サービスは果たして無料ですか?

サービスは無料

「サービス」といえば何が思い浮かびますか? ある方は「サービスは軍団置く」と言いましたね。 おそらく多くの方がサービスすると「無料」を思い浮かべるようです。

サービスは果たして無料ですか?

レストランでおまけとしてくれるものを「サービス」という用語で使ってみると、ウンヨン中にサービス=無料という食事が私たちの頭の中に位置していたようです。 しかし、少し考えてみると、サービス=無料ではないことが簡単にわかります。 食堂でもある程度の食べ物を売ってくれたので、おまけであげるのか、ジャジャンミョン一ボウルをさせてくん餃子をサービスとしてもらう人はいないでしょう。 つまり、価格の中に含まれて「サービス」という名前で包装されただけだと理解できるはずです。

実際、無料を嫌う人はいないでしょう。 おしゃべりすると、「無料なら羊の水も飲む」という言葉までありますか?

(最近はテレビを見ていませんが)かなり前にテレビでXNUMXつのパネルが「無料より高価なものはない」とし、無料の中に固有のリスクについて説明するのを見た後、無料を気を付けなければならないという決意をしました。 それで、無料の好きな人に「無料より高いものはない」と言ってくれます。

しばしば「無料はない」と言います。 英語のことわざに世界に無料のランチはない("There is no such thing as a free lunch")という表現があります。 1900年代初め半ばアメリカのパブで酒を買うと無料でランチを提供したことに由来したそうです。 無料で与える食べ物が塩分の多いハム、チーズなので、お客様はビールをいつもより多くさせたそうです。 無料のランチを望むお客様がホギョンになったのです。

たまにWebホスティングやこんなところにお金を使うのを嫌がる方がいらっしゃいます。 だから無料ホスティングを利用する方がいます。 でも無料ホスティングというのが一種の餌商品です。 使ってみてはいけないことが多いです。 その後、ホスティング会社は有料ホスティングを利用することをお勧めします。 (事実費用も他のホスティング会社より高価です。)または、無料ホスティングを利用するために設置された WordPressにエラーが発生する場合があります。 これにより、この問題を解決するためにさらに費用がかかります。 (事実、お酒やランチ一食くらいだけ大切にしても大丈夫な有料ウェブホスティングが利用できますが…)

サービスを依頼しながら「費用がありますか」と尋ねる方がいます。あるいは、サービス依頼に対して費用がいくらと言えば「費用が請求されますか?」と反問する方もいらっしゃいます。年上の方もサービスなのになぜお金を請求するのかという反応を見せたりもします。

個人的には昨年まででも無料でよく手伝ってくれました。 しかし、問題が発生した場合、「あなたが触れたからあなたが責任を持っている」と要求することがよくあります。 (無料で欲しい場合は、本を購入したり、資料を検索して直接解決することができるでしょう。最近はマニュアルがうまくいっていて、いくらでも一人で解決が可能な場合が多いです)。しています。 (お問い合わせがあれば、いつでもコメントをご利用ください^^ 知っていることはあまりありませんが、ご存知の限りでお答えいたします。)

電子メールで助けを求めてくれる方が多いです。 そうすれば時間をかけて返事をしてくれればメールをうまく受けたか返信を与えてくれてありがとうという方がほとんどいません。 今年に入って特にそうですね。 (私は知らないことがあれば他の人に助けを求めることが時々あります。そのような場合、返信を受けたらそんなに感謝することができませんでした。だから(問題解決かどうかを離れて)どうもありがとうと返信します。)

無料で何かを受け取ると、人々は最初に感謝の気持ちを表現しますが、無料が繰り返されると、人々はそれを「権利」と見なすことになります。 サービスが無料で提供されるからといって、それが無料だと思ってはいけません。 その中には何か私たちがしなければならない対価が明らかに内在していることです。 そして努力をせずに無料を望むのはあまり望ましくない行動のようです。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

