中国囲碁系人工知能(AI)不正行為疑惑一波万波

Last Updated:2022年12月22日| | コメントを残す

去る12月21日、世界囲碁戦の一つである第14回春乱杯世界プロ囲碁選手権大会準決勝戦で中国ランキング2位のリッシュ・アンハオ9段が世界ランキング1位の新進書9段を圧倒しながら決勝に進出して中国タンウェイシン9段に勝った変賞日9段と優勝を競うようになりました。

中国囲碁系人工知能(AI)不正行為疑惑一波万波

中国囲碁系人工知能(AI)不正行為疑惑一波万波

これに対し、8強でリシュ・アンハオ選手に一方的に負けたヤン・ディンシン9段が、リッシュ・アンハオの人工知能チーティング(不正行為)疑惑を提起してから、中国囲碁界で大きな話題となっています。

リシュ・アンハオ9段は中国で20~30位圏の記事だが、今回の春蘭船機戦でほぼ人工知能の実力を見せながら、世界首脳圏にある新進書9段とヤンディンシン9段を圧倒的に勝つことになると、これまで中国プロ記事サイトからリシュ・アンハオについて持ってきた疑惑が確信に変わり、ヤンディン神が銃を負い、SNSを通じて暴露するようになったようです。

リーシュ・アンハオは2020年度まであまり頭角を示さなかったが、一人で人工知能で勉強しながら良い成績を収めています。 しかし、この記事は他のプロ記事とは異なり、まったく交流をせず、インターネットで他の記事と囲碁を置かないという。 一人で人工知能を活用した研究だけで、短期間で世界最高の記事を圧倒する実力を持つということについて、ほとんど否定的な視点で見ているようです。

中国は去る1~2年の間新進書9段に気を伸ばせず戦前に誇りに思ったが、最近第27回LG船朝鮮日報世界紀王戦でヤン・ディンシン選手が新進書選手を準決勝戦で制圧しながら決勝戦に進出し、春乱杯でもリーシュアンハオ選手が新進書に勝ち、せっかく祭りの雰囲気でしたが、ヤンディン神の疑惑提起で困った状況になりました。

ヤン・ディンシン騎士が電子機器受信にならないところでトイレも行かない条件でリッシュ・アンハオ選手と20番機を置いて自分が負ければ引退するとSNSに上げ、中国起源の仲裁で7番機が成し遂げられるようです。

コロナのために非対面オンライン対局が増え、囲碁の記事が人工知能(AI)の使用誘惑を受けています。 実際、我が国では去る2020年「囲碁天才」と評価されたキム・ウンジ2段(当時給水)が人工知能を活用したチーティング行為で資格1年の懲戒を受けたことがあります。 この事件をきっかけに韓国起源は「人工知能プログラムの使用禁止等」に関する所属記事内規を新設し、規定違反時の資格停止3年又は除名の懲戒が下されるよう規定しました。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy