ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

真の記者精神使命感

Last Updated:2021年6月26日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

トルコの現職警官の主トルコロシア大使襲撃殺害場面をカメラに生き生きと描いたAP通信の写真記者呼びしたウェジュビレッジは、死の脅威の中でも写真を撮って悲劇的な出来事を世に発表しました。

彼はたとえ「けがをしたり、死ぬかもしれないが、ジャーナリストであるため、私の仕事をしなければならいた」と明らかにした。

Even if I get hit and injured、or killed、I'm a journalist。 I have to do my work。

真の記者の精神が何なのかを知らせるようです。

しかし、韓国はどうですか? もちろん、真の記者の精神を持った人も多いだろうが、事実を歪曲することは簡単で一般的悪意のある記事を作成する、いわゆる「期レギ」が記者たちの画像をぼかしておくよう残念です。

そして呼ぶなウェジュビレッジは記者としての使命を持って、自分の仕事に最善を尽くしています。 しかし、最近、韓国で開かれた国政監査をみると、韓国の将来がどうなるかはなはだ気になるのは私だけでしょうか?

国政監査に出てきた人々が、政治家であれ、企業であれ、軍人でも、さらには一般人(民間人)でも一つのようにとぼけで一貫して偽証もはばからないのを見ると、韓国が腐っても正常に腐っていることを感じることができました。

弾劾に政治的に生命がほぼ終了した朴槿恵大統領から開始して、前の高位公務員など、誰も責任を負おう自己一つなく、大統領という方の国がどのようになろう気にせず非論理的な抑止回答お互い憲法裁判所の弾劾手続きを最大限にずらそうするのを見ると、その苦しさを言葉で果たすことができない状況ですね。 誤った指導者がどのように国を台無しにすることができているかよく見せてくれるようです。

小失う牛舎修理はことわざがありますが、多分小失っ牛舎も直さないしていない状況が今後広がってないか懸念されるのはなぜでしょうか? 次期大統領選では、潘基文が出馬することが有力になっています。 もし潘基文が保守を背負っ大統領になったら、韓国の未来はどうなるでしょう? UNも歴代級で無能と噂になった分なのに...



コメントを残す

コメント