11のコメント

  1. こんにちは。
    先ほど費用お問い合わせいただいた人ですが、この文を見るとなんだか心が重いですね。 私は無料を望んでいたわけではありませんが、承認がなかったので、wordcrackerの投稿を変更しました。 わざわざデスクトップにまで設置してテストを二度行ったのに、結局実際のサイトはミスが発生したか再度回復するために受けたストレスのために病気まで出す状況が… お知らせいただいた費用より明らかに私の休暇費がより高価なのだ。 ただ個人お金で依頼をしたらもっと節約したでしょう?
    感謝の挨拶に対応する記事を探していますが、簡単ではなく、勉強する心でwordcrackerさんの記事を読んでいます。
    良い投稿ありがとうございます。 ^^

    1. こんにちは?
      サイトを訪問していただきありがとうございます。

      上記の文は、ある特定の状況を念頭に置いたものではなく、多くの方が「サービス=無料」と認識しているようで、普段の考えをまとめて作成してみたのです。

      WordPressについてご質問がある場合は、このブログを検索してみて、該当の文がない場合は、何の記事でもコメントでお知らせください(知っていることはあまりありませんが)、知っている範囲でお知らせします。

      だから、楽しい一日になってください^^

      1. ㅎㅎㅎㅎ私はサービスが無料だとは思わない〜
        こんな大切な文章を載せてくれるだけでも感動なのに…
        幸せな夜の時間をお過ごしください^^

  2. サービスプロバイダのマインド、受益者のマインドともに重要なようです。 だから有料でも無料でも気にしないで相手のマインドを覗き取ろうと愛をたくさん使う方です。

    個人的には、共有ホスティングはコストに比べて悪質なサービス品質を提供することが多いようです。 サービス品質の良いメーカーを使うと、それだけ価格政策も悪くなります。
    VPSも安いものを使ってトラフィックが集まったら、無理やり理由を挙げて部屋抜くというケースもしばしば報告されていますよ。
    だから長期的に見た時(3年以上)のティーストーリーや個人用低電力ホームサーバー(ラズベリーファイ、アトム基盤)が気楽で費用的にも有利なようです。 私は幸運にサーバーのコストをサポートされていましたが、貧しいならば、ラズベリーパイに行かなければなりません。

    そんなことないけど今私のサーバー資源が残っているから無料で何分にホスティング開放してあげようかな~と思う気もしますね。トラフィック制御に対するマインドは私と似ていたらいいのに私と思って似た方がほとんど安らかなようで、実際にホスティング開放が実現するのは容易ではないようです。

    1. あなたは何を支払うを取得します。
      費用を支払った分受けられるのが世界一のようです。

      「安いのがビジトッ」と安いのは安い通りの意味がありますが、あまりにも望むと副作用が発生するようです。

      過去2.5ヶ月間、テスト目的で低価格のVPSを調べてきましたが、Vultrは月2ドルで最も安い商品があり、AXNUMX Hosting( https://avada.co.kr/?p=1840 )も月5ドルに提供するUnmanaged VPS商品がありましたね。 Vultrの場合、トラフィックが超過すると警告なしにただ破れるという文もあります。

      Unmanaged(非管理)商品なので、調べて対処でき、問題を引き起こすほどトラフィックを発生させないと、こんな低価格でも大丈夫かなと思われます。 どんな方が2.5ドル、5ドルの商品は餌商品だったんですね。

      サーバーを開くことはあまり良い考えではありません。 最近は助けを受けても感謝しているという考えを持たないのが若い世代だそうです。 昨日、文化日報に私の記事を見れば…

      崔氏は先月、新入生歓迎会の席で「先輩なのに酒を抜くか」と強権する後輩たちのために酒量を超えて酒を飲まなければならなかった。 崔氏は「周辺にこのような逆編隊後輩たちのために苦しんだ人が一、二人ではない」とし「酒席にわざわざ先輩を呼び、酒代を計算させる後輩たちもいる」と不満を吐露した。

