神になっていく人工知能

Last Updated:2024年01月25日| 2のコメント

AI(AI)の急速な発展は、さまざまな分野に革新的な変化をもたらしました。特に、一部の分野は直接影響を受けています。

アルファゴの登場は、人工知能が遠い未来の技術ではなく現在の現実であることを世界に認識させました。これらの技術的な飛躍に続いて、チャットGPTのようなAIは私たちの日常生活に直接影響を与え始めました。

アルファゴのイセドルの世紀の囲碁対決はアルファゴの勝利で終わりました。その後、人工知能はさらに発展し、今やAIは囲碁界で「神」として扱われています。

神になっていく人工知能
Created by ChatGPT.

神になっていく人工知能

囲碁を直接置くと数時間がすぐ過ぎるので、私は囲碁を直接置くことはありません。代わりにYouTubeで囲碁対局中継をよく見る方です。

現在、韓国の新進書選手が世界囲碁ランキング1位です。新進書記事のニックネームが「新公知能」です。二重の意味があります。 「新進書」と「人工知能」の合成語でもあり、「神」と「人工知能」を意味することもあります。

囲碁界では、すでにAIは神の位置にあります。最上の囲碁騎士たちもAIに勝つには2~3点を敷かなければならないほど囲碁人工知能が発展しました。

囲碁大国を中継する際にも、今では人工知能が基準となっています。人工知能を基準に白黒がどれくらい有利かをパーセント(%)で表示しており、各選手が着点するたびに数集有利な数、または不利な数で中継するほどです。

YouTube 囲碁対局中継
ソース:YouTube。

過去には「攻撃」するとユ・チャンヒョク、「宇宙類」とすると竹宮のような個人的な性向があり、それなりに好きな記事がありました。今、すべての基準が人工知能になるにつれて、個人的な特性が消えて均一化されているという感じを受けます。今はどれだけ人工知能推薦数を置くかによって実力が決まっています。 😥😥😥

また、以前は記事が集まって頭を合わせて良い数を研究していましたが、今では人工知能が師匠になって一人で勉強する記事も多いそうです。

このように人工知能は囲碁界を根本的に変化させています。

初のAI電話ギャラクシーS24

サムスンが発売した新製品ギャラクシーS24は、最初のAIフォンとして記憶されそうです。

ギャラクシーS24のリアルタイム通訳機能が大きな話題となっています。チャットGPTの場合、巨大サーバーが必要ですが、ギャラクシーS24にはオンデバイスAIチップが搭載され、インターネットに接続しなくてもリアルタイム通訳が可能です。

まだ始まりの段階なので、不十分な点があるでしょうが、人工知能とオンデバイスAIチップがさらに発展するようになれば近い将来に言語を学ばなくても海外でどのくらい自由にコミュニケーションできる時代になるのではないかと思います。

サムスンのギャラクシーS24に搭載されたAI通訳機能は、言語学習と外国語コミュニケーションの障壁を下げることに寄与することが期待されており、AIベースの翻訳技術の発展は、伝統的な通訳力の役割を再定義することになりそうです。

私は長い間翻訳をしてきましたが、数年前から翻訳をほとんどしていません。 AIの発展により一番最初になくなる職種1位が翻訳家という言葉があるほどです。実際、AIの発展は翻訳系に多くの影響を及ぼしているようです。

AI時代:どのように備えなければならないのですか?

AIは法律や医療分野でも大きな影響を与えると予想されています。法律分野では、AIは文書レビュー、ケース分析、予測可能な法的アドバイスを提供しており、医療分野では診断、治療計画の策定、患者モニタリングなどに活用する試みが行われています。

人工知能の発展により、多くの雇用が消えると予想されており、実際に雇用に影響を与えています。

たとえば、AIの発展によってコールセンターの機能の大部分をAIに置き換えることで、一部の銀行ではコールセンターのカウンセラーを大量に解雇しながら議論が行われました。

AI時代が到来するにつれて、既存の産業が再編され、多くの雇用が消えるように見え、一方では新しい雇用も創出されると期待されます。

しかし、新たに創出される仕事よりも消える仕事がはるかに多いのではないかと懸念されることもあります。

AIの発展が一部の人々には機会になるのに対し、多くの人には災害に迫る可能性も高いようです。

AIの発展により創造的な職業が影響を受ける中で、ブルーカラー職種の価値が再照明されています。技術の発達が創造力を求める業務を置き換えているにもかかわらず、ブルーカラーの分野は比較的影響を受けにくい。若い人口の減少と物理的労働に対する忌避現象のために、ブルーカラー職種はむしろより扱われるようです。実際、中央日報は「AIのおかげでブルーカラー全盛時代来る…配管・溶接工など代替不可」という記事を通じてこのような点を照明しています。

米国で溶接工・配管工などを訓練する財団を運営するマイクロウは去る5月フォックスニュースに「私たち財団から排出した熟練工1700人相当数が歴代年俸者」と紹介した。 「3D雇用」職業群を知らせるTVシリーズ「ダーティジョブズ」の進行者として有名な彼は「ロボット・AI(人工知能)が代替不可能な技術を身につければ生き残ることができる」とブルーカラー職種を勧めた。

出典:中央日報「AIのおかげでブルーカラー全盛時代来る…配管・溶接工など代替不可」記事中

AIが発展しつつ、一方では現在の仕事を脅かしていますが、他方では新しい機会を創出していることだけは明らかです。新しい機会を事前に調べて準備する人はAI時代で成功することができるでしょうが、そうでなければ大変な未来が待っているかもしれません。

※この文はクパンパートナーズ活動の一環として一定額の手数料を提供することができます。

参照


2のコメント

コメント

    • 数年くらい経つと外国語を知らなくても日常的な会話程度はできないかと思われます。しかし、言語というのが変数が多くて(例えば、方言、ビア、スピードなど)、完全にAIが通訳するには時間がかかりませんかと思います。
      しかし、海外に出てその国の言葉を少しでもすれば、現地人たちと簡単に親しくなりコミュニケーションできるようです。

      私はチャットGPTの有料版がリリースされてすぐに使用しています。
      個人的には満足しています。
      分かるほど活用ができるようです。
      コーディングにチャットGPTを活用する方が多いのですが、対応するプログラミング言語をある程度知らなければきちんと活用が可能と思われます。
      また、英語など外国語の勉強用途にもチャットGPTが素晴らしいようです。

      応答