ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

良いサマリア人の法律 – 趣旨と現実

Last Updated:2020年11月15日| 7のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近、心臓発作を起こしたタクシーの運転手をそのままにして、現場を離れた二人の乗客が、国民の公憤を買っています。 少なくとも119の申告はすべきに言葉です。

これらの人々は、本当にユニークな考え方を持っているようです。 タクシー運転手が意識を失って事故を出してタクシーが止まった乗客たちがキーを抜いて後トランクを開けゴルフクラブを取り出したのは、本当に私の頭には理解できないですね。 おそらくほとんどの人も、この乗客の行動を理解していないようです。

この事件を見ながらいろいろなことを考えるようになります。 今回の事件について道義的な責任はありますが、法的責任がないというのが専門家の意見のようです。

上記のYouTubeのビデオから弁護士は無罪となるがあっても検査は、少なくとも起訴をして法の判断を受けなければならないと強く主張していますね。 (私も検察がその二乗客を起訴して定義が生きていることを示してほしいと思います。)(メモ: 元動画が削除されて、他の動画に置き換えました。 - >再びアップロードした動画も削除なりましたね。)

危機に陥った命を見て、何の救護措置を取らずに去ったことに対して「善いサマリア人の法(いいサマリア人法)」を制定しなければならないという声が出ているようです。

果たして申告義務を法で強制することになるし、すべてが解決できますか? 私は彼より家庭と学校、そして社会から教育を通じて社会を変えていくことがより望ましいではないか考えてみます。

心停止されて事故を起こしたタクシーの運転手の事例では、明らかに申告をしているが、届出をすると、むしろ予期せぬとばっちりを受けることができる状況もたくさんあります。

最近、中国で危険にさらされた人を助けて、誰かを書くことが多く、社会問題になっているというニュースに触れたことがあります。 しかし、このような事例は必ずしも中国にあるのではありません。 我が国にも「水に落ちた人を救ってくれたら、見返してほしい」ということわざがありませんか?

わたしの知っている方も荒れた場合を経験したことがあります。 この方は夜明けに運動を出ることが習慣になっていますが、一日は夜明け5時、6時頃に高層ビルから女性が落ちるのを見て届けました。 ところで警察は申告者を容疑者として指摘し、「性暴行しようとした後、女性が離れて死んだのか? 自白してる?」と脅迫したそうです。 ランチの時が経ってもジャジャンミョン一つしないでくれてずっと取組をした模様です。 どのように幸運に自殺した女性の夫が来て、前日にあったことを述べて自殺したのが正しいと言われて解放されたそうです。 もしその女の夫が来て奇妙な話をしたとしたら、その方が堕落なく犯人に集まって人生が終わったはずです。

他にも多くの事例があります。 危険にさらさ女性を入手しようとして戦いに巻き込まれて拘束されているのは、日常茶飯事であり、怪我しても治療費を受け取っていない場合もあります。

また、心停止の場合ゴールデンタイムが5分(いくつかの場所では、4分ともね)と呼びます。 心停止が来れば、119に申告してもゴールデンタイムを逃しされます。 その後、直接CPRを実施するべきなのに、胸部圧迫を行う場合肋骨が折れることが日常茶飯事だそうです。 知っている先生にお尋ねみるそれでも胸部圧迫を介して生命から生かさなければならないとね。

しかし、いつか胸部圧迫を介し生かしてくれたら骨が折れたと訴訟をされて医療費まで聞いてくれた記事を見たことがあります。 以下は、このような状況を記事化したものですね。

差し迫った危険にさらされた人を先に求めることが道理的に正しいが間違って介入する場合、かえって大きな損害を表示したり、さらには人生を台無しにする場合に起こることができるのが現実のようです。 あまりにも誇張されないかって? 私もそうだと思います。 私たちの社会に良い人が多いが、そうでない人も多いです。 だから法を制定しても無念される人がないような措置を取るべきでしょう。

エピローグ

幼い頃に財布を週たら警察署に持参する必要と学びました。 実際に友達の中には学んだように、現金を拾って警察署に持ってきてくれた友達もいました。 しかし、今の財布を拾ってもむやみに警察署に持っていけば青天の霹靂を受けることができるようになります。

たまに(本当に珍しいかもしれないが)財布を習得して申告したが、かえって泥棒に追い込まれる場合も発生するとします。

以前にTVでた警官が出てきて、警察の目には、すべての人が犯人で見えるします。 毎日犯人だけ接してその職業病が生じるのか説明します。 捕まった人の中で熱の場合、列のすべての犯罪者ではないぴったりはがすが証拠を差し出すしぶしぶ認めるとします。 そうしたら申告した人を優先疑う癖がある警察がいないかと思われます。 だから今の財布を選ぶも警察署や交番に持ってきて与えるように子供に教えないようです。 私たちは本当に苦い社会に住んでいるします。



