オンライン空間で守らなければならマナー19か

10

オンラインマナー

過去とは異なり、現在のオンライン空間で活動する時間が多くなりました。 オンライン空間でのコミュニケーションは、直接会ってコミュニケーションすることとまったく異なります。

匿名性が保障されて見たら思わず失礼に行動することができます。 あるいは、思わず知らず、相手に不快感を与える可能性があります。

次は、 オンラインエチケット(ネチケット)を向上させるための19つの方法という文をまとめたものです。 すべて知っている内容だが、SNSやカフェ、掲示板などに書き込みを上げる際の参考といいようです。

1。 他人を尊重せよ

他人の権利との意見を尊重してください。 他の人の意見に同意することを意味するものではない。 同意しない場合、相手に同意しない意思表現をするが、丁寧な態度でください。

2。 積極的な態度を維持しなさい

肯定は肯定的に産むが否定は否定を生み出すものだ。 強烈な表現を避けなければならない。 冗談をする際にも注意しなければならない。 意見を強く主張していると、ほとんどの議論に広がることができる。

3。 画像を注意して選択してください

状況に似合わないイメージを使用することができる。 人々は、画像を画像の内容のまま受け入れる傾向がある。

4。 明確な表現を使用してください

はっきりと核心を転送するように文を作成するようにする。 空、俗語、略語などを使用すると、読者に応じて異なって理解することができる。

5。 適切な場合に顔文字を使用してください

単語を注意して選択し、正しい文法とスペルで文を作成すると、文の意図とは異なり、解釈されない。 絵文字の使用が役立つことがあります。

ビジネスでは、絵文字の使用が望ましくないが、友人との会話では、絵文字が皆さんの気持ちを伝え、相手の会話に相槌(リアクション)を打つのに役立ちます。

6。 投稿する前にスペルをチェックしてください

文法とスペルは依然として重要である。 友達との会話でも同様である。 誤ったスペルと文法により文脈が変わって読者に誤った印象を与えることができる。

7。 ツールの使い方を学ぶ

各プラットフォームで提供されるツールの使い方を学んで最大限使用してください。 例えば、あなたの気持ちの状態を示すように、システムのステッカーを提供する場合、これを活用すればよい。

8。 ファクトチェック

何かを共有する前に調査をするようにする。 偽のニュースをポストしてはならない。 関係者に莫大な被害を与えることがありますので、まず、事実関係をチェックする。 そして偽のニュースをフォローしていないようにする。

幸運の手紙を他の人に伝えていない。 必要に応じて参照を提供する。 いくつかのフレーズと一部の人々の写真があるといって、必ずしもその人がそのような話をしたと断定することはできない。 下痢と言うていても、それが近づいないことができる。 コンテキストを無視して、ダイアログの中から特定の部分だけを引用したものであることもできる。

9。 事実上何も私的なことはない

SNSで友達との間の私的な会話も、実際には、私的ではない。 誰かがキャプチャして配布することもできる。 実際にそのよう事例が多い。 カトクの単トクバンで私的に冗談な会話が流出して社会的な非難を受ける場合をしばしば接する。

他の人が知ってはならない内容は絶対にオンライン空間で上げたり共有してはならない。

10。 何しても、オンラインの友人がされないで

ユユサンジョン(類類相從)という言葉がある。 これは、オンラインでも同じだ。 人々の認識が良くない業種に従事する人とオンラインで一致すれば、他の人はあなたを同じ人と考えることができる。

11。 誰にでも営業をしないでください

すべての人が潜在的な顧客であるという考えは、事実ではない。

関心を示していない人を相手に営業活動をしてはならない。 まず、関係を構築してください。

適切とき、仮にある人が関心を示した、すでに会話を交わしたことがある場合は、営業活動をすることはよい。

12。 信頼を壊すいけない

決して他の人の個人情報を共有してはならない。

13。 注意して仮名(Fake Name)を使用してください

実名ではなく、仮名を使用する場合失礼か、不適切なものを使用しないでください。

例えば、ドアの大統領を侮辱するために「サムディプリンタ」というニックネームを使用している人を見たことがあります。 このような場合、意図とは異なり、ニックネームのため拒否感がするしかないようです。

また、匿名を装って悪口になったニックネームを使用している人も多い。 そのような人は、自分がどんな人であることをニックネームを介して示しています。

14。 他人の質問を無視しないでください

一部の人が直接何かについて質問すると無視しないでください。 少なくとも質問を確認したことを知らせ、適切な場合、質問への回答をするかどうかを知らせるようにする。

15。 ルール適合

システムやグループのルールを熟知し、遵守する。 ルールに従わない人がいる場合は丁寧にルールに従うことを指摘する。

16。 簡潔を維持せよ

電子メールやSNS文を作成したり、SNS、電子メール、ブログで回答するとき簡潔にする。

人々はしばしば、タイトルや写真だけを見て内容を知っていると思うし、そのような考えに基づいて対応することもある。 最も重要な情報を一番上に記載する。 簡潔に維持する。

