コロナ19追加接種(2価ワクチンなど)のレビュー

Last Updated:2023年11月08日| コメントを残す

韓国は2020年1月20日、国内初のコロナ19確定者が発生してから3年4ヶ月ぶりの去る5月に「エンデミック」(endemic・日常的流行)を宣言することで事実上コロナが終息しました。 その後もコロナ感染者が着実に発生していますが、今は風邪やインフルエンザ程度に認識されているようです。

2023年11月1日からコロナ19予防接種対象年齢制限がなくなり、今は誰もが望むと予防接種ができるように変わったと知っている医師先生が教えてくれました。 あえて当たる必要はありませんが、今週月曜日に追加接種(2価ワクチンなど)を行いました。

コロナ10予防接種

記録次元でこれまでに受けたコロナ19予防接種をまとめてみました。

  • 一次接種(1年2021月8日):アストラジェネカ - AZ接種後27日目と2日目に虐殺症状があり、少し大変だった記憶が出ますね。
  • 二次接種(2年2021月9日):ファイザー - 接種後28日目と2日目に少し虐殺の症状がありました。
  • 3回目の接種(2021年12月27日):ファイザー - 少し微熱と頭痛の症状を経験し、虐殺の症状はありませんでした。
  • 追加接種(2022年12月28日) - 当時モザーナを迎えたようですが、正確に記憶は出ませんね。 軽い虐殺の症状。
  • 2価ワクチンなどの追加接種(2023年11月6日):モザナ - 熱はなく、若干の体殺の症状がありますね。

今はワクチンを当てても症状がほとんどないだろうと医師先生が言われましたが、以前に比べてそれほど症状がひどくなくても少し虐殺症状が現れました。 2日目の昨日の午後は少し大変で、その後からはタイレノールを服用するので目立った症状はありませんね。

田舎地域では、年齢の高齢者を対象に追加接種をお勧めしているようです。 しかし、一般人を対象としては年齢制限なく追加接種を受けることができるという事実を政府で積極的に広報することはありませんね。

予防接種をしてもコロナにかかるのは仕方ないようです。 私は誠実に(?)予防接種を受けましたが、二度コロナにかかりました。 ワクチンを当てた場合、重症になることを予防できると言うので、可能であれば予防接種をするのも大丈夫そうです。 もちろん、選択は個人の自由です。

ワクチンの副作用に対する懸念のため、コロナ予防接種に拒否感を持つ方もいらっしゃると思います。 私の周りにも、コロナ予防接種後に異常症状に苦しむ方がいらっしゃいます。 副作用が疑われても政府から認められないため、いかなる補償を受けることができない場合がほとんどでしょう。 逆にワクチン接種後に目がむしろ明るくなったという方もいらっしゃいますね。

参照


コメントを残す

コメント