      逆編組は酒代を賭けることは基本であり、受講申請期間や試験期間になると先輩に授業関連情報や「試験系譜」を当然のように要求しながら感謝する人事すらしない。 他の私立大学4年生キム・モ(女・25)氏は受講申請期間以降後輩たちと距離を置いた。 キム氏は「夜4時を過ぎたのに'この科目どうか'とずっと質問していじめ、一生懸命教えてくれればありがとうという言葉一言もなく連絡を切ってしまう後輩たちにノンヘリが出る」とため息をついた。

      もう一つの私立大学4年生のソンモさん(28)は「Facebook 竹林(匿名掲示板)や大字宝を通じて編みこむ先輩に溜められるのが恐れて気持ち悪くても我慢するしかない」とし「このような後輩たちは避けるのが商責なのに、「お金を惜しんで逃げる」というか見て避けられない」と頭を下げた。

      このような逆編隊の行動について、ク・ジョンウ成均館大学社会学科教授は「外東が多い若い世代は周囲から一方的に何かを受けるのにだけ慣れている」とし「このような外動世代の特徴に韓国人の集団主義的傾向が合わさって借りられた。現象」と分析した。

      もちろん、私たちの時も新入生たちは癖(安い?)がないという話をよく聞いたが、今度が深刻になって最近は深刻な水準まで行ったようだと思います。

      最近は大丈夫好意を施して好口になるのではないかと心配になるほどなので…

  3. 幼い頃から他人の助けをたくさん受けてみると、儀礼の無料を望む期待数が高いというのでしょうか。
    これも人の性格によって大きく違うようです。
    特にホスティング無料は検索をすれば多いのに事後サービスが問題なのでなるべくこういうのは有料を使うほうが一番良いようです。

    1. 無料ホスティングの場合は、軽く使用したり、テスト用途に適したようです。

      最近 WordPress テーマの場合、高いメモリ設定を必要とすることが多いです。 この場合、メモリ設定や他のPHP設定を高めてもらうと有料ホスティングを利用しなければ可能だということを聞くことになります。

      ドットではドメインをドットで購入するとホスティングが無料の商品があります。 この場合、難感になるのです。 PHPの設定が低いのでサイトを正しく回すことはできず、だからといってドメインがかかっているので、他のホスティング会社に移転することも容易になりません。

      やむを得ず泣き、マスタードを食べて有料ホスティング商品にアップグレードすることが多いです。 しかし、ドットOがあまり良くないのが問題です。

      結局のところ、無料で悪い有料ホスティングを利用する結果につながる可能性があります。 無料の罠と言いますか?

  4. 無料の苦情もある種の心理学に関連していることを本で見たことがあります。
    無料でサービスを利用すると、文句と苦情が数倍に増加するということでした。
    一例として、無料アプリに走った酷評と低い別点が、有料アプリにかかった酷評と星点に比べて比較できないほど多いということだけ見ても、人の心理というのが無料=下手なことという認識から根拠したのではないかと思います。

    好意が続くと、権利なのか分かるという言葉がまったく出てきません。 私も以前にほっそりとたくさんやっていましたが、最近は好口になることになればすぐ逃げから行く準備をするようになりました。 -_-)

    1. 何かを学ぶときにも無料で提供される場合には少ししてやめる時が多いですが、お金を出して学ぶ場合、費用をかけただけに態度が変わるようです。 (お金をたくさん出して聞く授業なら、お金が惜しいからといっても頑張らなければならないという考えを持つ可能性が高くないかと思います。)

      1. ハル…私は完全に反対。

        お金を出して教育を受ける場合はこれが義務事項だから、本当にやりたくないし、学ぶことも一つもなく、時間や泣いているんだし(代表的に弁護士資格証を維持するためにもらうCLE)をします。 笑

      2. はい…どうやら義務感で参加すれば興味が減り、面白さもなく、そうするしかないでしょう。

        最近では、コミュニティの活動が増え、共通の関心を共有している人々を対象にまともな教育が行われることがよくあります。

コメントを残す

*電子メール情報は公開されません。