「深刻なリンゴ」、「牛を失い、脳を少し修正する」... WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

「深刻なリンゴ」、「牛を失い、脳を少し修正する」...

Last Updated:2022年9月4日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

先月20日、あるウェブトゥーン作家サイン会に予約エラーが発生し、主催側が「予約過程中に不便をおかけした点、もう一度深く謝罪申し上げます」という文を載せました。する」という意味で誤解し、文解力論議が起こりました。

「深刻なリンゴ」、「牛を失い、脳を少し修正する」

「深刻なリンゴ」の意味を間違って理解し、こういうコメントを上げる人が一人二人ではないという点が懸念されそうです。

「深刻なリンゴ」の姉妹版

姉妹版として、次のような表現もあります。

  • スイカの恐怖←スイカの舐め
  • 仕事をしてください←
  • 覆い会 ← ダッチペイ
  • 空港障害←パニック障害
  • 妊娠攻撃←人身攻撃
  • 固定肝炎←固定概念
  • シロップ系←失業系
  • プライバシー認知症←プライバシー侵害
  • 児童拡大←児童虐待
  • 風物質←発がん物質
  • 誤会話カード←OMRカード
  • 六球シタリア←ヨークシャーテリア
  • 乗算寒さ←花泉寒さ
  • エアコンシラギ←エアコン室外機
  • ハーブにはない
  • 葬儀希望←将来希望
  • ゴールイタブン←ゴリタ
  • ママを失った中天空←南アイルアン中天金
  • マッチオルチャン←一日月
  • コインのガボッチ←コインの値段
  • 人生と故人の名誉を祈る← 控えめな故人の命を祈る
  • ぼんやりした目←ぼんやりした目
  • 牛を失って脳を少し固定する←牛を失って外観を固定する
  • 幽霊が高カロリー←幽霊が曲げる器

問解力低下の原因

スマートフォンの普及により、最近世代は本ではなく映像を通じてより多くの情報を習得するようになり、文解力の低下をもたらさなかったと考えられます。

過去には地下鉄の中で本を読む人が結構あって、私も出退勤時に本をよく読んだ記憶があります。 しかし、最近、地下鉄を含むほとんどすべての場所で、ほとんどの人がスマートフォンに精神が売れていることがわかります。 スマートフォンを見ながら横断歩道を渡る人たちも気になるようです。

「深刻なリンゴ」、「牛を失い、脳を少し修正する」...

上の写真は2016年頃に9gagという海外ユーモアサイトに上がっています。 当時もスマートフォン中毒が社会的問題になりました。

次のビデオはほぼ10年前 セバシ(世界を変える時間、15分)という番組に放映された」スマートフォンから子供を救え!「というタイトルのオススメの遊びメディア教育センター所長の講演です。

当時、学生たちがこの映像にアクフルをたくさんつけたことが記憶されます。 今日見てみると共感するという内容のコメントが多いですね。

「一冊の本が一人の人生を変える」という言葉があるほど両書を読むことは、東西古禁を問わず重要ではないかと思います。

本を通して、私たちは未経験の世界を間接的に経験することができます。 本を通して夢を見ることができ、本を通してどんな人生を生きるべきかを考える時間があります。

本は考えをたくさんするようにしますが、最近人々が慣れているYouTubeの映像は双方向ではなく一方的な知識伝達が行われます。 つまり、考える隙間を与えません。 有益な映像もありますが、一度だけ消費される有益ではない映像が多いです。

このブログに簡単な内容であるにもかかわらず、文章を読んでも理解できないとし、YouTube映像がないか問い合わせる方は珍しいのですが。

昔は公園のベンチに座って本を読んでいる方が目立っていましたが、最近は公園でも携帯電話だけが一生懸命見る方がほとんどですね。 実は私もそういうケースが多いです。

文明の利器はうまく活用すれば本当に有益で便利ですが、一方では多くを失わせるようです。

文解力に自信がなければ、ブログを運営しながら心の中の考えを文で表現してみる練習をしてみてはいかがでしょうか? 寀ーのようなブログシステムは無料で利用できるので、気軽に起動できます。

参照



コメントを残す

コメント