中東発ハルマゲドンのドアが開きますか?

Last Updated:2024年05月22日| | コメントを残す

最近、国内外の情勢がめまいです。ハマスの挑発によって引き起こされたイスラエル - ガザ戦争は、今やイランなどの周辺諸国に拡戦される可能性が濃厚な上項に至りました。このためロシアとウクライナの戦争は人々の関心外に押されたようです。

イランでまで戦争が確実になれば、本当に中東発ハルマゲドンの扉が開かれるかもしれません。

中東発ハルマゲドンのドアが開きますか?

中東発ハルマゲドンが現実化するのか?

四面草原に追い込まれたイスラエルのネタニヤフ首相は今回の中東戦争を政権維持のための道具として活用するという非難を受けていますが、ネタニヤフは戦争をやめる気配を見せません。戦争をやめれば、ネタニヤフ首相は権力を維持できないと専門家たちは口を集めています。

このような点が現在のイスラエル・ハマス戦争がハルマゲドンの扉を開く始発点になるのではないかと心配になります。

現在、世界情勢が乱れていますが、人々は穏やかです。直接ダメージがないからでしょう。しかし、戦争が中東全域に拡大すれば、物価が急騰するなど、世界経済に深刻な打撃を与えるというのが専門家たちの一致した評価です。

問題はイランなど周辺国家が戦争に参加することになれば米国が中東戦争に集中するしかなく、そんな隙を狙って中国と北朝鮮が誤った判断をする可能性も排除できない最悪の状況が展開される恐れもあります。

「ハルマゲドン」あるいは「アマゲドン」と言えば、イ・ヒョンセの漫画を思わせるお年寄りもいらっしゃるだろうが、聖書にたった一回登場する「ハルマゲドン(Armageddon)」は、他作の庭や戦争庭を意味し、世界の終末を語るときによくある。使用されます。

また、私が補売カエルのような三つの汚れた霊が…全天下王(指導者)たちに行って、神、まもなく全能な者の大きな日に戦争のためにそれらを集めた。ダラ...

ヨハネの黙示録16:13-16

世界が乱雑になると、様々な噂が飛び交いながらさらに混乱するようです。今ニュースにも予言者たちの予言について扱っていますね。

明らかなのは、時間が経つにつれて地球が生きにくい場所に変わるということではないかと思われます。昨年は特に異常気候のため厳しい一年でした。地球温暖化を神話で治めた政治家や科学者たちもいたが、各国が経済のため地球温暖化に微温的に対処しながら、今は戻れない臨界点を超えたという専門家たちの意見もあるようです。

地球温暖化により穀物生産に打撃を受けると、戦争がより頻発することは容易に推測できます。

ハマスの人質拉致事件から始まった イスラエルとハマス間の戦争このイランまで介入する状況で行かないか、多くの人が心配しています。一方、一方ではあまりにも太平に生活していることもあります。これからなることを知っても、特にできることがなくてそういうことかもしれないと思いますね。

一部の専門家は、トランプが執権できるようにネタニヤフが戦争を続けると見ている。そんな見通しが当たって落ちると、現在の混乱した状況が米国大統領選挙が行われる今年11月までは持続する可能性があるようです。

私は国内の政治と世界の政治に関心がありませんが、ますます指導者の資質が疑われる人々が大統領に当選するようです。特に気に入る人材がないことが多くの人々の率直な心情ではないかと思います。トランプのような人物が大統領に当選したときにとても驚きましたが、今は無感覚になりますね。

参照


コメントを残す

コメント