7のコメント

コメント

  1. 心臓発作のタクシー記事を置いてゴルフ旅行を去った乗客4分(男二人、女二人)不倫関係だったという話がありますね。 おそらくそれで報告ができなかったのではないかと言ったのに…。

    それとも他のやむを得ない事情があったのでしょう。 そして周りに目撃者も多かったので、その人たちが申告してくれるだろうと思ったんです。

    心臓が止まると4-6分後から脳細胞が死滅し始め、10分以内で死亡するそうです。 申告を時々しても救急車が10分以内に到着できたのでしょうか。

    結論は、申告を適時ても、そのタクシーの運転手の方は、死亡したと思われる。

    Good Samaritan law

    https://namu.wiki/w/선한%20사마리아인%20법

    韓国の場合には善いサマリア人法が適用はされているが、義人を保護する法が全くないレベルでかなり不完全になっているので、正しく動作しないと見ればよい。 特に政党防衛、政党行為、緊急避難などが海外に比べても非常に認められにくく、たとえ善意や事由が認められても「程度が過ぎた。」や「他の方法で避けることができた」。 などの理由(過剰)で処罰されるのが一般的だ。

    韓国や中国では聞かないでテロリストが人の真ん中で人を手札殺しても、スーツの人が、自分が知っている人がいない場合は、むしろ助けてくれるのが損害との認識のもとはきょとん見る見るのが一般的様態となった。 一度加害者に普段病んだ持病はないか、お酒は飲んだのか、年齢はどうなるのか聞いて乾燥しなければ正当防衛になる。

    ふふふし笑うことではなく、社会構成員の認識は、一度定着変わる大変です。
    人を助けうとした、むしろ被害を受ける事例が出てきたら、誰が助けを与えようとしますか?

    韓国社会と韓国の市民の市民意識が問題ではなく、韓国法曹に+立法人たち(グクゲ議員)がフリークにのでイロプです。

    考えてみるとそれでもないようです。 良い意図で助けてくれた人をお前様告訴!! こうして小腸飛ばす人々の事故水準が真… 答えがないようですね。 もちろん一部です。

    応答
    • 韓国や中国では聞かないでテロリストが人の真ん中で人を手札殺しても、スーツの人が、自分が知っている人がいない場合は、むしろ助けてくれるのが損害との認識のもとはきょとん見る見るのが一般的様態となった。 一度加害者に普段病んだ持病はないか、お酒は飲んだのか、年齢はどうなるのか聞いて乾燥しなければ正当防衛になる。
      –> 事実都市の真ん中で一方的に暴行が起こるとき、乾かそうとしたが、暴行を受けて治療費もしっかり受けたり、あるいは暴行施肥がついて一緒に拘束されることが多いです。 たとえば、暴行を止めようとしています。 なぜ他人の仕事に割り込むの? だからこういう場合、遠く離れて112に報告するかどうかなど、他の方法で対応するのが正しいのではないかと思われます。

      もちろん力で制圧できるなら直接制圧を試みてもいいだろうがそれまた暴行施肥に巻き込まれる可能性が非常に高く、韓国は暴行施肥がつけば警察はただ“双方暴行”で処理する傾向があるようです。ㅎㅎ さらに最近( 2年前ですね)には家の中に入ってきた泥棒を洗濯乾燥台に殴ったが泥棒が支病があって倒れて脳死状態に陥る風に起訴され、実刑まで宣告される荒涼とした事件も発生したのを見れば、韓国の法体系が問題があったり、法曹界の人々が問題がないかと思います。

      応答
      • ハァッ… 泥棒を殴ったのになぜ起訴されるの? 私の常識では、とても理解できません。 米国の州法によって違いがありますが、テキサスを見れば、Castle Doctrine(簡単に理解すれば、私の家は君主の性と同じだということです)が適用されて、誰が強制的に家に侵入する場合(泥棒を家に入るようにはならないでしょうか?)。撃つこともできます。

        あまりにも法が無慈悲なではないかとされる方もおられるだろう、これは犯罪の被害者よりも犯罪者の人権をより重要に思われる韓国人の思考であるだけで(私は全く同意しない)、このような簡単明瞭な方法のために法を遵守する個人は、自分の財産と命を守ることができます。

        よく考えてみると、これが無慈悲なものではない。 死ぬ嫌なら他人の家侵入しなければいいんですよ。 盗難、住居侵入しなければ絶対この法律のために命を失うことはありませんので無慈悲なものではない。

        どんな韓国法が被害者より犯罪者をより優遇するのかとタックルリビングの方が可能性がありますが、最近一つの例だけ入ってみましょう。

        詐欺の疑いが立証なって豆ご飯を食べている犯罪者は、自分が6ヶ月前性的暴行にあったと主張してオム・ジョンファの弟オム・テウンさんが提訴されます。

        まあマッサージを受けに行って、その女性を強姦したことがあります。 そんな可能性を排除することはできません。

        それ言うのがありません。

        まだ裁判も受けていない状態との疑いが立証されたこともないのに、(高炉まだ犯罪者が絶対ありません:無罪推定の原則)なぜアンテウン氏の本名をかましたか?

