ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

1965年に予想された21世紀生活

Last Updated:2020年11月14日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
西暦2000年の生活のあれこれ
元老漫画イジョンムン画伯が1965年に35年後の未来を想像して描いた作品「西暦2000年の生活のあれこれ」。 (未来創造科学部提供)。 出典:News1

韓国漫画家協会副会長を務めた元老漫画イジョンムン画伯(76)が1965年に発表した「西暦2000年代の生活のあれこれ」という作品が改めて注目を集めています。

当時国産白黒TVも生産される前の状況であることを勘案すれば、実際に驚く可能性があります。

学生時代時21世紀の生活を描く空想図宿題がたまにありました。 その後、ほとんどのロボットが登場し、タクシーが空を飛んで、潜水艦に乗って海底を探索するほどでした。

上の図では、自宅で勉強し、小型TVと携帯電話を持っ通話する場面などは、実際の目撃している状況です。 しかし、21世紀になると、船に乗って月の国に修学旅行に行くという予想をたくさんしたが、まだ遠い話です。 事実、最初の月に足を踏んだ後、かなりの時間が経ったが、宇宙科学技術は、安定化段階に入っかからなかったようです。 (ただし、最近の民間宇宙会社「スペースX」が推進体をリサイクルする技術を成功したこと画期的な進展です。)

未来になると、石油の代わりに風力、太陽光などの環境にやさしいエネルギーが普遍化されるだろうと予想したが、二酸化炭素の増加に異常気象が日常化された時代に生きていますね。 そして、誰がお金を与えて、水を買って食べる時代が来ると予想したでしょうか? また、AIの発展のために多くの仕事が脅かされる状況に置かれていて、世界はテロとの戦争の脅威に、より危険になったようです。

今後35年後の世界はどのように変わってでしょうか? 今よりも安全になって人々は、ロボットの市場でより便利な生活をするようになるでしょう? それとも多くの映画で取り上げたように憂鬱な未来が開かれるでしょうか?

個人的には、Google翻訳などAI翻訳発展のためにすぐに翻訳系に大きな変化が予想される状況に置かれています。 いくつかの記事では、今後5年や10年後に機械翻訳の品質は人間翻訳をアプソゲされると予想したりしますね。 実際にそのようになるか見られるだろうが、業界全体で大きな打撃が来ることは明らかに見えます。 この時まで卑しい実力で長く翻訳で生計を維持してきたが、5年あるいは10年後には何をしているか分かりません。



3のコメント

コメント

  1. もし最悪の状況を除いて、最も積極的に未来を見ると、映画月のEで出てきた未来ではないかです。

    https://uploads.disquscdn.com/images/7b1f04a36ea69c4be78fa24a4a01e2563a47262a5577e45239fb1c93ccd9881c.png

    人間がこれ以上動かずソーセージのように変化されているのです。 そして、すべてのこと機械がやって人間は家畜のように飼育されます。

    https://uploads.disquscdn.com/images/e4b0593bbf489eaa33f5a34413ad5240a8bebe7dde8db1269173321eccfa35b4.jpg

    最悪の状況は、マトリックスやターミネーターのような機械が支配して人は奴隷のように住むか、または機械のマトソレジスタンス活動をして生きるよ。

    https://uploads.disquscdn.com/images/9ca0ffee2d77960b7f541653ddb22430d36fa05ed09a4f0c8d7c10bbd590d6bb.jpg

    それとも核戦争後に放射能降下物の中で、ゾンビのように取得していますか(笑)

    回答する
      • 映画見れば分かるBNRという超法規企業が運営するピナンソンに人類がすべて乗って地球はゴミの長されている状態です。

        船内で生まれ、教育等のすべてを担当しているので、親機業績情緒を吹き入れて洗脳させる場面を見ることができのです。 概してピクサー映画がないそんなだけども骨のユーモアが慇懃あります。