AI時代、人間の未来は? 「まさに逆に行っている」

チャットGPTの登場で触発された人工知能(AI)の急速な発展は、私たちの社会と労働市場に直接影響を与えています。遠い未来のことだと思いましたが、AIの波及力は思ったよりもはるかに速くて強力に迫ってくるようです。

AI時代、人間の未来は? 「まさに逆に行っている」

JTBC Newsで放映された<「まさに逆に行っている」…減って風>というタイトルのニュースで特に高学歴、高所得「ホワイトカラー」職種に対するAIの脅威を照明していますね。

AI技術は驚くべきスピードで発展し、多くの分野で人間の能力を越える成果を見せています。 Googleなどの巨大企業はAI技術への投資を大幅に増やし、これにより業務効率の最大化を図っています。しかし、このような変化は大規模な構造調整などの副作用を伴い、特に高学歴事務職の雇用に大きな脅威となっています。実際、AIの影響で、多くのGoogleの多くの従業員がGoogleを離れなければなりませんでした。

人工知能が発展しても「創造的な職業」は安全だと予想したが、まさに反対方向に流れているGosam Altman OpenAI CEOは指摘しています。実際にそんな方向に流れているようです。

例えば、アメリカの作家組合が人工知能(AI)技術の発展が作家の生計を脅かしていると大きく反発しています。彼らは、AIが作家の言語、スタイル、アイデアを模倣し、著作権のある数百万冊の本や文章を「食糧」のように使用していますが、その代価で何の報酬も受けていないと批判しました。作家たちはAIによって生成された文が氾濫することで人間作家たちの職業を脅かしていると大規模ストライキをした事件が国内メディアに紹介されたりしました(」アメリカ作家組合「AIが生計脅威」集団反発、韓国状況は?"参照)。

我が国の場合、コールセンターの職員が解雇される事件がメディアに報道されることもありました。 AIが発展を重ね、医師、弁護士など高級ホワイトカラーの職業まで脅かしています。

AIの発展により既存の多くの雇用が消える一方、新しい雇用の創出可能性も高いと専門家らは見通しているようです。

単純統計業務関連職業など多くのホワイトカラー職種が消え、肉体労働も単純な労働はAIと結合したロボットが代替するものと見られます。

代わりに、配管技術者などの肉体労働を必要とする専門職の職業は比較的安全であるようです。しかし、若者が肉体労働を避ける傾向が強く、労働現場では、年上の人々がほとんどであるのが現実です。

実際に大工の仕事をする私の知人は、専門家としてのおもてなしを受けながら満足しつつも、力がかかるという理由で技術を学ぼうとする若い人たちが稀であるという点について惜しんでいました。昔はスキルを学ぼうとしてもよく教えてくれなかったので、学ぶのは簡単ではありませんでしたが、今はスキルを学ぼうとすればむしろ歓迎してくれるそうです。それにもかかわらず、肉体労働が必要な専門職はますます老齢化になって、人が不足している現象が発生しているようです。

AIが機会でありながら、一方で脅威に近づいています。今後どのように食べて生きるべきか悩んでみるべき時期ではないかと思います。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。