WordPress ユーザー定義文のタイプについて

Last Updated:2023年07月16日| コメントを残す

機会があれば ユーザー定義文のタイプを使用して音楽レビューセクションを作ろうかと考え中ですが、 WordPressは、現在文(Post)、ページ(Page)のようなユーザー定義文のタイプ(Custom Post Type)があり、あえて新しいカスタム文のタイプを作成する必要があるかと思いをします。

まず、ユーザー定義文のタイプ(Custom Post Type)が何なのか調べてみると、 WordPress Codexページでは、次のように説明しています。

WordPressは、多くの種類のコンテンツを保有して表示することができます。 そのようなコンテンツの単一の項目を文(Post)と呼ばれ、文はまた、特定文のタイプの一つです。 内部的にはすべての文のタイプは同じ場所に保存されます。 つまり、wp_posts database tableに格納されpost_typeというカラムによって差別化されます。

そして文の種類について

ユーザーが使用することができたり、 WordPress インストールから基本的に内部的に使用されている文章の種類には、5つがあります。

Post (Post Type: 'post')
Page (Post Type: 'page')
Attachment (Post Type: 'attachment')
Revision (Post Type: 'revision')
Navigation menu (Post Type: 'nav_menu_item')

上記の定義では、ユーザー定義の文型が何であると表現するのがあいまいな点があるようです。 ある場所では、「ユーザー定義の投稿タイプ」を WordPress サイトで異なるコンテンツの種類を区別するように定義することもね。 つまり、種類の異なるコンテンツをどのように表示するかの問題だと考えてください理解が速いようです。

ユーザー定義の文を作成する方法は、多く記載されています。 プロセスの複雑ではあるが、必要な場合、別の文のタイプを一つ作ることができます。 個人的にはあえてユーザー定義文のタイプを使用する必要があるかという気がしたりもします。 つまり、基本的に提供されているPost文の種類を応用しても十分に目的の所期の目的を達成することができると考えます。 (あるいはプラグインを使用してもドゥェゴヨ)

仮に カスタムフィールド(Custom Post Field)からも、個々の文に新しいフィールドを追加することができますので、これを活用して、新しいフィールドを追加して、希望の方法で表示することができます。 その後、あえて複雑なプロセスを経て、ユーザ定義文のタイプを作成する必要まではないという考えです。 また、ユーザー定義の文のタイプは記事の表示方法まで、新たに定義する必要がし検討する使用が増えるため、初心者には容易ではないでしょう。

この点にもかかわらず、完全に新しく特定の種類のコンテンツを表示するのが簡単な場合は、カスタム投稿タイプが良いオプションになる可能性があります。 (機会があるときに「ユーザー定義の文型」についての深い内容を扱いましょう。)

注:ユーザー定義の文の種類をホームページに追加する

ユーザー定義文のタイプを作成すると、自動的にサイトのメインループに含まれていません。 ホームページに追加するには、次の関数を使用します。

function custom_conference_in_home_loop( $query ) { if ( is_home() && $query->is_main_query() ) $query->set( 'post_type', array( 'post', 'your_custom_post_type_here') ); return $query; } add_filter( 'pre_get_posts', 'custom_conference_in_home_loop' );

この関数の詳細説明は、 ここを参照してください。

参照


コメントを残す

コメント