悪口が日常化した社会 - 大統領の口

ユン・ソクヨル大統領の非俗語の使用により論争になっている中、外信にも報じられて波紋が広がっています。 このような事態を見ながら、普段の言語習慣がどれほど重要かを改めて感じることになります。

悪口が日常化した社会 - 大統領の口2
ユン・ソクヨル大統領の幕末が外信にも報じられて論議となっている。

馬には多くのことわざがあります。

  • 言葉の一言に千人の借金を返済する。
  • 行く言葉がコワヤ来る言葉が乗る。
  • 昼は鳥が聞き、夜の馬はネズミが聞く。
  • 馬とはああ、違うし、魚海が違う。
  • 馬が種になる。
  • ...

「ああ違って、違う」という言葉があるように、同じ言葉もどのように表現するかに応じて相手を気持ちよくすることもでき、相手の心を不気味にすることもできます。 言葉一言に千人の借金を返済することもありますが、言葉一言のために殺人が起きることもあります。

欲が日常化した社会

青少年の間に浴が日常化したというニュースがずっと前から出てきました。 実際に学生の会話を聞いてみると、悪口がなければ、会話ができないほど深刻な場合にしばしば触れます。

そんな青少年たちが育って大人になれば悪口をしなくなるのでしょうか? そうではありません。 どんなに気をつけても思わず浴が飛び出すことがあります。

「三歳癖まで行く」ということわざがあるように、一度行った癖は捨てにくい。 特に悪い習慣はうまく修正されません。 良い習慣を身につけるには多くの時間が必要ですが、良い習慣にはすぐに染まることになります。

悪口が日常化した社会 - 悪い習慣を直す練習

悪い環境への暴露を最小限に抑える必要があります

私はドラマや映画をよく見ない方です。 ドラマや映画には多くの非俗語が使われることが多く、内容も有益ではないからです。 幕末ドラマでは、不倫はもう名刺を出せないほどになりました。 不倫、暴力、殺人など…すべての刺激的な要素がドラマと映画に溶けます。

...心に満ちたものを口で言う。

マタイによる福音書12:34

卑劣な言葉や暴力、ポルノなどにさらされると、そのようなものを自分も知らず思わず口に吐き出して行動に出ることができるので、普段そんなものにさらされないようにすることが重要なようです。

私たちがみんな間違いが多いので、もし言葉に間違いがない人は完全な人です。

ヤコブ3:2

言葉の間違いをしていない人は誰もいません。 言葉の間違いによって困惑する政治家たちもよく見られます。 言葉が間違って一瞬で地獄に落ちる場合もしばしば目撃されます。

良い習慣を身につけるために練習が必要

三思一言という言葉があります。 「三度考えて一度言う」という意味で、それだけ話すにあたって慎重を期さなければならないことを教えています。

自分も知らずに悪口が飛び出してくるなら練習を通じて直していかなければなりません。 そして、非俗語にさらされる環境を取り除き、良い話をする練習をしなければなりません。

悪い習慣を捨てることは本当に難しく、良い習慣を持ち上げることも同様に容易ではありません。 私は振り返ると否定的な言葉をたくさんする部類の人でした。 まず、誤りを自覚することが重要ではないかと思います。

否定的な言葉、否定的な態度を直すために過去10年以上努力してきました。 ポジティブな考えをしてポジティブなマッサージに取り組むように努力しますが、私も知らないうちにネガティブな気がする時があります。 それだけ習慣を直すのが難しいことを実感します。

うまくいかないようなことに触れれば「他人もやるのに、私ができない理由は何か?」という考えを持って取り組むと役に立つようです。

このブログでは、 WordPressというコンテンツオーサリングシステム(CMS)に関するさまざまな情報を提供しています。 時々、年齢が入っていない、あるいは文章を読むのが難しくてできないという方がいらっしゃいます。

そんなのは言い訳ではないかと思われます。 年をとるにつれて蓄積された情報が多く、情報を検索して探すのに時間がかかり困難になるという研究結果を見たことがあります。 年をとると理解するのが難しいようですが、むしろ長年の経験に基づいて、若者よりも早く理解する方もいらっしゃいます。

最善を尽くしたがダメなのは仕方ないけど、やる前にできないと思うようになれば何も成し遂げられないだろう。

否定的な人は99%の可能性でも失敗するが、肯定的な人は1%の可能性でも仕事を成功させる。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます