ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

コレイルシステムのバグでお盆列車乗車券前売り失敗

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

先ほど午前6時からお盆の帰省列車の表前売りがインターネットを介して開始されました。

私は0.1〜2秒程度遅れほぼ正確なタイミングでクリックして、比較的高速な大気番号を割り当てました。

コレイルシステムのバグでお盆列車乗車券前売り失敗2

1364人の接続待機中であるというメッセージが案内ウィンドウに表示されました。

2〜3分ほどしてから900人台減少たらウィンドウ突然自然閉じてしまいますね。〓〓

もう一度クリックするから待機が16000人以上がいますね。

システムをこのように不合理に作るか分かりません。 これからは祝日とき列車を利用せずに高速バスを利用したり、車で移動しなければならないようです。



2のコメント

コメント

  1. 受講申請時ソモクヌンペテンだが、あのように接続者が集まるとき、ブラウザのウィンドウを複数開いておいて5秒間隔で接続するのがお勧めです。 どうせ待機順番が抜ける原理は定刻にクリック一優先に聞かせてくれるので、(待機優先であることだが、実際にはないですね)は未読にウィンドウ複数の接続するのが高速です。

    そして、コンピュータのパフォーマンスやら回線速度も突き抜け入る大きな影響を与えます。 私の場合、ゲーム用コンピュータ(4.6ghz i7)に変えてからは、このような待機順番掘削がより容易になりますね。 マルチコアよりカンクロックがノプウンゲ重要と思われる。 まだブラウザも4コア以上はきちんと活用ができないのが実情だから

    回答する
    • 私も窓をいくつかの載せるとどうして数年前から考えていたいざ実際に接続するときに使い果たしていたね。

      まさかコレイルのような大規模な公企業がそのように粗末プログラムを作成したのだろうと思うこともあるが、今回ちょっとなく待機ウィンドウ終了されることを見ると十分に受け入れられるようなペテンのように見えます。

      回答する