        一方、数回の詐欺の疑いが立証されたこの女性の方は、実名公開も絶対ありません。 この方は、現在豆ご飯食べている犯罪者です。 なぜ実名公開もならず、安眠島剥けばならないでしょうか? その理由は、犯罪者から!

        浮遊〜悪。

        殺人をして、未成年者を強姦し、親子を殺しても何年生きて出ればサン。 感放のなんらかのホテルのところに行きましたか? テレビ視聴してインテネット使い、キニマダ食べ物よく出て…

        8年という重刑を宣告した。 よwww 8年中型。 よwww本当の中型が何であるかを判断するㅅㄲが理解していないか。

        これでヘル朝鮮の声はしないでください。 本当に…

        韓国の法体系、法曹人… 。 ただの答えはありません。

      • オム・テウンさんの事例を見ると、犯罪者が主張する内容がそのまま記事化され、それにより、その犯罪者の主張が事実かどうかを離れて問題化されて、オム・テウンさんが深刻な名誉毀損を受けているようです。

        ところで、このような事例が我が国で非日比在します。 記者たちは刺激的で問題化されるのが好きなのか、どんな被害を受けたと主張すれば事実確認もせずそのまま記事から出します。 面白いことは、主張する人の本名も明らかにしません。 取材員と言いながら。 ところが、取材員が犯罪者なのか、あるいは信頼できるのかという程度は確認しなければならないが、そのような作業もしない場合も多いのです。 それでは、大衆は何も知らないので、記事に出た内容を事実と信じてしまいます。 後で訴訟をしても名誉毀損を受けた側は多くの被害を受けた後になって…。 名誉を故意に毀損した者は、せいぜい罰金を数回引き出して…。

        そして刑務所刑務所らしくする刑務所がホテル同じであれば、人々が罪を悔い打たないようですね。 私は警察署の近くにも行ったことがなく、刑務所は口径さえできなく刑務所施設がどうかは全く分かりません。 しかし、受刑者が看守を飼いならす方法についての記事を見たことがあります。

        都内刑務所の受刑者たちの無謀な情報公開請求乱発による教徒行政力の浪費が深刻な水準に達している。

        13こと春川、原州、江陵など都内刑務所によると、利便性のためにガードとの取引の手段として膨大な量の情報公開を意図的に請求する受刑者たちに警備員が頭を抱えている。

        受刑者は、情報公開請求の本来の目的である「知る権利」を保証ではなく、心地よい生活が可能な孤独前やヨウンチグムサポートなど、個人お願いを容易にする手段として悪用していることが分かった。

        先月31日、安養刑務所の受刑者は円周と江陵刑務所に286件の情報公開を一度に請求した。 刑務所は、この受刑者が要求された資料のA4用紙予想所要量が数億万長者に達し、これによるコピー雨8,800万ウォンに達すると推定している。

        春川刑務所では、過去1月に出所を5こと控えた受刑者が135件の情報公開を突然請求した。 春川刑務所の場合、過去2009年264件から昨年387件増え、今年も、現在までに120件の請求書が受理されて500条件の情報公開を処理した。

        円周刑務所も今年に入って87件の請求書に1000条件の情報を、江陵刑務所も請求することができ、毎年10条件ずつ着実に増え、昨年72件を処理し、今年27件受付された。

        しかし、受刑者は看守が情報を準備した後、手数料を要求すると95%以上が受領を取り下げている。 (江原道民日報 http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=518091 )

        上記の場合のように膨大な量の情報の要求をすると、看守たちがいちいち検索して準備しなければならにそれ膨大な仕事であり、それによって莫大な行政力が消費されるとね。 受刑者は、好きではないの看守たちを相手に、このような要求をすることになって、最終的にガードが受刑者の顔色を見ることになる不合理なことが発生するとしたら、本当にとんでもないことではないことができません。

        引用された記事の終わりに「原州刑務所関係者は、「刑務所所長業務推進費、官級切手支給内訳など刑務所業務に関する資料を要請する場合もあるが、憲法第36条、世界人権宣言規則など一般検索が可能な情報のやむを得ず要請も多い。 (必ず必要であれば限られた範囲で提供するかなどの措置を取れば良いと思いますが…)

        そしてホテルのような刑務所についての記事も、気になって出てくるのを見れば何か確かに間違っていっているようです。 犯罪者の人権が重要だろうが、犯罪を犯したことに対する対価を払わなければならないが、刑務所をホテルのように作れば…。 誰が罪を犯すのを恐れるのでしょうか。

      • codei様コメントにも残したが、これも終わりの日なので、このような現象が起こるのです。

        同性結婚が正常であり、罪のない被害者ではなく、犯罪者を優遇するのが正常であり、それを間違っていたと言う人が、むしろバカバカ扱いを受けなければならず。

        マタイXN​​UMX:24、テモテオあとがき12:3、ダイエル2:12。

        何は言葉より必要でしょうか?

