一枚の写真に込められた人生...

2

おそらく食傷素材であることもあるだろうが9gagというギャグサイトに掲載 "Life in One Photo」というタイトルの写真です。

幼いときはいつ大人にされるがと思ったことがあった、今生きてきた日々を振り返ってみると20〜30年の歳月が本当に刹那のように流れて行ってしまいましたね。

特に20〜30代は私が何をしたか分からないほど、あっという間に過ぎて行ってしまった感じです。

ヨロ(YOLO:You only live once)という流行語があります。 「一度だけの人生 "楽しみながら生きようという意味を持っているそうですね。 「人生は一回の機会」であるため、楽しみながら生きる人生より意味のある人生を生きるために努力するという確約をしてみます。

メモ:

2のコメント

  1. 「楽しみながら生きる人生より意味のある人生を生きるために努力しよう。」 - 意味のある仕事をする人がその仕事を楽しまずしている場合もありますか? 私の考えでは、不可能と思われる。

    ナイロンマスクが、「ハ、私はテスラCEOするのがとてもつらい。」こういわはないんですよ。 ふふふ

    いくつかの政治家や事業家や芸術家や自分の仕事があまりにも辛いなら、その仕事を降りておけば十分です。 ところが、そのようにしていません。 なぜなら楽しんいるからです。 (笑)

    映画一方撮れば最小数十億を受けていた一流のハリウッド俳優たちの中、後の年齢が含まれて端役でも機会があれば、その映画に出演された様子を見ます。 絶対お金が宮して、その端役を厭わない方はないんですよ。

    その写真は、初めて見る写真だが、

    「人生を生き、友人として私をここ配偶者があるのはどのように素晴らしいことか?」 という考えが浮かんできます。

    また、「互いに顔を見ても、互いに良くふふふ笑いをされている配偶者と住んでいる私は本当に幸せだな」 という気がします。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください