変わったとカトリックが出版した本で明らかにしています。 ご存知のように、日曜日の礼拝はローマのミトラ(太陽神)の祝日に由来するものです。 それにもかかわらず、「日曜日」の礼拝を使徒時代から守ったと主張するのは…一般人たちだから知らないのでそうかもしれませんが、牧師やちょっと学んだという方々がそのように主張するのはどのように理解すべきか分かりません。

      • ワードクラッカー様も私のように、睡魔がお持ちでないようです。 (笑)

        「もしJesusではなくZesusと言えば、ある程度説得力を持つことができると思われます」 - ローマに行ってこのJesusという言葉がどのように発音されるかを一度聞いてみると、この主張がもっと説得力があるかもしれません。 ㅎㅎ(ゼウスと発音します。)

        私にはישוע(イエシュア:イエス)は非常に特別な意味がある単語と私は私の首逃げも無条件ישועです。 (笑)

        なぜ名前ひとつに命をかけるのか、Jesusならどうなのか、Yeshuaならどうかと疑問に思うかもしれません。

        ところが、エホバ(ドイツの発音エホバ)という言葉は、ヘブライ語で「釘を見て、手を見なさい」という意味で解決することができます。 だからイエシュアという言葉は「釘を見なさい、手を見なさい、救う」。 という意味です。

        だから私には自分の命よりも大切な名前です。 もちろん、他の方々がJesusということのせいません。 ただ、私は彼の正しい名前を呼ぶということだけです。

        インマヌエルは名前ではなく形容詞です。 「主」も形容詞です。 関係を表す形容詞です。

        週間について、私はいくつかの日が正しい日であるこのような主張をしません。 なぜなら使徒パウロはこう言ったからです。

        一部の人々は、いくつかの日を特別に良い日思っ一部の人々は、ある日、稲田同じだと思います。 とにかく、それぞれの信念を持っている必要があります。 (ローマ14:5)

        ちなみにカトリックは土曜日にミサ(礼拝)があります。 土曜日の日もしたい人は、礼拝を見に厥、2第二次世界大戦の足発展ファティマで発現した聖母マリアの
        叱責と深い関連があることもあります。

        「私の息子の日はどのように日曜日ですか?」 「土曜日がちゃんとした日なので土曜日の日ミサを過ごせよ」 - 若い牧童たちにこう言ったそうですね。 ㅎㅎㅎ

      • 「ある人はある日を特に良い日とし、ある人はいつも同じだと思います。
        --> この言葉が果たして礼拝日を日曜日を守っても安息日を守っても構わないという意味でしょうか?
        この部分について考えて見なければならないようです。
        使徒パウロの時代に日曜日の礼拝やクリスマス、あるいはEasterがあったでしょうか?
        上記の言葉は一つ、他人の季節の中でどのようなことが、より重要なのかを言う者がいて、使徒パウロがした言葉です。
        神の定めに守らなければなられる日(季節)がすべて重要信仰に基づいて守れという意味で、聖書にない日曜日の礼拝やクリスマスを選んで守れという意味ではありません。

        You hypocrites! Isaiah was right when he prophesied about you:「「These people honor me with their lips、but their hearts are far from me。 They worship me in vain。 their teachings are merely human rules」」(Matthew 15:7-9)

        このように「human rules」を守れば、神様を無駄に崇拝するとイエス様がはっきり言っています。
        多くの人が信じさえすれば救われると思うが、聖書の言葉には、また、次のような言葉もあります。

        「Not everyone who says to me、「Lord、Lord、「will enter the kingdom of heaven、but only the one who does the will of my Father who is in heaven。 22 Many will say to me on that day、「Lord、Lord、did we not prophesy in your name and in your name drive out demons and in your name perform many miracles? 23 Then I will tell them plainly、「I never knew you。 Away from me、you evildoers!」(Matthew 7:21-23)

        Evildoerと、最終的に神の意志どおりにせずに人のルールに沿っては、人々を意味します。

        平面に点をXNUMXつ撮ると、数多くの線が描かれます。 人々は「信じるだけで救われる」というその点一つを引用し、人々が作ったルールを守りながら、信じるだけで無条件に救われると思います。 (それで現在、数多くの教派が世界中に乱立しています。一つの点だけを見て解釈するから数多くの解釈が出てくるのです。)

