イセドルに勝ったアルファゴ、このイベントが示唆するところは…

Last Updated:2016年08月02日| 2のコメント

AlphaGo and Lee Sedol Baduk  - アルファとイ・セドル囲碁大会

今日行われたアルファゴとイセドルとの最初の囲碁大会はアルファゴの勝利で終わりましたね。 前半に少し後半に少し見ましたが、すごいとしか言​​うことがありません。 中盤にアルファゴが二度ほど大きな間違いがありましたが、イセドルもミスする風に囲碁が結局人工知能アルファゴが勝利が収めました。 多くの方々がテレビやインターネットを通じてこの囲碁を視聴したようですが…… 内心勝利を期待したのに。

今日はイセドルになりましたが、明日はおそらく勝つのではないかと思います。

事実、人工知能がいつか人間を越えるという点は既定事実化されており、ただその時期がいつかがカギだ。 その時期が今なのか…それとも1~2年後に延期されるのか…

人工知能の発達で多くの分野の職業がないだろうという暗鬱な予想が支配的な現状況で私が身につけている翻訳分野も非常に一部特殊領域を除いては機械が翻訳した内容を検討(Review)するレビューアに戦略する時期がますます近づいていきます。 約1年前に私が書いた」今後の技術分野の翻訳の方向...「という文でこのような懸念を示したことがありますが、その時期が思ったよりも早く近づいてくるようです。


2のコメント

コメント

  1. イ・セドル9段が今日として3連覇をしましたね。 私は囲碁はまったく知りませんが、個人的に見ると、現在アルファゴの能力はAIの学習能力というよりはGoogleが保有する莫大なリソースネットワークと演算速度に起因したようです。 ネットワークに接続されたクラウドコンピューティングシステムと隔離されている人間一人との対局というのは、1対1対局とは見えず、すでに傾いた競技場で勝負をするのと同じですから。 とにかく、スピードと効率性という面では人間がコンピュータに追いつけないのはすでに既定事実であり、変化する世界で生き残るためにも、人間らしさとか人間の固有の価値が何かについて真剣な悩みをしてみなければならない時がされたようです。 自動化されたツールについては積極的に活用する方法を身につけなければならないという考えも持っています。 投稿はよく見ています。 常に建ててください。^^

    応答