人生はBCDです - ゆで選択の連続 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

人生はBCDです - ゆで選択の連続

Last Updated:2022年4月10日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

「人生はBCDです」(Life is C (Choice) between B (Birth) and D (Death))は、フランスの有名な実存主義哲学者であり、小説家であるジャン・ポール・サルターが言った。 BはBirth(誕生)、CはChoice(選択)、DはDeath(死)の略です。 人間は生まれて死ぬ瞬間まで絶えず選択をして生きるという意味だ。 すなわち、人生は選択の連続と言える。

人生はBCDです

人生は選択の連続 - 一日平均35,000回の選択をしながら生きる

それでは、私たちはどのくらいの選択肢を持っていますか? ある研究によると、些細な選択まですべて合わせて35,000日平均XNUMX回の選択をするという。

In fact, some sources suggest that the average person makes an eye-popping 35,000 choices per day. Assuming that most people spend around seven hours per day sleeping and thus blissfully choice-free, that makes roughly 2,000 decisions per hour or one decision every two seconds.

実際、一部の報告によると、人々は一日平均35,000回という驚くべき回数の決定をするという。 ほとんどの人が7日2,000時ほど眠るとすれば、これは時間当たり約2回の決定をし、XNUMX秒ごとにXNUMXつの決定をすることに該当する。

ソース:https://www.psychologytoday.com/us/blog/stretching-theory/201809/how-many-decisions-do-we-make-each-day

寝る時間を除けば毎時間約2,000回の選択をし、これは2秒ごとにXNUMXつずつ選択をすることに該当する。

このような数多くの選択のうち、有意な選択は一日平均150回程度となり、大きくて小さな決定のうち真剣な決定は30回程度になるという。 私たちが決める決定の中で良い選択をする回数はどのくらいになるのでしょうか? 良い選択をする場合は、150回のうちわずか5回に過ぎないこのように、私たちは多くの場合間違った選択をしながら生きています。

過去を振り返れば後悔になる選択が多い。 大学進学時に別の場所を選んだとしたら、私の人生はどうなったのだろうか? 最初の職場を決めたときに別の場所を選んだ方が良いのではないでしょうか?

すべてが惜しいが、またその当時に戻って選択するとしても、結局は同じ選択をしそうだと思うこともある。

重要な決定をする際には多くのことを考慮しなければならないが、肯定的なマインドが重要ではないかと考えられる。 私は過去やや否定的な傾向の人だった。 重要な決定をするとき、最悪の状況まで勘案し、冒険よりもできるだけ安定した選択をしたようだ。

囲碁の格言に「ジャンゴの先に握手する」という言葉がある。 起こる可能性が希薄なものまで考慮してみれば良い決定をすることができる。 最悪の状況を考えて対比することが重要だが、あまりにも過ぎれば良くないようだ。

そして近視眼的な事故も良い決定を妨げる要素だろう。 学科を選ぶときに20〜30年後を見て決めたら、おそらくもっと良い選択をしなかったのだろうか? 未来を知る人は誰もいないが、未来がどのように変わるかを知るための努力はしなければならないが、そのような努力がなかったことは残念に思われる。 だから本をたくさん読まなければならないのか。 入試のための本ではなく、人生設計に必要な本を言う。

後で後悔しないためには、できるだけ賢く選択して行動しなければならないが、人間人以上後悔しない決定をすることは不可能ではないかと考えられる。

参照



コメントを残す

コメント