        Look in the scroll of the LORD and read:None of these will be missing、not one will lack her mate。 For it is his mouth that has given the order、and his Spirit will gather them together。 (Isaiah 34:16)

        しかし、平面の上に別の点があります。 「信じるだけで救われる」という言葉と共に「信じるだけで救われるわけではない」(Matthew 7:21)と言われています。 )」ともお知らせしています。

        I warn everyone who hears the words of the prophecy of this scroll:If anyone adds anything to them、God will add to that person the plagues described in this scroll。 19 And​​ if anyone takes words away from this scroll of prophecy、God will take away from that person any share in the tree of life and in the Holy City、which are described in this scroll(Rev 22:18-19)

        いくつかの行為をすることが聖書によりになるものであり、どのような行為をしないことが、聖書の言葉で抜くのか真剣に悩んでみる必要があるようです。

      • 私に「主よ、主よ!」 と呼ぶとみな、天国に入るわけではない。 天におられる私の父の意志を実践する人でなければ入る。 (マタイ7:21)

        「ここで核心は「父の意を実践する人」です。父の意を実践しなければ天国に入ることができないとも解釈できます。什分の一のような律法をよく守ることが父の意を実践するのでしょうか、それとも、貧しい隣人を私の体のように見せ、病気で貧しい人々を見ることが父の意志を実践するのでしょうか。

        「土曜日と日曜日の礼拝日を区別する問題で希望の日に礼拝したいと思えば、今日の日曜日の礼拝を守る教会は7日を通して礼拝を見る形に変えなければなりません。」

        毎日早朝/毎朝ミサ(礼拝)があります。 主に年配のおばさんたち、おばあちゃんたちが参加ですよね。 (笑)

        ちなみに私はカトリック教徒ではありません。 私は宗教がありません。 信仰もありません。 (目で見ることができず、耳で聞けなかったことを実際と主張する行為を「信じる」と言います。目で見て耳で聞いたが、私は信じるとは言えません。)

        ただ、私は天の父を知って、父も私を知っておられ、私にシキシヌンことに最善を尽くして誠心誠意しようと努力するだけです。

        いくつかの義務感、または救いなければならない、このような強迫観念からは絶対にありません。 ただ、神を愛しているからです。

        どのようにすれば救いを得るかを考えたこともありません。 天国行くの救いでしょうか? 救いの正確な意味もよくわかりません。

        宗教や律法や教義や、いくつかの宗派間の意見の相違が、私はこのような問題に全く関心がありません。

        毎日私のやるし、シキシヌン仕事よく処理し、それだけです。 (笑)

        そしてワードクラッカー様がこのように目を覚ましてある方いただき、このような会話を交わして親密な関係をすることも私には大きな喜びです。 ^^

      • 多方面でのMatthew様の知識を使用してたくさん学んでいます。

        多くの人が考えるようにチャトハンことをするとチョングクガだろうし、漠然と思っています。 このようなことについての質問と回答が聖書に記録されています。

        Just then a man came up to Jesus and asked、 "Teacher、what good thing must I do to get eternal life?" "Why do you ask me about what is good?」Jesus replied。 「There is only One who is good。 If you want to enter life、keep the commandments」「Which ones?」he inquired。 Jesus replied、 "「You shall not murder、you shall not commit adultery、you shall not steal、you shall not give false testimony、honor your father and mother、「and」love your neighbor as yourself。」「All these I have kept、「the young man said。 「What do I still lack?」21 Jesus answered、 "If you want to be perfect、go、sell your possessions and give to the poor、and you will have treasure in heaven。 Then come、follow me」(Matthew 19:16-21)

        金持ちの青年が「私が何か良いことをしなければ永遠の命を得るのか」と尋ねました。 この金持ちの青年も、どんどん聞いたことがあったのです。 「探したことをすれば天国に行けた」と同じ言葉です。 イエスは「あなたが命に入るためには戒めを守れ」と言われました。 しかし、青年は戒めを守りましたが、何が不足しているのかと尋ねます。 (事実青年は戒めを戒めとしてのみ守ったのですが,その中に隠された意志までは理解できませんでした。)ですからイエス様はみことばをくださいます。 あなたの所有を売って貧しい人々に与えなさい。 結局、金持ちの青年はイエス様を去ります。 その理由は、イエス様を結局信じられなかったからです。

