ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

日本の総領事の「売春婦妄言」よりも動揺することは...

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
日本の総領事の「売春婦妄言」よりも動揺することは... 2
出典:eporternewspapers

最近篠塚隆米国ジョージア州アトランタ駐在日本総領事が「慰安婦はお金を受け取った売春婦」という妄言をして波紋を引き起こした。

しかし、波紋が大きくなると、日本総領事は自分の発言を覆し、アトランタの現地WABE放送に「ノースアトランタ地域のレポーター Newspaperとのインタビューで、被害者がお金を受け取った売春婦との発言をしたことがない」と言い逃れしていますね。

篠塚総領事は、公開された録音記録から「20万人が奴隷として動員されたという事実は、1990年代と2000年代の日本政府も、韓国政府の資料でも確認されなかった。それについていくつかの証拠も発見されなかった。だから、まずこれは歴史の事実である」と主張しましたが、それはおそらく私席で、アトランタ市長に慰安婦は売春婦と話をしたこと見えますね。

日本の高官たちの妄言は、昨日今日のことではないが、韓国の対応方法も情けないペアがないようです。 聯合ニュースに、私の記事によると、...

レポーター Newspaperは、この問題と関連し、アトランタ駐在韓国総領事館に立場を要求したが、連絡がつかなかったと伝えた。

国内外で話題になれば、少なくとも韓国を代表する総領事なら本国と協議して立場を言わなければならすることが適切ではないでしょ? 記者が韓国総領事館に立場を要求したが連絡がつかなかった場合、記者と他の人がどう思うかポンハルようです。

どんな子供でもなくダイビングに乗って国格を落とすよう切なさを越えて話までね。

いっそないほうがましだではないかと思いますね。



コメントを残す

コメント