ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

死んでいくチンパンジーと人間の最後のお別れ

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

今年5月にYouTubeに上がってきた映像ですが、40年以上の友情を続けてきたチンパンジーと人間の最後の瞬間を収めた映像が穏やかな感動を与えています。

ママ(Mama)というチンパンジーが普段患っていた病気が悪化し、さらにソンスルできない状況に達し、飼育係が与える食べ物と水の両方を拒絶したまま憂い憂い死んでいく状況が映像に出てきます。

そうするうちにヤン・ファン・フープと呼ばれる教授がママが危篤だという知らせにチンパンジーを見に行ったときも死にかけていたチンパンジーが教授を見て口を大きく開けてウトヌンガと、腕を長く伸ばしてフープ教授の頭や顔を撫でまでしながら嬉しを表示します。

40年以上の友情を続けてきたチンパンジーと人間の最後の瞬間を収めた映像が感動を伝えている。

昨年5月にYouTubeに上がってきたした映像は、オランダのロイヤルバーガーズの動物園で撮影されたもので、力なく横たわっている雌のチンパンジー「ママ」がその主人公だ。

映像が撮影された当時ママは59年間続いた生の最後にあった。 普段患っ疾患が悪化し、さらにソンスルできない状況に達し、飼育係が与える食べ物と水の両方を拒絶したまま憂い憂い死んでいく状況だった。

そのママを見に行った人は、現地の動物学者ヤン・ファン・フープ教授であった。

フープ教授とママの縁は1972年にさかのぼる。 フープ教授は、野生動物の保護のためにママを動物園に移し、長い間、直接世話きた。 44年間フープ教授とママは熱い友情を築いていった。

ママが危篤だという知らせを聞いたフープ教授は一歩に駆け付けママに会った。 力なく横たわっていたママが信じられないほどの反応を見せたのはその時だった。

フープ教授を見たママは、口を大きく開けてウトヌンガと、腕を長く伸ばしてフープ教授の頭や顔をなでながら嬉しと愛情を示した。

そして、二人はしばらくの間お互いを抱きしめて離さなかった。 愛する家族同士の最後の挨拶を交わす姿と大きく変わらなかった。

[출처: 서울신문에서 제공하는 기사입니다.] http://nownews.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20171019601006#csidxf4165c0adb7de28b74d9cd24af08ace

映像を見て、胸が詰まっています。

会う時あれば別れる時がある法が、愛する人との別れは誰迎えしたくない瞬間である。 愛する動物との別れも星変わらないようです。

天下すべてのことに期限(期限)があり、すべての目的のために、これを時、彼ら
日時があり、死ぬ時があり心時があり植えを抜く時あり
殺すに時があり、治療することが時ありハル時があり立てる時あり
ウール時があり笑う時あり悲しむに時があり踊れる時あり...

 



コメントを残す

コメント