        イエス様を信じるなら、イエス様の御言葉を守ることで確証ができます。 戒め自体で救われることはできません。 戒めはキリスト(救い主)に導く先生として働きます。 だからといって戒めを守らなければ、神様を正しく知ることができなくなります。 戒めを守らずに「愛する」というなら嘘だと言ってくれます。

        The man who says, "I know him," but does not do what he commands is a liar, and the truth is not in him. (1ジョン3:4)

        ここで、命令は、イエスが3年間守りながら教えてくれたすべての戒めだろう。 (日曜日の礼拝、クリスマス、感謝祭、イースターなどはなおさらないよ。)

        この部分についてちゃんと話をするには数日かかっても全然できないようですが... 簡単にたとえ話を聞いて説明すると、
        …両親が子供に「道を渡るときに注意しなさい」、「遅く入ってはいけない」、「勉強頑張りなさい」という言葉をよくします。 しかし、幼い時には、そのような言葉を「小声」で聞くことになります。 「両親だけを愛すればいいのですが、なぜそんなことを言わなければなりませんか? ただ私がしたいとおりにします。」 戒めも同様です。 私たちは見える世界しか知らないから、見えない世界の理想まで考えて、神様が戒めを与えられ、戒めを守れば救われると教えてくれましたが、人々はそれを小声で聞くようになり、気に入るだけ守り、気に入らないことを守らないようにします。 親がする「早く入ってきて。勉強頑張って…」という数々の当事者の中には、実は子どもに向かった親の人が入っています(他の家の子供たちにはこんなことを言うこともありません)。 しかし、子供がそれを実現できないのです。

        実際、真のクリスチャンなら、善行は基本的に備えなければならない項目になるでしょう。 信じない人々はクリスチャンの行動を見て神を判断するようになります。 「あの人は神様を信じながら行動がなぜなんですか?」と言えば結局、神様を貪食することになります。 そのような人が救われることができるかどうかを考えなければなりません。 (多くのクリスチャンは悪い行動をしても神様はみな許してくれるだろうし、徹底的に信じていますが、それは大きな錯覚です。知って悪い行動をするのは法律で重みを処罰する方法です。) しかし私たちはそのような「自称」クリスチャンたちたくさん見て、新聞に悪いことに関わって拘束される牧師などをたくさん見ます。 本当に残念なことが起きているのですね…

      • 「結局金持ちの青年はイエス様を去ります。その理由はイエス様を結局 信じなかった ですから」 - はい、そうなので、使徒パウロはこう言いました。

        「私が律法を守ることによって神との正しい関係を得るのではなく、私はキリストを 信じる時 私の信仰を見て、神は私をあなたとの正しい関係に置いてくださるのです。」(フィリピ3:9)

        人間の努力で先行をして法を守り、罪を犯さないように努力することを「ゴミと考えている」と使徒パウロは証言します。

        この内容について、最初のポールワッシャー牧師の説教を聞いたとき(私の努力で善良に生きようと努力するとき、すでにズレているという内容)私は多くの混乱が来て、簡単にわかりにくかったが、今は聖霊の導きれることによって、生きていく人生の意味を理解しています。

        ただ精神与える入れて、すべてを置いて、何もこだわらず住んでいいんですよ。 (笑)

        父と落ちない生活、すなわち聖霊とし、聖霊が導きのに、わたしはそれに沿って行けば、常にそのような生活をし求めて祈ります。

        実は私はיהוה(主)を知ったか数年されていない人です。 20年近く無神論者だったんですから。

        2011年2月に私の人生が根こそぎ前後どの事件があったし、その後は全く異なる生活(精神的な意味で)を生きています。 いくつかの巨大なことが起こったのではなく、ただ家で緑茶一杯飲んが第創造に会った。

        それで、どんな深みのある信仰を持っているわけでもなく、ただ聖霊が導かれるのですが…これ一つだけです。

        ああ、牧師、ちょうど素人です。 司祭はありません。 だから牧師から、より完全な生活を送らなければなら、このような観点、私は間違ったと思います。 人は誰でも一度倒れることができます。

        しかし、私はいくつかの判断もありません。 イエシュアはこう言われたよ。

        Do not judge ye lest be judged。 人審判しないで、あなたも審判受け取りたくない場合。 (マタイXN​​UMX:7)

コメントは締め切りました。