ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[音楽] Frank Sinatraのマイウェイ(My Way)

Last Updated:2020年11月15日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

「My Way(マイウェイ)」フランク・シナトラの歌で、原曲は1967年、フランスの歌 "Comme d'habitude」とね。

若いときカラオケでこの歌を歌ったが、先輩たちに一言ました。 年齢も何歳ならされたもうこんな歌を呼ぶんです...

歌詞を吟味して聞けばいいようです。 以下は、インターネットに上がってきたことの一つだが、インターネットを検索してみると翻訳がまちまちですね。 そして後部部分は、実際の歌詞と合わないですね。 (だから後半は省略しました。)

And now the end is nearもう最後が近づいたな
And so I face the final curtain私の生涯の最後の瞬間を迎えて入って来る
My friend、I'll say it clear私の友人よ、明らかにしておくのが入って来る
I'll state my case of which I'm certain私は確信している通り住んでいた生活の方式は、
I've lived a life that's full私充満生活を送ったあなたの
I traveled each and every highway私は本当に多くの場所をホン。
And more、much more than this I did it my way何よりも...私は私のように生きてきた

Regrets、I've had a few後悔も何度やったか。
But then again too few to mentionがあまりそう多かったじゃない
I did what I had to do私はする必要がありことをし
And saw it through without exemption例外なく最後までやり遂げて。
I planned each chartered course
Each careful step along the byway
それぞれ与えられた生を生きていくように
私は私の道に沿って歩いてきた。

And more、much more than this I did it my way、何よりも私のようにして住んでいたんだ

最後のカーテンが降りてきて、人生という舞台で退場をするタイミングを迎えたときに確信を持って、正しい生活を送ったと言うことができる人がどれだけか? ほとんどの人々は終焉を控え過ぎ人生パノラマのように過ぎていくます。 実際に私もそんなことを言っ直接聞くもしたんです。 子供の頃からして生きてきた人生のパノラマのように流れて行くとき、私は後悔しない人生を生きたと言うことができたらどんなにいいでしょう?

管制のように、すでに私は注ぎになって私のまま約束が近づきまし戸田内[パウロ]が良い戦いを戦って私の走るべき行程を終え、信仰を守りので今からは私のために義の冠(the crown of righteousness)が予備されたので週すぐの義裁判長がその日に私いただけるのだから、私だけではなく注意現れを慕うすべての者にニラ(テモテ4:7-8)

使徒パウロは、死を控えて「私のために義の冠が予備された」と証言しました。 この地では、不正な裁判官が多いが、神は義なる裁判官に私たちの行為だけでなく、秘密ことまでも判断することになるでしょう。

仕事の最終的に多聞いた神を恐れ、その命令を守るチオダこれが人の本分からである神は、すべての行為とすべての秘密の仕事を善悪さばかれる(伝道の書12:13-14)

「誰も見ていないだろう」という考えは、大きな勘違いです。 すべての日、秘密の仕事、さらには私たちの考えに監察方がおられます。



コメントを残す

コメント