17。 送信したり、投稿する前に考えてください

共有したり、送信する前に、内容について慎重に考えてください。 注意して十分に読むようにする。 一度送信した電子メールは、元に戻すことができない。 文を載せたが消すことができますが、他の人がその文を表示する可能性も高い。

ほとんどの人は理解しようと文を読まない。 ほとんどどのように対応するかを念頭に置いて読む。 文を必ず上げなければならかどうかを諮問する。

18。 自分の評判を保護せよ

評判を台無しにはスィウォド良い評判を積むのは難しい。 人々は興味深い写真、コメント、動画、文章のリンクを共有する。 一つの文によって、長い期間を構築した信頼を台無しにすることができる。

19。 寛大な心をかざせ

私の意見に同意していないことにグェニョム値はならない。 すべてが意図的ではない。 誰もがルールを知っているわけではない。 我々は、すべてのミスをすることができる。 誰かがミスを認めて許しを求める許してください。

おわりに

ほとんど当然のものであり、付加的な説明は、不必要なようです。 しかし、オンラインでの活動をしてみると、メンバー間の論争が発生したりします。 誰もが他人を思いやる心を持っていれば不協和音なく、誰もが満足のいく環境が造成なると思われます。

参照

10のコメント

  1. 1番から19回まで間違った言葉一つですね。 難しいも守るために絶えず努力しなければします。
    ライティングとコミュニケーションであらわれるワードさんのマナーをたくさん学ぼうしています。

    • 良く見ていただきありがとうございます。

      ここでは、言及しなかったが、SNS(カトク含む)に自分の写真を上げる場合が多いのですが、ビジネス目的のためにSNSを運営していなければ写真をアップロードしたり、個人情報を過度に露出することには注意が必要だと思います。 特に女性の場合、犯罪の標的になる可能性があるため、注意が必要なようです。

      SNSはなるべくしない方がいいだろうし、SNSをすれば、個人情報の露出を最小限にすることが望ましいと思われる。

      Facebookでお金自慢している途中の強さを、当該死んだ人もいて、 Facebookに素晴らしい場所に休暇を行った自慢している途中泥棒の標的にされた事例もありました。

      https://www.thewordcracker.com/scribblings/unexpected-result/

      • カカオトークに本人の顔をプロフィール写真にしていない人は、誰知ることができないせいでした。 私知っている人なのかスパマーのか区別が容易にならないからね。 プロフィール写真さえ犯罪の標的になるとはまだ考えませんでした。
        전 Facebookや Instagramから脱退した状態だが、カトクプ社再考する必要がいたします。 子供たちにも与えなければならね。 ありがとうございます。

      • 個人的にはカカオトークをあまり好きではありません。 ビジネスのために仕方なくカトクを使用するが、米国の元番号を使用してカトクを作りました。 このため、制限がありますが使用だけです。(笑)

        文字が無制限であるため、文字を使用すると、されるが、あえてカトクまで利用する必要はないじゃないと思いもあります。 また、バグなのかは分からないがチャットルームからの撤退をしても継続チャットルームの会話が表示なりますね。 知らない人が会話をかけてくることも気に入らアンゴヨ。

        個人的にはメッセンジャーが必要な場合Telegramがまともな選択であると思われる。

      • 第周りにも会社で使用するため、仕方なくインストールする方がたまにいますね。

      • ワード様お使いのプロフィール画像はどのように作成たのか気になります。 図の画像を使用しても良いと思うね。

      • アンドロイドアプリを利用したものです。
        アンドロイドアプリの中から写真をアップロードしたり、撮影すると、アバター(Avatar)に変えてくれるアプリがあります。

        正確なアプリの名前は思い出せないですね。 グーグルに一度検索してみてください。 写真をアバターに変えてくれるアプリアプリがあるでしょう。

  2. こんなのを知りながら、いくつかは、よく守られていないですね。ㅜㅜ
    特にポスティング作成するときに私の性格が急で上げるときも見てまた見れつもり。

    • 記事投稿の前にスペルをチェックするのは必ず必要なものです。

      公開する前に、全体的に一回チェックするが、私は面倒なのでよくチェックをしないで、MS Wordを使用してスペルのみをチェックしてあげる方です。(笑)

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください