インターネットの名誉毀損文にどのように対処するのがいいかな?

5

インターネットが普及され、私たちは、情報の洪水の中で生きています。 今多くの情報の中には、適切な情報もあるが、虚偽の情報も飛び交っています。

このような多くの情報の中から玉石を選り分けて有益な情報を活用することを知っている知恵が必要な時代です。

事実、人々はよい内容はよく覚えていなくても刺激的な情報、否定的な情報は、よく覚えています。 例えば、いくつかの会社や特定の個人に対して99の良い情報と1の否定的な情報がインターネットに上がってきているとすれば1%に過ぎない否定的な情報のために、その会社や個人に対して否定的な考えを持つことができます。

特に記者の目には、良いニュースは、別の記事の通りがされていませんが、否定的な情報は、良い餌になることがあります。 だから否定的な情報が拡大生産されて事実とは異なって歪曲されている場合も多いようです。

今日どんな方 WordPress のように、スタンドアロンのブログに一方的に不利な誹謗文が上って来て投稿停止要求をしたいのですが方法がないだろう解で、ここに少し考えてみました。

名誉毀損が確実な場合、法的に対応することができますが、この場合、時間がかかるしかなく、場合によっては無嫌疑判決たり有罪判決出ても罰金を少し噛んで仕上げられているのが普通のようです。

だから法的に救済しようとする場合、判決が出る頃に被害を回復することができない場合が多いのが現実です。

多くの場合には、裁判所に行くより、その前に解決するのが最善ではないかと思われます。 例えばどんなことをした後、お金を受けられない場合でも、法的に解決するには、時間もかかり、裁判所が行ったり来たりする、なかなか面倒なものはありません。 だから内容証明も送って(ただし、法的効力がほとんどなくても)直接訪ねて行って圧迫を加え何とか受け止めることが最先のことができます。

同様に名誉毀損文が上がってくると、直接告訴をするなどの法的手段を講じより迂回的な方法で圧力を加えて文を降らせることも一つの方法です。 (告訴をすると、むしろ問題化されて、より不利な状況が発生することもあるようです。)

昨年二つの面白いことを経験しました。 一つは、どのような WordPress プラグインメーカーが私の文の一つが自分たちの権利を侵害すると言いながら、その文を下にほしいと要請する警告状をこのブログがホスティングされている Bluehostに送信しました。 だから Bluehost 法務チームで私の関連事実を知らながら、その文を削除することを要請しました。

このように 権利侵害文が上がってきたサイトがホストされているホスティング会社に直接名誉毀損の事実をタイムリーな警告状を送信する方法も考慮してみることができるようになります。 弁護士人や会社法務チーム名に送信より圧迫されていないかと思います。

そして昨年、Adobeから私の文の一つが自分たちの著作権を侵害したとして、Googleに申告をしました。

私はGoogleからの警告メールを受信し、面倒なことに巻き込まれることが嫌なので、その文だけ削除しました。

このように、Googleに法的削除要請をするのも一つの方法です。 https://support.google.com/legal/answer/3110420で、Googleの法的削除要請をすることができます。 その後、そのサイトの管理者は、Googleからその文が権利を侵害したとして、Googleから削除される電子メールを受信します。

もしサイト運営者がそのようなセガスムなら、そのメールを受け取るとすぐすぐに文を削除することもあるでしょう。(笑)

韓国のように名誉毀損に寛大な国も珍しいようです。 悪質な書き込みのために有名芸能人が自殺をし、一時、社会問題化がされて、以前よりよくしたものの、まだ権利保護が不十分ではないかと考えますね。

もし意図をして名誉毀損文を繰り返し掲載する場合、実際に防ぐことができる方法はないようです。 そのような場合は時間がかかり、その文のために被害を見ても、直接訴訟を提起しなければならないようです。

ちなみにサイバーで名誉毀損を受けた場合、サイバー名誉毀損で告訴をすることができますが、初犯の場合不起訴処分される可能性が高いとします。 そして事件が送致されても、相手が刑務所に行ったり罰金に処せられる可能性も低いので、最近のサイバー事件はのためにできるならキャンセルや合意を勧誘するね。

*実際に名誉毀損されたと思われる場合は、まず弁護士などの法律の専門家に相談して適切な対応の方向を決定してください。 上記の文は個人的な意見に過ぎません。*

*いくつかの文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。この投稿はGTranslateを使用して翻訳されています。

関連記事

コメント5件
  1. マシュー

    「韓国のように名誉毀損に寛大な国も珍しいようです。 「 - ホオアール... 絶対しません。 事実をタイムリーもミョンウェ毀損で処罰されることができる国が大韓民国です。

    かつて私は、名誉毀損を英米法のdefamationという意味で考えていたが、今はこの名誉毀損という概念に合った英語の単語が存在しないと思います。 なぜなら、英米法や大陸法で事実をタイムリーした場合は、絶対に処罰することができないからです。

    事実を事実だと言ってたのに処罰される国は、私が知って国中、大韓民国が唯一です。

    1. Word

      通常名誉毀損とは、「虚偽事実流布による名誉毀損」として理解することですが、事実を流布した名誉毀損が成立するのは、少し過剰な面があるようです。

      一方では、一度インターネットに流布されると、元に戻すことができず、持続的で反復的に悪用(?)になることができますので、そのような部分も考慮されたことは分かりません。

      1. マシュー

        事実時による名誉毀損訴訟が虚偽事実流布による名誉毀損よりも多くのことで分かっています。

        韓国の名誉毀損訴訟はワード様に思われるように、ある人を卑下したり、侮辱して進めなるのはありません。 そのような場合は、侮辱罪と別にます。

        事実時による名誉毀損訴訟が頻繁な理由は、一つの例として、

        いくつかの整形外科医によって顔が台無しにされた女性の方が訴える時もなく、あまりにも悔しいので(韓国法は、医師が人を殺してもあまり処罰を受けません。シン・ヘチョルのような有名人を殺しても何..実刑もない歳くらいですから)自分の悔しさを、インターネットを介して明らかにします。

        その後、その医師がその被害者を相手に名誉毀損訴訟をして、勝訴になります。 被害者は、自分が被災した社。室。を明らかにしだけだが、その医師は、それによって、営業に支障を受け損失を明らかに見たよ。 このように加害者を保護しようと存在するのが韓国の名誉毀損法です。

        http://www.ltn.kr/news/articleView.html?idxno=2985

        そして、今後数十年が経っても韓国名誉毀損法は変わらないでしょう。 なぜなら、国会議員の大多数、このような加害者を保護する名誉毀損法が自分に必ず必要だからです。

        聖書を私たちにどのように教えますか? いずれの場合も、真実を言うようしていませんか? ところが、真実を言えば処罰される世界が大韓民国なのです。

  2. 株式

    私の知る限りでは、インターネット上で作成ハングル名誉毀損など法的効力が確実に適用される国は韓国しかないと聞きました。 外国では、インターネットに書かれた文章が法的効力があまりないね。 インターネットの掲示板で見ることができる、いわゆる分度器とドリップや判事ドリップが海外にはない理由がまさにこれが原因ではないかです。 もちろん、虚偽事実の流布や、このようなものについては強力に対処することは確かだが単に実名が記載されたりしたという理由で無差別告訴を進行する場合もあったが、このようなことは法の盲点がないかです。

    特に自分のブログに実名と顔写真、携帯電話の番号をかけておいて問題となる文を投稿した後のコメントに入ってくる個人攻撃のみを集め与える告訴をして示談金を強要出して暮らす新概念 Naver ブログがありますね。 良いアイデアのようでもが知っている人の中に弁護士や法律事務所に勤務している人がいない以上、個人がするには非常に疲れに見えるパッシブ?インカムと挑戦を試みる意欲はないナドグンヨ笑

    1. Word

      米国では、逮捕だけされても、新聞に顔が載ってあることを見た韓国は人権打令をしながら
      殺人をしてもよく公開をしないので... 加害者をより保護する奇妙な方法も問題になります。

      楽しい正月連休になってください^^