ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

罪を背負った人が保護を受ける社会

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

法は、最初かな? それとも罪が先かな?

法がない場合は、罪を罪認識しなくなります。 法の前に罪が存在するが、罪を罪思わないので法が必要になります。

姦通罪が廃止されてから2年になりました。 今日不倫を犯した当事者に不倫の事実を発表したが、むしろ罰金を受ける事例についての記事が載っね。

姦通関連名誉毀損事例
姦通関連名誉毀損事例。 出典:ソウル新聞(http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170503009006&wlog_tag3=naver)

以前であれば不倫を犯した当事者を訪ねて恥を与えることがあったが、今そのような行為は、名誉毀損の疑いで処罰を受けることになるとします。 今不倫の事実を周りの人々に知らせたという理由ではなく、不倫に苦しむ人が、むしろ名誉毀損罪で処罰される社会になった。

姦通が死文化されて廃止したものについては、まだ賛否があるようです。 一部では、復活しなければならないのかという意見もあって。

不倫は昔からあったが、最近のようにつけておいて大声値社会は明らかではなかった。 問題の深刻さがここにはないかと思われます。

ホン・サンス監督と俳優キム・ミニが不倫説に包まれても堂々と公開席上に顔を出すのを見ると、私たちの社会が確実に変わったのようです。

私は数年前に自宅でTVをなくしました。 最大の理由は、ドラマのためでした。 ドラマを見ると、不倫に3角関係は基本的に登場するので、そのようなことを見ていれば、「ああ、あのようにしてもかより」、「他の人もみなあの住む何」このような考えが銀聯中、私たちの心の中に位置することになるでしょう。

もちろんドラマが社会像を反映しているが、間違っ行為がドラマを通じて拡大生産され、多くの人々に影響を与えることは問題ではないことがないと思います。

最近時早い大統領選挙のために社会が揺れでいますが、特定のメディアでは、同性愛者にも配慮していない大統領候補を糾弾する記事も出てきています。 最近、オーマイニュースでは、大統領選挙候補の写真を虹色に着色し、 "We are here、we vote too"フレーズで同性愛者も投票権があることを示唆した万が載りました。

虹の旗が同性愛者を象徴した理由は、虹の様々な色がLGBT(ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダー)と呼ばれる聖水ライオンの多様性を示すためだとね。

もちろん多様性も重要であり、包容も重要だが包容することがあり包容てはならないことがあるという点は、考えてみる必要があるようです。

姦通(不倫)がたとえ刑法では「罪」がされていませんが、後にはむしろより大きな対価を支払うことができるということを周知することが重要ではないかと思われます。 はじめに間違ってあることは、良心的に知っているがすぐに大きな不利益が従わなければ罪に塀についてようになっています。



コメントを残す

コメント