正しく歩く方法は果たして何だろうか?

ウォーキングは、最も基本的で効果的な運動の一つです。 このため、多くの人が一日だけ歩くか7000歩などの目標を設定して運動しているはずです。 私たちは毎日歩きますが、どのように歩かなければ正しく歩くのかを心配して、自分に合った歩き方を見つけることが重要ではないかと思います。

正しく歩く方法は果たして何だろうか?

正しく歩く方法は果たして何だろうか?

最近では、健康に関してはあまりにも多くの情報が注がれているので、正しい情報を区別することは容易ではないようです。

3年前、KBS生炉兵士の秘密で「歩幅を10cm広げて歩けばできる奇跡たち」というタイトルの番組が放映されました。 そのプログラムの核心は、健康な歩行のためには歩幅を10cm広げなければならないということです。 このため、私の周りにもこのプログラムで提示した方法で運動する方がいます。

しかし、無条件に歩幅を10cmほど広げて歩くと言って役に立ちますか? 無理やり歩幅を広げて歩けばむしろ体が壊れることがあるなんて注意が必要なようです(関連動画 を参照)。

運動の目的に応じて、どのように歩くかを決定するのに役立ちます。 KSNS療法に精通した知人は、むしろゆっくり歩くことを勧めました。

筋力強化運動が目的であれば、歩幅を広げて素早く歩くのが正しい方法かもしれませんが、筋力運動ではなく、歩行を通じて体の不均衡を矯正することが目的であれば、むしろゆっくり歩く方がより適切かもしれません。

ゆっくりと自然に歩きながら地面に触れる足に力を与えてみると、体の姿勢に集中するようになり、むしろゆっくりと歩いてもかなりの運動効果があることを個人的に感じました。

同じ運動であっても、ある人には良いことがあり、他の人にはむしろ毒になることができるようです。

これは健康食品にも同様に当てはまります。 どんな食べ物がどこに良いと噂されても、体質に合うと良い効果が見られますが、体質に合わないと効果がないかもしれません。

私は小麦粉で作った食品に対するアレルギーがあり、パンやハンバーガー、麺などの小麦粉食品を食べると少しずつかゆみの症状が現れました。 時間が経つにつれてかゆみの症状がひどくなると、アレルギー薬を飲むと症状が消えました。 それから数ヶ月前に偶然炒めたヨジュを入れてお茶を飲むと、このような症状が完全に消えました。

しかし、アレルギー性蕁麻疹によるかゆみのために苦労する知人に炒めた女酒を勧めたが、数日食べてもあまり効果がないそうです。

薬はこのようなアレルギー症状を素早く緩和するのに役立ちますが、時間が経つにつれて再び症状が現れることが繰り返され、完全な治療にならないようです。 薬よりも食べ物で治めることができれば、より良い選択かもしれません。 しかし、同様の症状に対して人によって効果がある場合もありません。 私に合った方法を見つけるために専門家に相談することも検討することができます。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。