祝辞奴隷、塩田奴隷事件が消えない理由

Last Updated:2023年07月17日| コメントを残す

祝辞奴隷

最近清酒で祝辞を運営するキム某氏夫婦が知的障害者の叔母氏なんと19年間無労賃に強制労働させた事件が発生しました。 絹この事件がそれほど驚いていないのは、イトウルマンと一回、このような事件がニュースで報道されるためであると思われる。 近くには2014年に発生した塩田奴隷事件があります。

では、なぜこのような事件が再発されているのでしょうか? 昔労働力が耳だった時代に知能が低下したり、行き来のない人を連れてきて家の使用人のように仕事を甘やかす食べ時代があったが、それは遠い昔の話であり、今では21世紀の先端の時代に、なぜこのようなことが発生するかどうかを息苦しいだけです。

その理由の5つがまさに綿毛網が処罰のためだという点は専門家たちがみな認める内容のようです。 我が国法によると、「強制的に仕事をさせたときは、3年以下の懲役または3千万ウォン以下の罰金刑、賃金未払い時は2年以下の懲役またはXNUMX千万ウォン以下の罰金刑」に処されるという。 しかし、労働力搾取のためにコさんをお金取引したのなら 刑法人身売買容疑が適用され、2年以上15年以下の懲役刑この宣告されることができるとします。

一見すると、障害者を保護することができる法的装置が細かいと思われるが、中をのぞいてみると、必ず圧縮が正しく行わだけでもないですね。 障害者を甘やかす食べ賃金をきちんと与えていない事業​​主が厳罰を受けた事例は珍しいという問題があります。 塩田奴隷・ガレージ奴隷加害者のほとんどが執行猶予で釈放されたとします。

一人の人生を根こそぎ台無しも軽い処罰を受けることになるので、このようなことが繰り返されるのは見方をすれば当然ではないかと思われます。 このような面では、イスラエルの旧約聖書の法律が韓国の法律よりも公平ではないかという気がするほどです。

人が自分の兄弟、イスラエルの子らの一人を後運ん彼のくちばしたり板が発見なれば、そのフリン者(英語:kidnapper)を殺すち、このようにしてあなたがたのうち、悪を除チニラ(申命記24:7)

「フリンザ」をNIV聖書では「kidnapper」つまり、「拉致者、誘拐者」になっています。 このように弱者を拉致し、奴隷として赴いた者は殺されるようにイスラエル旧約法では規定しています。 この程度までではなくても、より強力な法律を施行して、このような事件が再発しないようにすることが重要なようです。


コメントを残す

コメント