        イチジクの木を見て学べ。 枝が柔らかになり、葉がそそりば夏が近づいたことを知る。 (マタイXN​​UMX:24)

      • 同性愛が合法化されていることが、過去100年もたたれていない短い期間内に行われることを見れば、多くのことを感じさせますね。

        誰が言葉を理解することができますか?

        いちじくの木のたとえを学びなさい。 その枝が柔らかになって葉を出す夏の近いことを悟り、したがって、。 このように、あなたがたもこのすべてのことを見れば人の子が近づいて戸口与えるアラ

        そのいくつかの国も1900年の間に国がないが、独立した国は、ただ、イスラエルしかありません。
        人々は、それが偶然になされたことを知るようでしょう?

      • 言いかえれば韓国の法体系が本当にずさんなことは事実のようです。

        例えば、上記の文にリンクされた記事を見て:

        皮膚科医Bさんは、昨年8月にグアム旅行に行くために仁川空港を訪れたが倒れていた一人の男を発見し、慌てて心肺蘇生法などの応急処置をしようとしたが、一時間ぶりに死亡した。

        以後Bさんは、当時の記憶が忘れられない苦しめられて不眠症までできた。 そうするうちに2カ月後、ある日突然、警察署からの出席を求める電話を受けた。 死亡した男の遺族がB氏の告発したためである。 以後Bさんは、和解金を要求する遺族の電話攻勢に苦しめられ対人忌避症までできた。

        遺族は執拗にBさんを苦しめた。 彼らはBさんに抗議の電話をしただけでなく、Bさんが運営する皮膚科病院に集まってきてプラカードをかけてBさん "キラー医師"と一週間デモした。 そうするうちに、最終的にBさんから5千万ウォン程度の和解金を受けて合意した。

        遺族は「Xも知らない皮膚科医のテーマに出て人を殺したので責任脾臓」とBさんに洗うことができない傷を着せこの事件でイメージが悪くなった病院は、患者の足がますます切れる始め、最終的に廃業したという噂まで聞こえる。 ( https://www.medifonews.com/news/article.html?no=111251 )

        インターネットコミュニティに上がってきた文と信頼性を確認することができないとなおていますが、上記のような事件が発生し蓋然性が非常に高いと思われる。

        例えば一週間デモをしたんですが、本来の集会をするには、集会申告をしてください。 しかし、一人がプラカードを持っているデモは例外です。 デモとは、本来、二人以上がなければ成立しますので1人デモは、デモや集会に該当せず、したがって、法律に基づいて申告する必要もありません。

        上記の例では、遺族が群れに追い込まれたと示されていますが、この場合選手を打って病院の前に集会申告をしたかもしれません。 集会をしても1人デモをしても、それが法枠の中で進めば問題はないでしょう。 しかし、問題は内容です。 「殺人魔医師」というプランカードは、きっと医師の名誉を真剣に毀損しています。 この場合、警察に届け出て防がなければならないが、警察に届けてもそのままにしておきます。 集会申告をすると、むしろ警察が保護してくれます。

        そうすれば、通り過ぎる人々は「殺人魔医師」というフレーズだけを見て、本当に問題がある医師なのかと思うようになるでしょう。 実はほとんどそう思うようになります。 ちょっと細かく覗いてみると「殺人魔医師」なら、あえて病院の前に行ってデモをする理由がありません。 ただ警察に申告すれば医師はすぐに拘束になるでしょう。

        このように、医師は深刻な名誉毀損に遭うが、まったく救済策がないのが我が国の法体系です。 医者としての最善策は訴訟を起こすことです。 (いいえ、この場合は合意してくれるのが最善かもしれませんねぇㅠ)が、民事訴訟の特徴上、相手が訴訟を起こすと時間が遅れ、結局最高裁判所の確定判決を受けるには2年以上になることがあります。 そうすれば、その間に続けて一人のデモや集会をするようになれば、医師はずっと名誉が毀損されることであり、名誉毀損訴訟で勝っても既に医師は滅びたかもしれません。 そして、判決も初犯であり、どうしてあえてして罰金数十万ウォン…。 ㅠㅠ

        「殺人魔医師」という言葉にならないプラカードを持って集会をすれば、そんなプラカードを使わないようにしっかり警告を与えたり不利益を与えなければならないが、法体系ではそんなことには全く触れないようになるからもっと大きな問題になるようです。